メンテナンス

クルマのバッテリー交換を安く済ませる方法とは?|コスパに優れたバッテリーの選び方と、おすすめの交換方法を詳しく解説

バッテリー
男性
男性
最近、エンジンのかかりが悪いんだよね。

バッテリーの寿命がそろそろ近づいてきたのかもしれないな。

できるだけ安くバッテリーを交換したいんだけど、どんな方法があるの?

そんな疑問にお答えします。

当記事を読めば、クルマのバッテリー交換を安く済ませる方法が分かります。

トラジロー
トラジロー
こんにちは、トラジローです。
  • エンジンのかかりが悪くなってきた
  • アイドリング中、ヘッドライトの明るさが暗くなってきた気がする

といった症状が出てきたら、バッテリーの寿命が近づいているのかもしれません。

乗り方にもよりますが、バッテリーは2年から3年で定期的に新品と交換する必要があります。

放っておくと、外出先でクルマが動かなくなり、高いレッカー代を支払うことになってしまうかもしれません。

ガソリン車のバッテリー交換費用の相場は、バッテリー本体代と工賃で2万円前後、HV車やEV車は3~4万円程度します。

少しでも費用を抑えたいと思ったら、事前にバッテリー価格や性能を調べておくのがおすすめ。

格安バッテリーをネットで購入し、持ち込みOKのショップに持ち込めば、大幅に費用を抑えることができます。

今回は、クルマのバッテリー交換を安く済ませる方法について詳しく解説します。

 

バッテリーの交換タイミングはいつ?

バッテリー

バッテリーの寿命は、2年から5年程度とされています。

クルマの乗り方によって、寿命は倍以上違ってきます。

たとえば、クルマに乗るのが週末だけだったり、乗っても自宅から5分のスーパーに行くだけ、という場合は、バッテリーの負担が大きく、ちゃんと充電されません。

そのため、どうしてもバッテリーの寿命が短くなってしまいます。

バッテリーの寿命が短くなってきたら、次のような症状があらわれてきます。

 

エンジンがかかりにくくなる

エンジン

バッテリーの寿命が近づいてきたら、エンジンのかかりが悪くなります。

この症状があらわれたら、すぐにバッテリーを交換する必要があります。

最悪の場合、エンジンをかけることができなってしまいます。

 

ヘッドライトが暗くなってきた

ヘッドライト

信号待ちなど、クルマを止めてアイドリングしているときに、ヘッドライトがいつもより暗かったり明るさが不安定になってきたら、バッテリーが弱ってきているサインです。

アイドリング中は発電量が減るので、弱ってきたバッテリーでは十分な明るさを維持できません。

 

電装パーツの調子がおかしい

パワーウィンドウ

クルマには、室内灯やパワーウィンドウ、カーナビなど、電気を使うさまざまなパーツが備わっています。

こうした電装パーツの調子がおかしいと感じたら、バッテリーの寿命を疑ってみるのがいいかもしれません。

ほかにも、オルタネーターやセルモーターの不具合が原因で電装パーツの調子がおかしくなっていることも考えられます。

何か調子がおかしいな、と思ったら、早めにディーラーや整備工場で点検するのがおすすめです。

 

バッテリー交換にいくらかかるの?

バッテリー

クルマのバッテリー交換は、

  • ディーラーに依頼する
  • カーショップに依頼する
  • 通販で購入して持ち込みOKなショップで取り付けてもらう
  • 全て自分で作業する

といった方法があります。

費用が一番高くついてしまうのは、ディーラーやカーショップに依頼する方法。

車種やバッテリーの種類によってかなり差がありますが、2万円から4万円くらいかかると考えておいた方が良いでしょう。

ディーラーやショップにお願いした場合、バッテリー本体の価格だけでなく、交換工賃もかかります。

コストを抑えようと思ったら、

  1. 高品質&低価格なバッテリーをネットで購入し、
  2. 持ち込みOKなショップで取り付けてもらうか、自分で取り付けてみる

という方法がおすすめです。

バッテリーを持ち込み取り付けしてもらう場合、工賃のそうばは500円から3000円程度。

ネット通販で高品質&低価格なバッテリーを購入することができれば、大幅にトータルコストを抑えることができます。

 

バッテリーの選び方

まずは取り付けてあるバッテリーの型式を確認する

バッテリーは、愛車に適合したものを選ばないと取り付けられません。

適合するバッテリーを見つける方法は、現在取り付けられているバッテリーに記載されている型式(記号)を見ながら選びます。

バッテリーの型式は、6桁の記号であらわされています。

愛車に適合するかどうかを見るためには、下4桁をチェックします。

下4桁には、

  • バッテリーのサイズ
  • 端子の位置関係

があらわされています。

たとえば、下4桁が「B24L」と表示されていた場合、

バッテリーの奥行と高さ
24 バッテリーの幅
プラス端子の位置

をあらわしています。

サイズと端子が合わなければ取り付けられないので、まずはこの記号をちゃんとチェックしておきましょう。

 

アイドリングストップ車の場合

suzuki引用:SUZUKI

アイドリングストップ車は、バッテリーの負荷が普通車よりも大きいため、性能が高いものが搭載されています。

バッテリー表記は、「ローマ字」と「数字」が組み合わさっています。

たとえば、N-80など。

同じローマ字が使われているバッテリーを選ぶのがポイントです。

 

ハイブリッド車の場合

ハイブリッド

ハイブリッド車の場合、「S〇〇B24L」のように、6桁の記号の頭文字が必ず「S」になります。

チェックすべきポイントは、最初の「S」と下4桁。

この5つの記号が同じであれば、ハイブリッド車用のバッテリーです。

 

バッテリーの型式検索サイトを利用する

エンジン

基本的なバッテリーの型式確認方法が分かったら、有名メーカーの型式検索サイトを利用するのがおすすめです。

GSユアサ 車用バッテリー検索
古川電池 自動車バッテリー適合表
パナソニックカーバッテリー バッテリー適合検索

 

おすすめのバッテリー購入方法

余裕をもってバッテリー交換できる場合は、通販サイトを利用するのがおすすめです。

でも、聞いたこともない名前の海外メーカー製格安バッテリーやリサイクルバッテリーも多い中、どれを選べばいいか分からないという人も多いはず。

そんなときは、バッテリー専門の通販サイトをチェックしてみてはいかがでしょう?

おすすめは、適合バッテリーを検索しやすく、品質の良い格安バッテリーが買えるカーエイドストア

自動車メーカーからバッテリーを検索できるだけでなく、

カーエイドストア引用:カーエイドストア

車のタイプからバッテリーを検索したり、

カーエイドストア引用:カーエイドストア

バッテリーメーカーから検索することもできます。

カーエイドストア引用:カーエイドストア

どのブランドのバッテリーを選ぶか迷ったら、Panasonicのcaosを選んでおけば間違いありません。

値段は高めですが、品質において圧倒的な信頼感があります。

また、カーエイドストアでは車種別のバッテリー交換方法が動画で公開されています。

必要工具を揃える必要はありますが、動画を参考に自分でバッテリー交換すれば、工賃がかかりません。

注意したいのは、はずした後の廃バッテリーの処理方法。

バッテリーは自治体のごみ回収には出せません。

カーエイドストアであれば、不要になった廃バッテリーを無料で回収してくれます。

 

\激安バッテリー市場/
【カーエイドストア】

 

おすすめのバッテリー取り付け方法

意外と難しいのが、バッテリーの交換作業。

慣れない人が作業すると、ショートさせてしまう恐れもあります。

コストを抑えてバッテリー交換作業をしようと思ったら、2つの方法がおすすめです。

 

動画を参考に、自分で交換する

簡単そうで意外と難しいのが、バッテリー交換作業。

「バッテリーを外して新しいものを取り付けるだけ」

と甘く見ていると、感電したりショートさせたりして、コンピューターなどを破損させてしまう可能性があります。

バッテリー交換前には、車載コンピューターの学習データを保存させるためのメモリーバックアップを取っておくのがおすすめ。

端子を取り外す順番などを、動画などでチェックした上で作業する必要があります。

ただし、HV車やEV車の駆動用バッテリーを交換する場合は、必ずプロに依頼すべきです。

普通の12Vバッテリーとは比べものにならないほど大電流が流れているため、万が一ショートした場合は命にかかわってきます。

ほかにも、外国車の中には素人がバッテリー交換するには難しい車種も多いため、不安な場合はプロに依頼しておく方が安心です。

 

持ち込みOKな業者で交換する

グーピットを利用すれば、ネット通販などで購入したバッテリーを取り付けてもらえる業者を簡単に検索できます。

グーピットを利用する最大の魅力は、バッテリー購入前に申し込んでおけば、購入したバッテリーを整備工場などに直送できるということ。

重たいバッテリーを自宅から運ぶ必要がないんです。

複数の業者に見積を依頼すれば、取り付け工賃を比較することもできます。

グーピットを使って持ち込みOKな業者を探せば、コストを抑えて安全にバッテリー交換ができるんです。

 

\ネットで購入したパーツを取り付け/
【グーピット】近くの修理・整備工場を検索

 

さいごに

  • エンジンのかかりが悪くなってきた
  • アイドリング中、ヘッドライトの明るさが暗くなってきた気がする

といった症状が出てきたら、バッテリーの寿命が近づいているのかもしれません。

乗り方にもよりますが、バッテリーは2年から3年で定期的に新品と交換する必要があります。

放っておくと、外出先でクルマが動かなくなり、高いレッカー代を支払うことになってしまうかもしれません。

ガソリン車のバッテリー交換費用の相場は、ディーラーに依頼するとバッテリー本体代と工賃で2万円前後、HV車やEV車は3~4万円程度します。

少しでも費用を抑えたいと思ったら、事前にバッテリー価格や性能を調べておくのがおすすめ。

格安バッテリーをネットで購入し、持ち込みOKのショップに持ち込めば、大幅に費用を抑えることができます。

 

 

グーピット
GooPit(グーピット)の特徴と評判を徹底解説|カーパーツの持ち込み取り付けができる業者を探せる、おすすめの自動車整備工場一括検索サイト そんな疑問にお答えします。 当記事を読めば、自動車整備工場を一括検索できる「GooPit(グーピット)」の特徴...
検電テスター
検電テスターのおすすめ6選|使いやすく安全性に優れた商品の選び方とは? そんな疑問にお答えします。 当記事を読めば、検電テスターの選び方とおすすめ商品が分かります。 検...
エンジン
クルマの日常メンテナンス項目10選|大切な愛車を長持ちさせるためにできること そんな疑問にお答えします。 当記事を読めば、愛車を長持ちさせるための日常メンテナンスのポイントが分かります。 ...
運転
クルマの燃費を良くするためのコツ|エコ運転でガソリン代を節約するための8つのポイント そんな疑問にお答えします。 当記事を読めば、クルマの燃費を良くするためのコツが分かります。 クルマを運転する...
RELATED POST