メンテナンス

中古車を購入した後、車内を徹底的にクリーニングしたいと思ったら押さえておきたい、クリーニングのコツ

クロス
男性
男性
中古車を買ったんだけど、車内のニオイや汚れをキレイにしたくて。まず何から始めればいい?

そんな疑問にお答えします。

当記事を読めば、中古車の車内をクリーニングするコツが分かります。

トラジロー
トラジロー
こんにちは、トラジローです。

中古車を買う際に気になるのが、汚れや臭いです。

大抵の中古車販売店は、納車前に清掃してくれます。

でも、シートのシミやエアコンのニオイなどはそのままになっている場合もあります。

中古車が納車された後、車内を更にきれいにしたいと思ったら、まずは何から始めればよいのでしょうか。

今回は、車内クリーニングの方法やコツについて解説します。

 

染み付いた臭いの原因と対策

クルマから嫌な臭いがする場合、原因はいくつか考えられます。

  • タバコのニオイ
  • 汗や皮脂のニオイ
  • ペットのニオイ
  • 飲食物のニオイ
  • カビのニオイ

さまざまな原因が考えられますが、一度染みついた臭いは完全に取り除くことは難しいかもしれません。

特にタバコのニオイは、吸わない人にとっては嫌なものです。

エアコンの内部にヤニが付着していると、エアコンのスイッチを入れた途端にタバコ臭くなってしまいます。

また、天井もヤニで黄色く汚れている場合もあります。

車内のタバコ臭を取り除こうと思ったら、専門の清掃業者に依頼して、車内全体を綺麗にクリーニングしてもらうのがおすすめです。

費用は依頼するクリーニング業者や車種によって異なりますが、軽自動車の場合1万円前後、小型車の場合1万2千円程度、ミニバンで3万円程度かかる場合があります。

費用はかかりますが、消臭剤や芳香剤でごまかすよりも、プロにエアコン内部までしっかり洗浄してもらった方が、染みついた臭いを取り除くことができます。

また、嫌なニオイはシートの下や隙間に溜まりがちです。

特に、食べ物や汚れた衣類などがこうした場所に放置されていると、雑菌が繁殖してニオイの原因となります。

普段の洗車では見落としがちな場所ですが、定期的に清掃して清潔に保っておくことも大切です。

 

シート汚れの原因と対策

シートにシミや汚れが付くのは、食べこぼしなどが主な原因になります。

私は以前、中古のレビンを購入したことがあったのですが、シミやタバコのニオイがひどかったので、運転席・助手席のシートを取り外して高圧洗浄機で洗いました。

 

高圧洗浄機で洗い流すと、ビックリするくらい真っ黒な水が出てきたんです。

取り外したシートは、3日ほど乾燥させて取り付けましたが、染み付いていた汚れや臭いは綺麗に取れていました。

でも、よっぽどのことが無い限り、愛車のシートを取り外して洗うなんてことはしないと思います。

普段は軽く拭く程度しかメンテナンスしない場合がほとんどではないでしょうか。

自分でシートの汚れを取り除こうと思ったら、最初に掃除機などで目立つゴミを吸い取ることから始めるのがおすすめです。

 

その後、硬く絞ったタオルで汚れを拭き取ります。

汚れが気になるようであれば、硬く絞ったタオルに専用スプレーを染み込ませ、表面を拭きます。

 

シートの素材によっては、色落ちしたりカビの原因となる場合もあるので、目立たない箇所でテストしてから拭くのがいいと思います。

拭き終わった後は、車内の換気を良くして乾燥させます。

乾燥が不十分だと、車内に生乾きの嫌な臭いが充満することになってしまいます。

もしも自分でシートを洗うのが不安だったり、ガンコな汚れがあれば、専門のクリーニング業者に依頼するのがおすすめです。

運転席と助手席のシートクリーニングを依頼する場合、業者や車種によって価格は異なりますが、2万円程度の費用がかかると思っておいた方がいいかもしれません。

また、2~3日はクルマを預けなければならない場合があります。

 

天井汚れの原因と対策

天井が汚れている場合、大抵は車内でタバコのヤニが原因です。

シートが濡れないようビニールシートを被せた後、天井全体に専用スプレーを吹きかけ、ぬるま湯で濡らしたタオルで拭けば、大抵の汚れはキレイになります。

 

 

シートベルト汚れの原因と対策

シートベルトは、汗や皮脂などの汚れが染み込んでいる場合があります。

シートと同じように洗浄たところ、茶色く汚れた水が出てきたことがありました。

また、カビが生えている場合もあります。

シート洗浄用のスプレーを使って、丁寧に拭くのがおすすめです。

 

 

床汚れの原因と対策

車内の床やフロアマットは、泥汚れや食べかすなどが溜まりやすい場所です。

まずはマットをはずして、キレイに水洗いします。

ガソリンスタンドなどにあるマットクリーナーを使うのも良いのですが、汚れがひどい場合はブラシを使って手洗いすると、こびりついた汚れが落ちやすくなります。

 

洗った後は、必ず完全に乾かしておきましょう。

生乾きだと、ニオイの原因になります。

マットの掃除が終わったら、次は床の掃除です。

掃除機などでごみを吸い取ったら、硬く絞ったタオルで拭いておくのがおすすめです。

 

車内クリーニングをお願いする場合は?

気軽に行けるガソリンスタンド

自分で車内クリーニングをするよりも、プロにお願いした方がニオイや汚れをキレイに落としてもらえます。

一番気軽に依頼できるのは、ガソリンスタンドではないでしょうか。

洗車メニューの中にある「室内清掃」をお願いすれば、掃除機や専用洗剤を使ってキレイにしてもらえます。

 

徹底的にキレイにしたければ、カー用品店もおすすめ

カー用品店にも、車内クリーニングのメニューが用意されているところがあります。

中には数日間クルマを預け、車内の除菌・消臭まで徹底的にできるところもあります。

専用のクリーニング用具や機械が用意されているので、ニオイや汚れが気になる場合は利用してみるのもいいと思います。

 

カーディーラーにも専用機器が用意されている

ディーラーや中古車販売店、整備工場も、専用のクリーニング機器が用意されている場合がほとんどです。

特にディーラーには、専用洗剤を使って車内を洗浄できる道具が揃っています。

汚れを落とすだけでなく、エアコン内部の洗浄や消臭など、徹底的に車内をキレイにしたい人におすすめです。

 

車内クリーニングを依頼する場合の相場は?

車内をクリーニングしてくれる業者は様々ですが、それぞれ料金は違ってきます。

ガソリンスタンドで車内清掃を依頼する場合は、1000円前後でお願いできる場合もありますが、カー用品店やディーラーに依頼する場合は、数千円から5万円程度まで様々です。

当然、車種によっても料金は違ってきます。

クリーニングメニューによっても異なりますが、車内を徹底的にクリーニングしようとすると

軽自動車 1万円程度
コンパクトカー 1万5千円程度
普通車 2万円程度
ミニバン 3~5万円程度

かかることもあります。

ニオイや汚れの状況に合わせて、クリーニングメニューを追加すれば、更に費用は高額になると思っておいた方がいいでしょう。

 

さいごに

車内を徹底的にキレイにしようと思ったら、少なくとも半日以上かかります。

クリーニング業者によっては、数日間クルマを預ける必要が出てきます。

でも、車内が快適になることを考えると、時間とお金をかけてクリーニングする価値はあると思います。

将来売却することも考えて、日ごろからこまめに手入れをしておけば、快適な車内空間をを保ち続けることもできるのではないでしょうか。

 

ダッシュボード
車内のニオイは、クルマの買取査定に影響するのか?|ニオイ別の消臭方法を徹底解説 そんな疑問にお答えします。 当記事を読めば、車内に染みついたニオイが与える、買取査定への影響が分かります。 ...
クルマ
中古車販売店を選ぶ際、気を付けておきたい7つのポイント そんな疑問にお答えします。 当記事を読めば、中古車販売店を選ぶ際に気を付けておきたいポイントが分かります。 ...
クルマの寿命・耐用年数について|寿命かな?と思ったらチェックしておきたい3つのポイント そんな疑問にお答えします。 当記事を読めば、クルマの寿命や耐用年数が分かります。 長く同じ車を所有していると...
洗車
買取査定前に、洗車や車内清掃しておけば査定額はアップするのか? そんな疑問にお答えします。 当記事を読めば、洗車と買取査定額の関係が分かります。 愛車を売却しよ...