得する車の買い方

マツダ CX-8(MAZDA CX-8)の魅力を徹底解説|価格・エクステリア・インテリア・エンジンの特徴とは?

cx8
男性
男性
マツダのCX-8が気になっているんだけど、どんなクルマなの?

そんな疑問にお答えします。

当記事を読めば、マツダ CX-8の魅力が分かります。

トラジロー
トラジロー
こんにちは、トラジローです。

2017年12月にマツダから発売された、クロスオーバーSUV「CX-8(シーエックス・エイト)」。

日本市場ではマツダの頂点に立つ、プレミアムSUVです。

3列シートのSUVの中では、2018年販売台数No.1。

今回は、CX-8の価格をはじめ、エクステリアやインテリアの特徴、エンジン性能など、その魅力について詳しく解説します。

 

マツダ CX-8とは

cx8引用:mazda

CX-8は、マツダが2017年12月に発売開始したクロスオーバーSUVです。

「SKYACTIV TECHNOLOGY」と、デザインテーマ「魂動(こどう)-Soul of Motion」を全面採用した、マツダの日本国内向けクロスオーバーSUVの最上位モデルになっています。

CX-8の一番の特徴は、国内では珍しい3列シートのSUVだということ。

3列目シートを補助席的に扱う必要がなく、6人もしくは7人がゆとりを持って乗車できる、ミニバンのような快適な居住性を持っています。

2019年11月には、改良モデルが登場。

従来のディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 2.2(スカイアクティブ-D 2.2)」に加えて、

ガソリンエンジン

  • 「SKYACTIV-G 2.5(スカイアクティブ-G 2.5)」
  • 「SKYACTIV-G 2.5T(スカイアクティブ-G 2.5T)」

が選択できるようになりました。

ほかにも、電動スライドガラスサンルーフや3列目シートの充電用USB端子の追加など、快適な乗り心地を楽しむための改良が幾つも追加されています。

全国の新車ディーラーからオンラインで見積りが取れる。もちろん無料!

マツダ CX-8のエクステリア(外装)

全7種類のボディカラー

CX-8のボディカラーは、全部で7種類。

ソウルレッドクリスタルメタリック

ソウルレッド引用:mazda

マシーングレープレミアムメタリック

マシーングレー引用:mazda

スノーフレイクホワイトパールマイカ

ホワイト引用:mazda

ジェットブラックマイカ

ジェットブラック引用:mazda

ディープクリスタルブルーマイカ

ディープクリスタル引用:mazda

チタニウムフラッシュマイカ

チタニウム引用:mazda

ソニックシルバーメタリック

ソニックシルバー引用:mazda

いずれも高級感を醸し出てくれるカラーになっています。

 

クルマに命を吹き込む「魂動デザイン」

デザイン引用:mazda

魂動デザインとは、マツダが2012年以降に発売した新型モデルに採用している車体デザインのことです。

魂動デザインのテーマは、「生命感」。

デザインによって、クルマに生き物のような生命感や躍動感を与えているのです。

すべてのマツダ車に「魂動デザイン」を採用することで、ブランドイメージを確立。

CX-8にも魂動デザインが採用されており、高級感と躍動感にあふれるスタイルが魅力のクルマになっています。

マツダ CX-8の中古車在庫状況はコチラ

マツダ CX-8のインテリア(内装)

4種類のインテリアカラー

CX-8は、グレードによって異なる全4種類のインテリアカラーが用意されています。

ナッパレザー・ディープレッド

ディープレッド引用:mazda

ピュアホワイト

ピュアホワイト引用:mazda

レザー・ブラック

レザーブラック引用:mazda

クロス・ブラック

クロスブラック引用:mazda

いずれも高級感あふれるデザインになっていますが、特徴的なのがピュアホワイト。

本革製のホワイトカラーのシートが、室内を明るい印象にしてくれます。

 

SUVではなくミニバンに近い2列目シートや3列目シート

3列シート引用:mazda

CX-8最大の特徴は、サードシートを持つSUVということ。

必要十分な室内空間があるため、3列目も身長170センチの大人が無理なく座れるスペースを確保できています。

それぞれのシートには特徴があり、フロントシートは背もたれにかかる体圧を広く分散できる構造になっています。

フロントシート引用:mazda

体幹をしっかり支えてくれるから、ロングドライブでも疲れにくいのが魅力です。

レザーまたはナッパレザーのフロントシートには、体とシートの間の熱のこもりを吸い出し、暑い季節でも快適に過ごせるベンチレーション機能を搭載。

季節を問わず体に負担がかかりにくいシートです。

更に、運転席にはドライビングポジションメモリー機能が搭載されているため、複数のシートポジションやアクティブ・ドライビング・ディスプレイの設定を記憶させることができます。

いつも自分が使うキーに自分のポジションを記憶させておけば、解錠してドアを開けると自動的にそのポジションにセットしてくれます。

 

使い慣れたスマホアプリが、マツダコネクトで使える

マツダコネクト引用:mazda

センターディスプレイのタッチパネルに、使い慣れたスマートフォンの機能やアプリを表示可能。

電話やメールの送受信、ナビアプリで目的地を調べたりといった、スマートフォン側の操作ができるようになっています。

マツダコネクト引用:mazda

Apple CarPlayとAndroid Autoに対応。

iPhoneを接続すれば、Siriを使った音声操作も可能です。

 

大容量のラゲッジルーム

ラゲッジルーム引用:mazda

ラゲッジルームは、3列シート使用時でも239Lの容量があります。

サードシートに人が乗った状態で、ラゲッジルームに9インチのゴルフバッグを2個積載できます。

当然、3列目シートを倒せば、大人4人分の乗車スペースと大容量ラゲッジスペースを確保できます。

ラゲッジ引用:mazda

サードシートは、ラゲッジルーム側からシートバックのレバーまたはストラップを引くだけで収納可能。

フロア下には、307mmの深さのあるサブトランクも装備されています。

ラゲッジ引用:mazda

汚れがちなカーケア用品やかさばるアウトドア用品などの収納にも便利です。

全国の新車ディーラーからオンラインで見積りが取れる。もちろん無料!

マツダ CX-8のエンジン・燃費

3種類のエンジン

CX-8に搭載されるエンジンは、全部で3種類。

SKYACTIV-G 2.5T

エンジン引用:mazda

SKYACTIV-G 2.5

エンジン引用:mazda

SKYACTIV-D 2.2

エンジン引用:mazda

の3つ。

SKYACTIV-G 2.5TとSKYACTIV-G 2.5はガソリンエンジン。

SKYACTIV-D 2.2はクリーンディーゼルエンジンです。

様々な新技術が導入された2.2Lディーゼルターボエンジンは、これまでのディーゼル車にありがちな、アクセルペダルを踏んでから加速までのタイムラグを解消したものになっています。

まるでガソリンエンジン車を運転しているかのような、鋭い加速感を味わうことができます。

そのため、高速道路の合流や追い抜きでもストレスを感じにくいのが魅力。

静粛性も抜群で、ディーゼルエンジン特有のカラカラというノック音は、走行時だけでなく停車中でも車内にほとんど入ってくることはありません。

そんなディーゼルターボエンジンよりも、更にワンランク上の走りを楽しめるのが、2.5リットル直噴ターボエンジン「SKYACTIV-G 2.5T」。

鋭い加速レスポンスと、低速域のトルクに優れた走りを実現してくれます。

 

燃費

CX-8の燃費性能は、JC08モードで

ガソリンエンジン2WD 13.4km/L
ガソリンエンジン4WD 12.0km/L

 

WLTCモード燃費

ガソリンエンジン2WD 12.0~12.4km/L
ガソリンエンジン4WD 11.6~12.2km/L
クリーンディーゼルエンジン2WD 15.8km/L
クリーンディーゼルエンジン4WD 15.4km/L

 

市街地モード(WLTC-L)

ガソリンエンジン2WD 8.9~9.8km/L
ガソリンエンジン4WD 8.7~9.7km/L
クリーンディーゼルエンジン2WD 12.8km/L
クリーンディーゼルエンジン4WD 12.5km/L

 

郊外モード(WLTC-M)

ガソリンエンジン2WD 12.2~12.4km/L
ガソリンエンジン4WD 11.8~12.4km/L
クリーンディーゼルエンジン2WD 15.5km/L
クリーンディーゼルエンジン4WD 14.9km/L

 

高速道路モード(WLTC-H)

ガソリンエンジン2WD 14.0km/L
ガソリンエンジン4WD 13.3~13.6km/L
クリーンディーゼルエンジン2WD 17.8km/L
クリーンディーゼルエンジン4WD 17.5km/L

JC08モードとは、ローラーの付いた測定機にクルマをセットし、ローラーの上でタイヤを回すことで燃費を測定する方法です。

ローラーの上でタイヤを回す際は、常に一定の回転数で回すのではなく、市街地や郊外での走行を想定したパターンに合わせて回します。

すべてのクルマは、同じ条件で燃費を測定します。

でも、実際の燃費は

  • 車種
  • グレード
  • 走行環境
  • 荷物の積載量

などさまざまな条件によって違ってくるため、カタログに記載されたJC08モード燃費よりも悪い場合がほとんどです。

また、JC08モード規格で計測する際は、エアコンやオーディオ、カーナビなどの電装品はオフにした状態で行われます。

これも、実際の燃費と差が出てしまう原因になっています。

そこでおすすめなのが、「JC08モード燃費」だけでなく、「実燃費」も一緒にチェックすることです。

燃費情報を共有できるサイト「e燃費」では、会員ユーザーから投稿された年間約100万回の給油情報から、車種別の実用燃費データベースを作成しています。

本当に優れた燃費を実現しているのはどのクルマなのか、ランキング形式で紹介しているサイトです。

e燃費で公開されている「実燃費」と、「JC08モード燃費」を合わせて見ることで、そのクルマの持つ本来の燃費性能をチェックすることができるのです。

ちなみに2018年10月からは、より実燃費に近い数値が出るとされている、国際燃料基準「WLTCモード燃費」での燃費表示が義務付けられました。

乗用車の新型車の場合、2018年10月以降に発売されるものは、WLTCモードで燃費が表示されることになります。

既に販売されている継続車については、2020年9月からWLTCモードで表示されることになっています。

マツダ CX-8の中古車在庫状況はコチラ

マツダ CX-8の走行性能

カーブでも揺れにくい「G-ベクタリングコントロール・プラス」

 

CX-8に搭載されている「G-ベクタリングコントロール・プラス」技術は、ドライバーのハンドル操作に合わせてエンジンの駆動トルクを変化させる技術です。

この技術によって、

  • ドライバーは細かくハンドル操作をする必要が無くなるので、思った通りに走れる
  • 同乗者は、カーブなどで体の揺れが少なくなる
  • 高速走行や雪道走行でクルマが安定する

というメリットを受けることができます。

全国の新車ディーラーからオンラインで見積りが取れる。もちろん無料!

マツダ CX-8の新車価格とおすすめグレードは?

CX-8の車両価格は

25S 2WD 2,948,000円(税込)
25S 4WD 3,184,500円(税込)
25S PROACTIVE 2WD 3,406,700円(税込)
25S PROACTIVE 4WD 3,643,200円(税込)
25S L Package 2WD 3,968,800円(税込)
25S L Package 4WD 4,205,300円(税込)
25T L Package 2WD 4,352,700円(税込)
25T L Package 4WD 4,589,200円(税込)
25T Exclusive Mode 2WD 4,572,700円(税込)
25T Exclusive Mode 4WD 4,809,200円(税込)
XD PROACTIVE 2WD 3,828,000円(税込)
XD PROACTIVE 4WD 4,064,500円(税込)
XD PROACTIVE S Package 2WD 3,999,600円(税込)
XD PROACTIVE S Package 4WD 4,236,100円(税込)
XD L Package 2WD 4,434,100円(税込)
XD L Package 4WD 4,670,600円(税込)
XD Exlusive Mode 2WD 4,654,100円(税込)
XD Exlusive Mode 4WD 4,890,600円(税込)

となっています。

ディーゼルエンジンタイプのおすすめのグレードは、環境に配慮しつつもパワフルな走行が可能になっている、XD PROACTIVE。

クリーンディーゼルエンジンSKYACTIV-D 2.2を搭載しており、安全性能や装備のバランスが取れたグレードになっています。

ガソリンエンジンタイプについては、おすすめは25S PROACTIVEタイプ。

こちらも安全性能や装備のバランスが取れたグレードです。

マツダ CX-8の中古車在庫状況はコチラ

2019年11月 主な改良点

2019年11月28日により、CX-8の改良モデルが発売されます。

主な改良点は、次の通り。

 

更に乗りやすくなった3列シート

  • L Packageの2列目ベンチシートにワンタッチウォークインスイッチを追加
  • L Packageにナッパレザー素材を採用したウォークスルータイプのキャプテンシートを追加
    XD PROACTIVE S Packageにブラックのレザーシートを採用
  • 25S PROACTIVE、XD PROACTIVE、XD PROACTIVE S Packageにセカンドシート シートヒーター(左右席)を採用
  • ウォークスルータイプのキャプテンシート車(25Sを除く)に、2列目用カップホルダー&充電用USB端子を採用
  • 一部グレードの3列目シートに充電用USB端子を採用

 

悪路も走りやすい「オフロード・トラクション・アシスト」を搭載

新開発「オフロード・トラクション・アシスト」をAWD車に採用。

悪路における想定外のスタック時にも、AWDとトラクション・コントロール・システム(TCS)の協調によって接地輪への駆動力伝達を最大化して、悪路からのスムーズな脱出を実現。

さまざまな路面環境において安心・安全の走行性能を提供。

 

すべてのエンジンモデルで2WDと4WDを選択できる

SKYACTIV-G 2.5モデルにAWDを、SKYACTIV-G 2.5Tモデルに2WDを追加設定し、すべてのエンジンモデルにおいて2WDとAWDが選択可能。

 

静かで快適な室内空間へ

  • WVGAセンターディスプレイのサイズを大型化(7インチ→8インチ)
  • ルーフ部に塗布型制振材を採用し、雨粒がルーフを叩くことで発生する騒音を低減
  • 開閉及びチルトアップできる電動スライドガラスサンルーフ(チルトアップ機構付)を一部グレードに設定
  • サブトランクボックスの奥行きを拡大(ボーズサウンドシステム非装着車は84L(前モデル比+19L)、ボーズサウンドシステム装着車は56L(前モデル比+8L))

 

特別仕様車「Exclusive Mode」の専用装備

  • シートの前後スライドと背もたれの角度を調整できる2列目シートの電動スライド&リクライニング機構
  • シートと体の間の空気を吸い出して、蒸れや熱のこもりを解消する2列目シートのベンチレーション機能
  • スイッチ操作で2列目シートバックが倒れ、シートが前方にスライドする電動ウォークイン機能
  • 2列目シートのアームレスト付コンソール

 

新グレード「XD PROACTIVE S Package」の主な装備

  • ブラックのレザーシート(6人乗り/7人乗り)
  • 運転席及び助手席のシートヒーター&シートベンチレーション
  • 自動防眩ルームミラー(フレームレス)
  • 7インチマルチスピードメーター(TFTカラー)

 

さいごに

CX-8は、日本市場ではマツダの頂点に立つ、プレミアムSUVです。

3列シートのSUVの中では、2018年販売台数No.1。

高級感にあふれ、大人数でも快適なドライブが楽しめるSUVです。

全国の新車ディーラーからオンラインで見積りが取れる。もちろん無料!

 

rocky
ダイハツ ロッキー(DAIHATSU Rocky)の魅力を徹底解説|価格・エクステリア・インテリア・エンジンの特徴とは? そんな疑問にお答えします。 当記事を読めば、ダイハツ ロッキーの魅力が分かります。 2019年1...
NV150 AD
燃費の良い商用車のおすすめ10選|「JC08モード」と「実燃費」を比較して、本当に燃費の良いクルマを見分ける方法 そんな疑問にお答えします。 当記事を読めば、本当に燃費の良い商用車はどのクルマか分かります。 ビジネスに欠か...
LEXUS UX
燃費の良いSUVのおすすめ10選|「JC08モード」と「実燃費」を比較して、本当に燃費の良いクルマを見分ける方法 そんな疑問にお答えします。 当記事を読めば、本当に燃費の良いSUVはどのクルマか分かります。 SUVとは、ス...
エスクァイア
燃費の良いミニバンのおすすめ10選|「JC08モード」と「実燃費」を比較して、本当に燃費の良いクルマを見分ける方法 そんな疑問にお答えします。 当記事を読めば、本当に燃費の良いミニバンはどのクルマか分かります。 ファミリー層...