メンテナンス

車用バッテリー充電器のおすすめ6選|初心者でも簡単に使える充電器の選び方

バッテリー
男性
男性
この間、出先でバッテリーが上がってしまって、大変だったんだ。

急なバッテリー上がりに備えるために、これからはバッテリー充電器を用意しておこうと思っているんだけど、どれを選べばいいの?

そんな疑問にお答えします。

当記事を読めば、バッテリー充電器の選び方とおすすめ商品が分かります。

トラジロー
トラジロー
こんにちは、トラジローです。

バッテリーは、ガソリンのように定期的に補充するものではないので、突然トラブルが起きることがあります。

急なバッテリー上がりに備えておくと便利なのが、バッテリー充電器。

出先でバッテリーが上がってしまった場合でも、充電すれば使える可能性はあります。

バッテリー充電器を選ぶポイントは、

  • バッテリー容量に合わせる
  • 開放型と密閉型のどちらのバッテリーに使えるか調べておく
  • 安全性を重視する

ということ。

今回は、バッテリー充電器の選び方とおすすめ商品について詳しく解説します。

 

バッテリー充電器が必要となるタイミング

エンジンがかかりにくいと感じたとき

バッテリー

普段車に乗っているときに、

  • エンジンのかかりが悪くなった気がする
  • ヘッドライトの光がいつもより暗く感じる
  • パワーウィンドウの開閉が鈍くなった

と感じたら、バッテリーが劣化している可能性があります。

バッテリーが上がってエンジンがかからなくなる可能性があるため、万が一に備えてバッテリー充電器を用意しておくのがおすすめです。

 

外出先でバッテリーが上がってしまったとき

バッテリー

バッテリーが上がってしまうのは、バッテリーの劣化だけが原因ではありません。

クルマを停めた状態で、長時間エアコンやオーディオ類を使い続けたのが原因で、バッテリーが上がってしまうことがあります。

経年劣化が原因ではなく、過放電が原因でバッテリーが上がった場合は、充電すれば元通り使えるようになります。

外出先でバッテリーが上がってしまったときに役立つのが、バッテリー充電器なんです。

 

バッテリー充電器の選び方

クルマのバッテリー容量に合わせて選ぶ

バッテリー

バッテリー充電器は、バッテリーの容量によって使えるものが異なります。

まずは愛車のバッテリーの電圧を確認しておくのがおすすめ。

軽自動車や普通車の場合、12Vのバッテリーが使われている場合がほとんどです。

トラックやバスなどの大型車の場合は、バッテリー容量は24V。

電圧が合わないバッテリー充電器を使ってしまうと、充電に時間がかかったりバッテリーに機能障害が出てしまう可能性があります。

必ず、クルマのバッテリー容量に合わせたバッテリー充電器を選んでおく必要があります。

 

「開放型」「密閉型」のどちらに対応しているか

クルマのバッテリーは、鉛バッテリーが使われていることがほとんど。

鉛バッテリーは、「開放型」「密閉型」という2つの種類があります。

バッテリー充電器を選ぶ場合は、どちらにも対応しているものを選ぶのがおすすめです。

ただし、ハイブリッド車やアイドリングストップ車など、鉛バッテリー以外のバッテリーが使われているクルマもあるので、その場合は専用のバッテリー充電器を選ぶ必要があります。

 

安全性を重視して選ぶ

バッテリー充電器には、さまざまな安全機能が搭載されています。

なかでも重要なのが、「自動充電停止機能」。

充電が完了した後も充電し続けてしまうと、過充電されてバッテリーが劣化したり、故障してしまう可能性があります。

充電時間を設定できるような、タイマー付きの商品がおすすめです。

 

おすすめのバッテリー充電器

メルテックプラス 全自動パルスバッテリー充電器 12V専用 Meltec MP-220

クルマからバッテリーを外さず、クリップをつないでコンセントを差し込むだけで使えるバッテリー充電器。

オートバイや軽自動車、普通乗用車、ミニバン、小型トラック、小型船舶に対応しています。

バッテリーの容量や状況に応じて、最適な電流を流してくれる全自動充電だから、バッテリーのコンディションを最適な状態に維持してくれます。

 

セルスター(CELLSTAR)バッテリー充電器(フロート+サイクル充電)12V専用 DRC-300

8段階の自動充電制御で、バッテリーの状態を診断しながら最適な充電を行ってくれるバッテリー充電器。

バッテリーにつないでコンセントを差したら、あとは充電モードを選ぶだけなのでとってもカンタンです。

オートバイや軽自動車、普通乗用車におすすめのバッテリー充電器です。

 

BAL(大橋産業) 12/24V専用バッテリー充電器 2708

軽自動車からトラック・農機・建設機械など、幅広いバッテリー容量に対応したバッテリー充電器。

12V/24Vを自動で認識し、充電クリップ逆接続時はエラー表示してくれるなど、安全機能が満載です。

充電状態が分かる、見やすい液晶ディスプレイ付き。

 

ACDelco(エーシーデルコ) 全自動バッテリー充電器 12V専用 AD-2002

コンパクトで安全性に優れたバッテリー充電器。

充電中に電極板のサルフェーション(硫酸鉛)を分解するので、バッテリー蓄電量を回復させ、弱ったバッテリーの寿命を延ばしてくれます。

充電時間は約30分の自動タイマーとなっており、バッテリーの状態に応じて変化します。

 

SUCCUL バッテリー 充電器 12V専用 SCL-APT-1308V1A

安さが魅力のバッテリー充電器。

手ごろな価格なのに、必要な機能はしっかり揃っています。

余計な機能は一切省いたシンプル設計で、バイク・自動車・船舶のバッテリーに対応しています。

 

メルテック バッテリー充電器 Meltec SC-650

バッテリーへの充電タイプがダイヤル式で、とってもわかりやすいバッテリー充電器。

原付バイクから普通乗用車まで幅広く使えます。

寒冷地でのバッテリー液の凍結を防ぎ、常に良い状態のバッテリーを保つ為の「維持充電」機能や、エンジンがかかりにくくなったバッテリーに高電流充電を30分間行う「急速充電」機能が搭載されています。

 

さいごに

バッテリーは、ガソリンのように定期的に補充するものではないので、突然トラブルが起きることがあります。

急なバッテリー上がりに備えておくと便利なのが、バッテリー充電器。

出先でバッテリーが上がってしまった場合でも、充電すれば使える可能性はあります。

バッテリー充電器を選ぶポイントは、

  • バッテリー容量に合わせる
  • 開放型と密閉型のどちらのバッテリーに使えるか調べておく
  • 安全性を重視する
  • ということ。

万が一に備えて、バッテリー充電器を備えておけば安心です。

 

 

バッテリー
クルマのバッテリー交換を安く済ませる方法とは?|コスパに優れたバッテリーの選び方と、おすすめの交換方法を詳しく解説 そんな疑問にお答えします。 当記事を読めば、クルマのバッテリー交換を安く済ませる方法が分かります。 ...
検電テスター
検電テスターのおすすめ6選|使いやすく安全性に優れた商品の選び方とは? そんな疑問にお答えします。 当記事を読めば、検電テスターの選び方とおすすめ商品が分かります。 検...
エンジン
クルマの日常メンテナンス項目10選|大切な愛車を長持ちさせるためにできること そんな疑問にお答えします。 当記事を読めば、愛車を長持ちさせるための日常メンテナンスのポイントが分かります。 ...
クルマの寿命を延ばすために、心がけておきたい6つのポイント そんな疑問にお答えします。 当記事を読めば、クルマの寿命を延ばすためのポイントが分かります。 「...
RELATED POST