メンテナンス

車用カーボンシートのおすすめ8選|初心者でも貼りやすいシート選びのポイントは?

カーボンシート
男性
男性
高級スポーツカーの内装って、カーボン素材が使われていることが多いよね。

愛車を高級車みたいにドレスアップしたいから、カーボンシートを貼ってみようと思ってるんだ。

どういうカーボンシートを選べばいいかな?

そんな疑問にお答えします。

当記事を読めば、車用カーボンシートの選び方とおすすめ商品が分かります。

トラジロー
トラジロー
こんにちは、トラジローです。

車用カーボンシートは、貼るだけで車内外をカーボン調の質感にカスタマイズできるアイテムです。

カーボンパーツは高価ですが、カーボンシートを使えば簡単に愛車をドレスアップすることができます。

今回は、車用カーボンシートの選び方とおすすめ商品について詳しく解説します。

 

車用カーボンシートとは

カーボンシート

車用カーボンシートとは、車の内装や外装に貼るだけで、カーボン調の質感にカスタマイズできるアイテムのことです。

カーボンとは炭素繊維のことで、比重は鉄の4分の1と軽いのに、強度は鉄の10倍という優れた素材。

軽くて強度に優れているので、レーシングカーのフレームなどに使われています。

愛車のパーツをカーボン素材のものに交換しようと思ったら、施工が大変な上、高額な費用がかかってしまいます。

そこでおすすめなのが、カーボンシートを使う方法。

車用カーボンシートは、貼るだけでカーボン調の質感にカスタマイズできるので、手軽に高級スポーツカーの雰囲気を味わえます。

キズや紫外線を防いでくれる商品もあるので、ドレスアップ効果だけでなく愛車の保護シートとして使うのもおすすめです。

 

車用カーボンシート選びのポイント

貼りやすさで選ぶなら「ウェット」、耐久性で選ぶなら「ドライ」

カーボンシート

カーボンシートは、カーボンに含まれる素材によって「ウェット」と「ドライ」の2種類に分けられます。

はじめてカーボンシートを貼る場合は、安価で貼りやすい「ウェット」を選ぶのがおすすめです。

一方、「ドライ」はウェットタイプに比べて数十倍という高い耐久性を持っているのが特徴です。

ドライタイプのカーボンシートは、レース車や飛行機内の素材として使われることが多く一般的にはあまり出回っていません。

 

4種類の質感から好みのものを選ぶ

車用カーボンシートには、ツヤありやマットなど4種類の質感が用意されています。

 

マットな質感が魅力、初心者におすすめの「3D」

3Dは、マットな質感で貼りやすいのが特徴のカーボンシートです。

ツヤがないので、カーボン調の柄が均等に見えます。

薄くて伸びやすいので、初心者でも貼りやすいのが魅力です。

 

カーボンの柄がなめらかな「4D」

4Dは、3Dに比べるとツヤがあるので、カーボンの柄がよりなめらかに見えるのが特徴のカーボンシートです。

3Dと同じく伸びやすいのですが、3Dのように表面を保護するシートがないので、キズなどが目立ちやすくなります。

 

強いツヤとリアルな質感の「5D」

5Dは、強いツヤが表現されるクリア塗装が施されたカーボンシートです。

非常に高い光沢感と、リアルな質感を再現したシートになっています。

目立たせたい箇所に貼れば、カーボン調をアピールすることができます。

3Dや4Dよりも厚手なので、貼り付ける難易度は高く、初心者は失敗する可能性が高いので注意が必要です。

 

遠目にも分かる立体感が魅力の「6D」

6Dは、5Dよりも立体感を演出できるカーボンシートです。

非常に光沢が強く、内装に貼ると目が疲れやすくなるので注意が必要です。

ボンネットやサイドミラーに貼れば、ドレスアップ効果を演出できます。

ただし、5D同様厚手なので、初心者の場合は貼り付けが難しいかもしれません。

 

サイズは余裕を持って選ぶ

車用カーボンシートを選ぶ際は、貼り付けたいパーツのサイズよりも大きめのサイズを購入するのがおすすめです。

貼り付ける際、キズつけたり失敗してしまうと、再度購入する手間と費用が掛かってしまいます。

たとえ余ってしまっても、他のパーツに取りつけることもできます。

また、工夫次第ではクルマ以外の小物の装飾にも使えるので、サイズは余裕を持って選んでおく方が安心です。

 

気泡が入りにくい製品を選ぶ

カーボンシートを貼りつける際、一番多い失敗が気泡が入ってしまうことです。

一度気泡が入ってしまうと、追い出すのは至難の業です。

そのままにしていると見た目が悪いだけでなく、はがれやすくなってしまいます。

貼り付けに自信がない場合は、気泡が入りにくいカーボンシートを選ぶのがおすすめです。

エア抜き溝が付いた商品を選べば、万が一気泡が入ってもスムーズに外に逃げてくれるため、簡単に貼り付けられます。

カーボンシートの見栄えを良くするためにも、気泡が入りにくい商品を選んでおけば間違いないでしょう。

 

おすすめの車用カーボンシート

ホークスアイ(HAWK’s EYE) 伸縮性 リアルカーボンシート HE-0020

3Dタイプのコスパに優れたカーボンシート。

光沢をおさえたリアルな質感が魅力です。

伸縮性や柔軟性に優れているので、初心者でも簡単に貼り付けられます。

エア抜き溝が付いているので、万が一気泡が入ってもスムーズに外に逃げてくれます。

 

タロウワークス TARO WORKS 3Dリアルカーボンシート

11色のカラーから選べる3Dタイプのカーボンシート。

粘着力に優れているだけでなく、耐久性も高いので、長期間キレイなカーボン調の質感を楽しめます。

エア抜き溝があるので、初めての人でも貼りやすいのが魅力。

特大サイズなので、余ったシートはスマホやタブレットのカスタマイズにも使えます。

 

IlMondoMall 4D カーボンシート ハイグロス

厚みのある4Dタイプのカーボンシート。

下地のカーボン柄層の上にクリアフィルムシートを圧着した「ハイグロス」仕様のため、表面は非常にツヤがあります。

圧着面から水が入りやすいため、シートの端を折り返し処理やコーキング処理しておくことは必須。

耐熱性・耐久性・伸縮性・通気性に優れたカーボンシートです。

 

タロウワークス TARO WORKS 4Dリアルカーボンシート

6色のカラーから選べる4Dタイプのカーボンシート。

粘着力に優れているだけでなく、耐久性・光沢・リアリティにも優れているので、長期間キレイなカーボン調の質感を楽しめます。

エア抜き溝があるので、初めての人でも貼りやすいのが魅力。

特大サイズなので、余ったシートはスマホやタブレットのカスタマイズにも使えます。

 

DragonOne 5D リアルカーボンシート

高級感のある光沢と、リアルな質感が魅力の5Dタイプカーボンシート。

薄くて柔軟性があるので、曲面や小さなパーツにも貼りやすいのが魅力です。

裏面にはエア抜き溝があるので、気泡を含まずしっかり貼り付けることができます。

 

イルモンドモール(IlMondoMall) 驚異の進化 5D カーボンシート カーボンステッカー 汎用

5Dならではのツヤと立体感を味わえるカーボンシート。

3Dや4Dに比べるとかなり厚みがあるため、曲面などへの貼り付けや加工には技術が必要です。

圧着面から水が入りやすいため、シートの端を折り返し処理やコーキング処理しておくことは必須。

耐熱性・耐久性・伸縮性・通気性に優れたカーボンシートです。

 

TECKWRAP 6D リアルハイグレードカーボンシート

10種類のカラーから選べる、6Dタイプのカーボンシート。

徹底的にリアルさにこだわったシートが、高級感を演出してくれます。

エア抜き溝が付いているので、エア噛みすることなく貼り付けも簡単です。

密着性・施工性・耐久性・耐候性にすぐれたシートです。

 

Lypumso カーボンシート

ツヤと光沢感に優れた、6Dタイプのカーボンシート。

伸縮性が高いので、曲面や細かいパーツにも貼りやすいのが魅力です。

密着性や耐久性だけでなく、耐水性にも優れています。

 

さいごに

車用カーボンシートは、車の内装や外装に貼るだけで、カーボン調の質感にカスタマイズできるアイテムです。

キズや紫外線を防いでくれる商品もあるので、ドレスアップ効果だけでなく愛車の保護シートとして使うのもおすすめです。

 

 

バッテリー
クルマのバッテリー交換を安く済ませる方法とは?|コスパに優れたバッテリーの選び方と、おすすめの交換方法を詳しく解説 そんな疑問にお答えします。 当記事を読めば、クルマのバッテリー交換を安く済ませる方法が分かります。 ...
エンジンオイル添加剤のおすすめ9選|愛車の症状に合わせた商品の選び方とは? そんな疑問にお答えします。 当記事を読めば、エンジンオイル添加剤の選び方と、愛車の症状に合ったおすすめ商品が分...
検電テスター
検電テスターのおすすめ6選|使いやすく安全性に優れた商品の選び方とは? そんな疑問にお答えします。 当記事を読めば、検電テスターの選び方とおすすめ商品が分かります。 検...
シフトノブ
シフトノブのおすすめ9選|シフトチェンジが格段にスムーズになる、普段握る位置に合わせた形状の選び方 そんな疑問にお答えします。 当記事を読めば、シフトノブの選び方とおすすめ商品が分かります。 マニ...
RELATED POST