メンテナンス

ルーフボックスのおすすめ6選|目的や使い方に合った商品の選び方とは?

ルーフボックス
男性
男性
家族でアウトドアを楽しむ機会が増えてきたから、愛車にルーフボックスを取り付けようと思っているんだ。

どんな商品を選べばいいかな?

そんな疑問にお答えします。

当記事を読めば、ルーフボックスの選び方とおすすめ商品が分かります。

トラジロー
トラジロー
こんにちは、トラジローです。

ルーフボックスとは、クルマのルーフキャリアに取り付けて荷物を運ぶためのアイテムです。

車内に載せきれない荷物も、ルーフボックスに入れればスッキリして、大人数で出かけることも可能になります。

でも、ルーフボックスは容量やサイズ、開閉方法など、商品にって特徴はさまざま。

どれを選べばいいのか迷ってしまうという人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、ルーフボックスの選び方とおすすめ商品について詳しく解説します。

 

ルーフボックスとは

ルーフボックスとは、クルマの上に取り付けて荷物を積み込む「サブトランク」のことです。

雨や衝撃に強い素材でできているため、安全に荷物を運ぶことができます。

ルーフボックスに荷物を積めば、車内やトランクを広く使えるのが魅力。

アウトドアやスポーツなど、たくさんの荷物を運びたいときにとっても便利です。

また、汚れたり濡れたりしたアイテムを入れれば、車内が汚れる心配もありません。

ルーフボックスを活用すれば、快適にアウトドアレジャーを楽しむことができるんです。

 

ルーフボックスの選び方

ベースキャリアと同じメーカーの商品を選ぶ

愛車にルーフボックスを取り付けようと思ったら、土台となるベースキャリアを付ける必要があります。

ルーフボックスとベースキャリアは、同じメーカーの商品で揃えるのがおすすめ。

しっかりと固定できます。

メーカーによっては、ルーフボックスだけしか販売していない場合もあります。

その際は、適合表をしっかりと確認してから選ぶ必要があります。

 

安全に走行できるサイズを選ぶ

ルーフボックスは、単に車の上に取り付ければいいというものではありません。

クルマの操作性に影響を与えるので、取り付けた状態で安全に走行できるかどうかを調べた上でサイズを選ぶ必要があります。

ポイントは、

  • 長さ
  • 高さ

の3つをチェックしておくこと。

横幅は、クルマの屋根よりも一回り小さいサイズを選ぶのがおすすめです。

また、縦長のルーフボックスを取り付けてしまうと、トランクが開かなくなる可能性もあります。

バックドアを跳ね上げてもぶつからないサイズを選びましょう。

意外と忘れがちなのが、地上からの高さ。

ルーフボックスを取り付けると車高が高くなるため、天井が低い駐車場や立体駐車場には入らなくなることも考えられます。

普段利用する駐車スペースも考えた上で、安全に利用できるサイズを選ぶ必要があります。

 

荷物を出し入れしやすい開き方で選ぶ

一般的に、ルーフボックスは左右どちらかの片面を押し上げて開きます。

運転席側から開くタイプと、助手席側からも開ける

  • 片開き
  • 両開き

の2種類があります。

片開きのボックスは、運転席側に開くのがおすすめ。

クルマを降りてサッと荷物を出し入れできます。

おすすめは、左右両開きのデュアルオープンタイプ。

片開きよりも価格は高めですが、狭い場所に駐車した場合も荷物をスムーズに出し入れできます。

 

積みたい荷物量に合わせたサイズを選ぶ

ルーフボックスの容量は、積みたい荷物の種類や量に合わせて選ぶのがおすすめです。

家族など大人数でアウトドアに行くことが多いのであれば、600L以上の大容量タイプが便利。

テントやテーブル、折り畳みチェアなどたくさんの荷物を積むことができます。

一方、一人で釣りに行く程度なら、300L程度の薄型タイプで充分です。

ルーフボックスは、あくまでも「サブトランク」として使うもの。

後部座席やトランクを上手に使えば、コンパクトなルーフボックスでも事足ります。

 

おすすめのルーフボックス

カーメイト ルーフボックス inno ルーフボックス33 300L BRQ33BK

幅広い車種に取り付け可能なルーフボックス。

カンタンに取り付けできて、値段はリーズナブル。

初めてルーフボックスを取り付ける人におすすめの商品です。

容量 300L
外寸 全長1825×全幅820×全高340mm

 

THULE スーリー ルーフボックス TH6342 ツーリング Touring M(200) チタン エアロスキン

両側のどちらからも開閉可能なルーフボックス。

取り付けが簡単で、ワンタッチで開閉できます。

容量は5種類ラインナップされているので、用途に合わせてピッタリのサイズを選ぶことができます。

容量 400L
寸法 全長1750×全幅820×全高450㎜

 

THULE スーリー ソフトルーフボックス TH6011 Ranger 90

折り畳み式のルーフボックス。

使わないときは、丸めて専用バッグに入れて保管できるので、トランクに収納しておくことも可能です。

取り付けはワンタッチ式なので、慣れれば数分で取り付けも可能。

コスパに優れたルーフボックスです。

容量 280L
外寸 全長1100×全幅800×全高400㎜

 

THULE スーリー ルーフボックス TH6128 ダイナミック Dynamic M(800) グロスブラック

左右どちらからでも開く、デュアルサイドオープンタイプのルーフボックス。

流線型のボディでデザイン性に優れているだけでなく、走行中の風切音も抑えてくれます。

内部にはノンスリップ・ベースマットが使われているため、中の荷物が滑りにくくなっています。

外寸 全長2060×全幅840×全高340㎜
容量 320L

Terzo テルッツォ (by PIAA) ルーフボックス 280L~350L ローライダーフレックスエアロEA439FB

高さを5㎝調節できるルーフボックス。

5㎝高めることで、容量を280Lから350Lに増やすことができます。

少ない荷物を運ぶのにも適しているため、普段荷物を運ぶ際にも使いやすくなっています。

外寸 全長2300×全幅750×全高225㎜
容量 280L

 

カーメイト ルーフボックス inno ルーフボックス55 300L BRQ55BK

純正キャリアにも取り付けできる「クイッククランプ」が採用されているので、工具不要で幅広い車種に取り付けられるルーフボックス。

開閉しやすい左開きで、スリムな見た目以上の収納力があります。

3重構造の剛性に優れた素材が使われているので、長期間の使用にも耐えてくれます。

外寸 全長2000×全幅830×全高315mm
容量 300L

 

さいごに

ルーフボックスとは、クルマの上に取り付けて荷物を積み込む「サブトランク」のことです。

雨や衝撃に強い素材でできているため、安全に荷物を運ぶことができます。

ルーフボックスに荷物を積めば、車内やトランクを広く使えるのが魅力。

アウトドアやスポーツなど、たくさんの荷物を運びたいときにとっても便利です。

また、汚れたり濡れたりしたアイテムを入れれば、車内が汚れる心配もありません。

ルーフボックスを活用すれば、快適にアウトドアレジャーを楽しむことができるんです。

 

 

chouchou
洗車フォームガンのおすすめ7選|使いやすいフォームガンの選び方とは? そんな疑問にお答えします。 当記事を読めば、洗車フォームガンの使い方と選び方が分かります。 洗車用のフォーム...
エコタイヤのおすすめ8選|低燃費タイヤとの違いを分かりやすく解説 そんな疑問にお答えします。 当記事を読めば、エコタイヤの選び方とおすすめ商品が分かります。 燃費...
シフトノブ
シフトノブのおすすめ9選|シフトチェンジが格段にスムーズになる、普段握る位置に合わせた形状の選び方 そんな疑問にお答えします。 当記事を読めば、シフトノブの選び方とおすすめ商品が分かります。 マニ...
boostmeter
ブースト計のおすすめ7選|初心者でも使いやすい商品の選び方 そんな疑問にお答えします。 当記事を読めば、ブースト計の選び方とおすすめ商品が分かります。 ブー...
RELATED POST