得する車の買い方

トヨタ グランエース(TOYOTA GRANACE)の魅力を徹底解説|価格・エクステリア・インテリア・エンジンの特徴とは?

グランエース
男性
男性
トヨタのグランエースが気になっているんだけど、どんなクルマなの?

そんな疑問にお答えします。

当記事を読めば、トヨタ グランエースの魅力が分かります。

トラジロー
トラジロー
こんにちは、トラジローです。

2019年12月にトヨタから発売された、高級ワゴン「新型グランエース」。

全長5mのフルサイズワゴンは、3列シート6人乗りの「Premium」と、4列シート8人乗りの「G」の2グレードが用意されています。

快適な乗り心地を実現する広いキャビンスペースと、高いボディ剛性が魅力の1台。

今回は、グランエースの価格をはじめ、エクステリアやインテリアの特徴、エンジンの性能など、その魅力について詳しく解説します。

 

トヨタ グランエースとは

グランエース引用:TOYOTA

2019年11月4日に閉幕した、東京モーターショー2019で発表された「新型グランエース」。

正式発売は2019年12月16日からとなっています。

全長5mと巨大なボディに上質な内外装を持つ、これまでにないトヨタの高級ワゴンです。

★見積はオンラインで★欲しいクルマの新車価格が分かる

トヨタ 新型「グランエース」の主なスペック

全長×全幅×全高 5,300×1,970×1,990mm
ホイールベース 3,210mm
車重 2,740kg(Premium)/2,770kg(G)
最小回転半径 5.6m
最低地上高 175mm
燃費 10.0km/L(WLTCモード)
エンジン型式 1GD-FTV
エンジン排気量 2,754cc
使用燃料 軽油
タンク容量 70L
最高出力 130kW(177PS)/3,400rpm
最大トルク 450Nm(46.1kgf・m)/1,600-2,400rpm
駆動方式 後輪駆動
トランスミッション 6速オートマチック
タイヤ 235/60R17

 

トヨタ グランエースのエクステリア(外装)

全4種類のボディカラー

グランエースのボディカラーは、全部で4種類。

ホワイトパールクリスタルシャイン

ホワイトパール引用:TOYOTA

ブラック

ブラック引用:TOYOTA

グレーメタリック

グレーメタリック引用:TOYOTA

シルバーメタリック

シルバーメタリック引用:TOYOTA

の4種類です。

どっしりとした安定感のある車体に、重厚感と高級感を醸し出してくれるラインナップです。

グランエースの中古車在庫を今すぐチェック

商用車ベースの大きなボディ

グランエース引用:TOYOTA

新型グランエースをひと目見て最初に驚くのが、ボディサイズの大きさ。

新型グランエースのベースとなっているのは、トヨタが海外で発売している商用車「ハイエース」の新型モデルです。

ボディサイズは全長5,300×全幅1,970×全高1,990mm。

アルファードのボディサイズは、ガソリン車のGグレードで全長4,945×全幅1,850×全高1,935mm。

アルファードよりもひとまわり大きなボディサイズになっています。

 

迫力のあるデザイン

新型グランエースの外観は、ミニバンに採用されることの多いデザインが採用されています。

フロントマスクには、ヘッドライトとも連続する金属調加飾の大型ラジエーターグリルを装着。

グランエース引用:TOYOTA

トヨタの「ノア」現行モデルのような迫力のあるデザインになっています。

また、ヘッドライトやタイムランニングランプ、リアコンビネーションランプにはLEDを採用。

グランエース引用:TOYOTA

明るさと実用性、先進性を兼ね備えたつくりになっています。

 

17インチ6穴アルミホイール

グランエース引用:TOYOTA

タイヤサイズは、235/60R17。

削り出しの質感を備える、金属調塗装のアルミホイールが、高級感を演出してくれます。

放射状のスポークデザインのため、存在感がありホイールが大きく見えるのも特徴。

全長5,300mm、全幅1,970mmと大きな車体にもかかわらず、最小回転半径5.6mとなっています。

★見積はオンラインで★欲しいクルマの新車価格が分かる

トヨタ グランエースのインテリア(内装)

インパネ・ダッシュボード

グランエース引用:TOYOTA

インパネの基本レイアウトは、商用車の海外版ハイエースと同じですが、見た目や質感は大きく違っています。

メーターフードには表皮を巻いて、糸を使う本物のステッチ(縫い目)があしらわれています。

ステアリングホイールも本革巻きで、部分的に木目調となっています。

そのほかにも、ドアトリムやフロント側のセンターアームレストなどに木目調パネルが使われていて、高級感が演出されています。

グランエース引用:TOYOTA

 

豪華なエグゼクティブパワーシート

グランエース引用:TOYOTA

新型グランエースのボディサイズの大きさを生かした特徴のひとつが、豪華な室内空間。

アルファードなどのミニバンにはない、4列シート仕様がラインナップされており、3列6人乗りのPremiumグレードでは2列目シートと3列目シートの4席に独立した電動シート「エグゼクティブパワーシート」が採用されています。

エグゼクティブパワーシートには、

  • ロングスライド機能
  • パワーリクライニング
  • パワーオットマン
  • 快適温熱シート
  • 格納式テーブル

などが搭載。

余裕のあるくつろぎ空間が用意されています。

グランエース引用:TOYOTA

 

グランエースの中古車在庫を今すぐチェック

トヨタ グランエースのエンジン・燃費

直列4気筒2.8Lクリーンディーゼルターボ

グランエース引用:TOYOTA

グランエースのエンジンは、直列4気筒2.8Lクリーンディーゼルターボ「1GD-FTV」型エンジン。

ランドクルーザープラドが搭載するエンジンと同タイプで、最高出力は130kW(177PS)/3400rpm、最大トルク450Nm(46.1kgfm)/1600-2400rpmとなっています。

典型的なディーゼルエンジンで、実用回転域の駆動力が高められています。

最大トルクの数値は、ガソリンエンジンに当てはめると4.5L並みで、大きく重量のあるボディを力強く加速させるのに適しています。

高級車に求められる滑らかさ・静粛性に加え、低回転からトルクフルな走行を実現してくれます。

 

燃費

グランエースの燃費は、WLTCモードで10.0km/L。

高速道路モードで11.2km/Lです。

ボディが大きく重いため、それなりの燃費性能だと考えておいた方が良いでしょう。

★見積はオンラインで★欲しいクルマの新車価格が分かる

トヨタ グランエースの走行性能

充実の安全装備

グランエース引用:TOYOTA

新型グランエースでは、安全装備が充実されています。

予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」では、昼夜の歩行者、昼間の自転車運転者も対象に衝突回避を支援する「プリクラッシュセーフティ」を採用しています。

また、駐車などのシーンで静止している障害物を検知し、衝突のリスクを軽減する「インテリジェントクリアランスソナー」や、駐車スペースから後退出庫するようなシチュエーションで自車に接近してくる車両を検知し、衝突の危険がある場合にはブレーキをかける「リアクロストラフィックオートブレーキ」、リアカメラの映像をディスプレイに表示できる「デジタルインナーミラー」などを標準装備しています。

 

広い視界

グランエース引用:TOYOTA

低くワイドなインストルメントパネルにメーター類が配置されているため、広々とした前方視界が確保されています。

さらに、フロントピラーのスリム化、三角窓の拡大、低いベルトラインなどにより、優れた側方視界も確保。

大きな車体を安全に走行させるための工夫が、至る所に施されています。

グランエースの中古車在庫を今すぐチェック

トヨタ グランエースの新車価格は?

グランエースの車両価格は

Premium(3列6人乗り) 6,500,000円(税込)
G(4列8人乗り) 6,200,000円(税込)

となっています。

 

さいごに

2019年12月にトヨタから発売された、高級ワゴン「新型グランエース」。

全長5mのフルサイズワゴンは、3列シート6人乗りの「Premium」と、4列シート8人乗りの「G」の2グレードが用意されています。

快適な乗り心地を実現する広いキャビンスペースと、高いボディ剛性が魅力の1台。

新型グランエースは、個人ユースでミニバンのように利用するよりも、乗員を優先した送迎などの用途に使われることが多くなりそうな1台です。

 

★見積はオンラインで★欲しいクルマの新車価格が分かる

ギブリ
マセラティ ギブリ リベッレ(MASERATI Ghibli Ribelle)の魅力を徹底解説|価格・エクステリア・インテリア・エンジンの特徴とは? そんな疑問にお答えします。 当記事を読めば、マセラティ ギブリ リベッレの魅力が分かります。 2...
swift
スズキ スイフト ハイブリッド MG リミテッド(SUZUKI SWIFT HYBRID MG LIMITED)の魅力を徹底解説|価格・エクステリア・インテリア・エンジンの特徴とは? そんな疑問にお答えします。 当記事を読めば、スズキ スイフト ハイブリッド MG リミテッドの魅力が分かります...
cx8
マツダ CX-8(MAZDA CX-8)の魅力を徹底解説|価格・エクステリア・インテリア・エンジンの特徴とは? そんな疑問にお答えします。 当記事を読めば、マツダ CX-8の魅力が分かります。 2017年12...
rocky
ダイハツ ロッキー(DAIHATSU Rocky)の魅力を徹底解説|価格・エクステリア・インテリア・エンジンの特徴とは? そんな疑問にお答えします。 当記事を読めば、ダイハツ ロッキーの魅力が分かります。 2019年1...