メンテナンス

車用粘土クリーナーのおすすめ6選|鉄粉をキレイに除去してくれる商品の選び方

粘土クリーナー
男性
男性
ボディに鉄粉がこびりついて、なかなか落とせないんだ。

粘土クリーナーを使えばキレイになるって聞いたんだけど、どんな商品を選べばいいのかな?

そんな疑問にお答えします。

当記事を読めば、車用粘土クリーナーの選び方とおすすめ商品が分かります。

トラジロー
トラジロー
こんにちは、トラジローです。

車用粘土クリーナーは、普通のカーシャンプーではなかなか落とせない鉄粉などの汚れを取り除ける洗車用品です。

ボディにこびりついた鉄粉は、そのままにしているとサビの原因になったり、塗装を痛めてしまう可能性もあります。

車用粘土クリーナーを使えば、そういった鉄粉をキレイに取り除くことができるんです。

見た目をきれいにするだけではなく、ワックスやコーティングの下地処理としても使える便利なアイテム。

今回は、車用粘土クリーナーの選び方とおすすめ商品について詳しく解説します。

 

車用粘土クリーナーの選び方

汚れに合わせた「タイプ」を選ぶ

車用粘土クリーナーは、粘土の形状をしている「粘土タイプ」と、クロス状の「タオルタイプ」の2種類があります。

 

「粘土タイプ」は、ガンコな汚れを除去できる

粘土クリーナー

粘土の塊状になっているのが、「粘土タイプ」のクリーナーです。

フロントバンパーやボンネットなど、広範囲にこびりついた鉄粉を除去するのに便利。

汚れた面を内側に丸め込みながら作業できるため、除去した鉄粉でボディを傷つける心配がありません。

 

「タオルタイプ」は作業が簡単

クレイクロス

粘土のようにこねる手間が必要なく、簡単に使えるのがタオルタイプの粘土クリーナーです。

マイクロファイバー素材のタオルに、粘土のような特殊素材が貼り付けられており、クレイタオルなどとも呼ばれます。

吸水力に優れているので、汚れを落としながらタオル面で水分を拭き取ることもできる手軽さが魅力です。

注意したいのは、細かな磨きキズができる場合があるので、濃色車にには不向きな商品も多いということ。

粘土タイプに比べると除去力が劣るので、鉄粉汚れがひどい場合は完全に落としきれない可能性もあります。

 

研磨剤(コンパウンド)が含まれているかどうかチェックする

粘土クリーナー

研磨剤(コンパウンド)が含まれている車用粘土クリーナーは、こびりついたガンコな汚れを落とすのに効果的です。

塗装面ごと汚れを取り去ってくれます。

そのため、強くこするとボディにキズが付きやすいのがデメリットです。

コーティング車や濃色車で使いたい場合は、ノーコンパウンドの粘土クリーナーを選ぶのがおすすめ。

汚れの除去力は落ちますが、キズが付きにくいので安心して利用できます。

 

専用シートや保護ケースなどの付属品をチェックする

粘土クリーナー

粘土クリーナーには、クリーナー単体で販売されている商品もあれば、専用シートや保護ケースなどが付属されている商品もあります。

粘土クリーナーは何度も繰り返し使えるので、クリーナー単体で購入した場合は、保護ケースを別途用意する必要があります。

また、目で確認することは難しい細かな鉄粉が取れたかどうか、チェックするための専用シートが付属している商品もあります。

こうした付属品が付いていれば、作業効率が大幅にアップします。

 

おすすめの車用粘土クリーナー

シュアラスター ネンドクリーナーソフト SurLuster S-83

粘土クリーナー

研磨剤を含まない、ノーコンパウンドタイプの粘土クリーナー。

ボディに付着した鉄粉はもちろん、虫の死骸や鳥の糞なども取り除くことができます。

使いやすくコスパに優れているので、はじめて車用粘土クリーナーを使うという人におすすめです。

研磨剤
付属品 塗装面チェック用セロファンフィルム、保管用袋

 

ソフト99(SOFT99) ねんど状クリーナー ミニ 100g 00238

粘土クリーナー

研磨剤入りなのに、塗装を傷めず汚れを除去できる粘土クリーナー。

ボディカラーを問わずに使えます。

鉄粉や鳥の糞だけでなく、油膜やタールなども除去可能。

コーティングやワックスの下地処理にも最適です。

研磨剤
付属品 保護ケース

 

プロスタッフ(PROSTAFF) 魁磨き塾 プロ技ねんどクリーナー S153

粘土クリーナー

バケツ1杯の水で、どこでも手軽に鉄粉取りができる粘土クリーナー。

持ちやすい硬質ペフに、水を保持するスポンジを合わせたねんどキャッチャーが付属しています。

粘土と組み合わせて使用することで、少量の水で汚れをキレイに落とすことができます。

研磨剤が含まれていないので、塗装面やコーティングにも使えます。

研磨剤
付属品 ねんどキャッチャー、剥離紙

 

kozmez クリスタルガード・パワークレイ

粘土クリーナー

ノーコンパウンドタイプの粘土クリーナー。

不純物を除去するセラミック粘土を使っているため、塗装面だけでなくガラス系コーティングでも安心して作業できます。

専用ケースや鉄粉チェッカーフィルムが付属しているので、何度も繰り返し使えて経済的でです。

研磨剤
付属品 ハードケース、鉄粉チェッカーフィルム

 

オカモト産業 カーオール(CARALL) 頑固な汚れの強力ねんどクリーナー

粘土クリーナー

柔らかくてこねやすい粘土クリーナー。

粘土が固くなりやすい冬でも練り込みやすいのが魅力です。

ノーコンパウンドなので、コーティング車に使ってもボディを傷つける心配がなく、初心者でも安心して使うことができます。

粘土が白いので、汚れを確認しやすいのも便利。

研磨剤
付属品

 

ホルツ(Holts) 鉄粉取りクリーナー MH972

粘土クリーナー

ボディにやさしい柔らかソフトタイプなので、塗装面の負担が軽く汚れをしっかり除去できる粘土クリーナー。

付属のザラつきチェックシートを使えば、見た目では分からない汚れ残しを簡単にチェックできます。

水洗いでは落としきれない、鉄粉・虫の死骸・鳥の糞などザラつきを吸着除去してくれます。

研磨剤
付属品 ザラつきチェックシート

 

さいごに

車用粘土クリーナーは、普通のカーシャンプーではなかなか落とせない鉄粉などの汚れを取り除ける洗車用品です。

ボディにこびりついた鉄粉は、そのままにしているとサビの原因になったり、塗装を痛めてしまう可能性もあります。

車用粘土クリーナーを使えば、そういった鉄粉をキレイに取り除くことができるんです。

見た目をきれいにするだけではなく、ワックスやコーティングの下地処理としても使える便利なアイテム。

定期的に使えば、愛車を常にピカピカな状態に保てます。

 

 

ハンドルスピンナー
ハンドルスピンナーのおすすめ6選|安全に装着するためのポイントは? そんな疑問にお答えします。 当記事を読めば、ハンドルスピンナーの選び方とおすすめ商品が分かります。 ...
洗車ブラシ
洗車ブラシのおすすめ6選|ボディやホイールを傷つけにくいブラシ素材の選び方 そんな疑問にお答えします。 当記事を読めば、洗車ブラシの選び方とおすすめ商品が分かります。 洗車...
新車のボディーカラー選びで失敗しない方法とは? そんな疑問にお答えします。 当記事を読めば、新車のボディーカラー選びのポイントが分かります。 私...
ギガクリスタル
ギガクリスタル MK-10Hのユーザーが本音でレビューする、商品のメリットとデメリット そんな疑問にお答えします。 当記事を読めば、ギガクリスタルの魅力と施工時の注意点が分かります。 ...