車種別レビュー

日本自動車殿堂 歴史遺産車が決定|フェアレディZ、KATANA、筑波号、プリウスが遺産車に認定される

2022年11月8日、日本自動車殿堂は「2022 日本自動車殿堂 歴史遺産車」を発表しました。

歴史遺産車とは、日本の自動車の歴史に優れた足跡を残した名車を選定。

日本自動車殿堂に登録し、末永く伝承するというものです。

選出されたのは、

日本初の前輪駆動小型車として登場した「筑波号」

筑波号引用:日本自動車殿堂

日本・北米で大人気を博した「フェアレディZ」「ダットサン240Z」

フェアレディZ引用:日本自動車殿堂

エキセントリックなデザインで世界で人気のバイク「GSX1100S KATANA」「GSX750S」

KATANA引用:日本自動車殿堂

ハイブリッドシステムを搭載した、世界初の量産乗用車「プリウス」

プリウス引用:日本自動車殿堂

の4台。

今回は、歴史遺産車に選出された4車種を詳しく解説します。

 

2022 日本自動車殿堂 歴史遺産車に選出された4台

筑波号(1934)

筑波号引用:日本自動車殿堂

筑波号は、川真田和汪氏が開発した、日本最初の前輪駆動小型乗用車。

1934年に東京自動車工業で製造が開始され、130台が販売されました。

現在の乗用車は、前輪駆動システムが主流。

1930年台頃から欧米で開発が始まりましたが、日本でもほぼ同時期に開発・販売が始まっていたのです。

 

ニッサン フェアレディZ(1969)/DATSUN 240Z(1970)

日産自動車を代表するスポーツカー・フェアレディZ。

日本では1969年に「フェアレディZ」として発売が開始され、米国では1970年に「DATSUN 240Z」の名で発売されました。

日本や北米だけでなく、世界各国で爆発的ヒットを記録。

9年間で世界販売台数52万台を記録した、歴史に名をのこすスポーツカーです。

 

スズキ GSX1100S KATANA(1981)/ GSX750S(1982)

BMWのチーフデザイナーを務めたハンス・ムートが、日本刀をイメージしてデザインされたオートバイ。

そのエキセントリックなデザインは、日本だけでなく欧米で高く評価され、世界中で爆発的ヒットとなりました。

 

トヨタ プリウス(1997年)

プリウス引用:TOYOTA

世界初となる、ハイブリッドシステム搭載の量産乗用車。

燃費の向上や二酸化炭素排出量削減など、現在に至るHV、EVを中心とした環境対応技術の先駆けとなる歴史的名車です。

 

さいごに

歴史遺産車とは、日本の自動車の歴史に優れた足跡を残した名車のこと。

日本自動車殿堂に登録され、今後も末永く伝承されていきます。

 

 

日本カーオブザイヤー
【今年は異例?】 2022-2023日本カー・オブ・ザ・イヤー「10ベスト」が、11モデル選定される結果に2022年11月4日、「2022-2023 日本カー・オブ・ザ・イヤー」を決める第一次選考が行われました。 日本カー・オブ・ザ・イ...
日本カーオブザイヤー
「今年の一台」はどの車?日本カー・オブ・ザ・イヤー2022-2023、ノミネート車48台が発表いよいよ日本カー・オブ・ザ・イヤー発表の時期が近づいてきました。 2022年度は、はたしてどのクルマが「今年の1台」に選ばれるので...
スーパーセブン
ケータハム スーパーセブン1600の特徴と魅力を徹底解説|レトロなデザインを現代風にアレンジ! そんな疑問にお答えします。 当記事を読めば、ケータハム スーパーセブン1600の特徴と魅力が分かります。 ...
rvrブラックエディション
三菱 RVR ブラックエディションの魅力を徹底解説|価格・エクステリア・インテリア・エンジンの特徴とは? そんな疑問にお答えします。 当記事を読めば、RVRブラックエディションの魅力が分かります。 20...
RELATED POST