メンテナンス

タイヤワックスのおすすめ6選|見た目を美しくし、劣化を防止してくれる商品の選び方

タイヤ
男性
男性
最近、タイヤがくすんできたから、タイヤワックスを使ってみようと思うんだ。

どんな商品を選べばいいかな?

そんな疑問にお答えします。

当記事を読めば、タイヤワックスの選び方とおすすめ商品が分かります。

トラジロー
トラジロー
こんにちは、トラジローです。

タイヤワックスは、タイヤを長持ちさせるのに便利なアイテムです。

定期的にタイヤワックスを使うことで、タイヤにツヤが戻ってくる上、汚れがつきにくくなります。

また、見た目だけでなく、ひび割れなどの劣化を防いでくれる効果も期待できます。

今回は、そんなタイヤワックスの選び方とおすすめ商品について詳しく解説します。

 

タイヤワックスを使うメリット

タイヤワックスとは、タイヤのツヤを出し見た目を美しくするためのコーティング剤です。

定期的に使うことで、汚れでくすんだタイヤでもツヤや輝きを取り戻すことができます。

ほかにも、タイヤワックスには紫外線・油汚れなどによる劣化防止を防ぐ効果も期待できます。

ボディにワックスやコーティングを施すように、タイヤにもワックスを使うことで寿命が延び、ひび割れなどの劣化を防いでくれます。

 

タイヤワックスの選び方

「ツヤ出し」が目的なら油性、「劣化防止」が目的なら水性

タイヤワックスは、大きく分けて油性のタイヤワックスと水溶性のタイヤワックスの2種類があります。

 

油性タイヤワックス

油性タイプのタイヤワックスは、濡れたような上品なツヤが出るのが特徴です。

一度塗ればワックス効果が長期間持続するので、クルマの高級感を出したい人にピッタリです。

水をよく弾くので、梅雨時期はもちろん、悪路や水はけの悪い場所を走行する機会が多い人にもおすすめです。

ただし、石油系溶剤が主成分となっているので、水溶性タイプに比べるとタイヤの劣化が早くなることがあるので注意が必要です。

 

水性タイヤワックス

タイヤの劣化原因となる「石油系溶剤」が入っていないのが、水性のタイヤワックス。

タイヤの保護成分を補ってくれるので、深みのあるツヤを出すだけでなく、タイヤの寿命を延ばす効果も期待できます。

ただし、水性タイヤワックスは水に弱い性質があるので、油性タイプに比べると効果が薄れるのが早くなってしまいます。

 

手軽な「スプレータイプ」、持続性のある「塗り込みタイプ」

タイヤワックスには、「スプレータイプ」と「塗り込みタイプ」の2種類があります。

 

スプレータイプ

手軽さが魅力の「スプレータイプ」。

霧状や泡状のスプレーを吹き付けるだけなので、施工がとっても簡単です。

一般的に、ワックスがけは「ワックスがけの前洗浄」と「塗り終わった後の拭き取り」の2工程が必要ですが、スプレータイプのタイヤワックスの中には、洗浄不要・拭き取り不要のものもあります。

スプレーをかけるだけで済むので、簡単に施工できるのが魅力です。

 

塗り込みタイプ

ワックス効果の持続性を重視するなら、塗り込みタイプが断然おすすめです。

固形・液状・ジェル状の商品がありますが、どれを選んでも飛び散る心配が少なく、ボディやホイールが汚れにくいのが魅力です。

スポンジやマイクロファイバータオルにつけて塗り込む手間がかかりますが、美しいツヤに仕上がります。

 

配合成分をチェック

タイヤワックスには、洗浄剤・紫外線吸収剤など、商品によってさまざまな成分が含まれています。

 

洗浄剤入り

基本的に、タイヤワックスを使う場合は、タイヤをキレイに洗ってから使わないと効果が半減してしまいます。

でも、洗浄剤を含んでいるタイヤワックスならば、吹き付けるだけで洗浄とワックスコーティングが同時に行えます。

 

紫外線吸収剤入り

タイヤは、紫外線や空気中に含まれているオゾンによって徐々に劣化していきます。

紫外線吸収剤の入ったタイヤワックスを使えば、タイヤの劣化を防ぎ、長持ちさせることができます。

 

合成ゴム入り

走行距離が長くなると、いつの間にかタイヤに細かいキズが付いてくるものです。

そんなときにおすすめなのが、合成ゴム入りのタイヤワックス。

タイヤに付いた細かいキズの隙間を埋め、タイヤ表面をコーティングしてくれます。

キズやひび割れが目立たなくなるので、タイヤのツヤがより引き立ちます。

 

おすすめのタイヤワックス

シュアラスター タイヤコーティング+R S-89

タイヤ本来の自然なツヤと黒味を復活してくれるタイヤコーティング剤。

水性タイプなのでタイヤにやさしく、ベタつきません。

塗り込みタイプなので、ボディやホイールへ飛び散ることなく、初心者でも簡単に施工できます。

塗り重ねることで、好みに応じたツヤに調整可能です。

タイプ 水性
形状 固形

 

シーシーアイ(CCI) スマートシャイン タイヤワックス W-143

水性タイプのタイヤワックス。

高粘度のシリコンを配合しているので、スプレーして塗るだけでタイヤのツヤがよみがえります。

空気中のオゾンからタイヤをガードし、酸化からタイヤのひび割れを防ぐ効果も期待できます。

タイプ 水性
形状 液状

 

古河薬品工業 プロタイプ タイヤワックス 4L 34-041

大容量4Lの、プロ仕様タイヤツヤ出し剤。

専用スプレー容器が付属しているので、詰め替えて使うことが可能。

液だれがしにくく、少量で広範囲に塗り広げられるので、業務用におすすめです。

強力なシリコンが配合されているので、長期間タイヤを保護し、深みのあるツヤを実現してくれます。

タイプ 水性
形状 スプレー

 

SOFT99 ( ソフト99 ) ブラックマジック 02066

タイヤに塗るだけで、新品同様の深みのある黒々としたツヤを実現してくれる水性ワックス。

黒々した新品タイヤのような表面を保ち、白化したり茶色っぽくなるのを防いでくれます。

紫外線や汚れに強く、タイヤを長期間保護してくれます。

タイプ 水性
形状 固形

 

カーメイト 車用 タイヤワックス 超艶 ブライトマジック C34W

雨に強い油性タイプのタイヤワックス。

耐久性に優れているので、長期間ツヤツヤのタイヤを維持したい人におすすめです。

霧状に噴射されるミスとタイプなので、スプレー時にホイールに液だれしません。

紫外線を80%以上カットしてくれるので、色あせやひび割れ、劣化を防いでくれます。

タイプ 油性
形状 スプレー

 

axe 純油性タイヤワックス 手塗りタイヤワックス 500cc

水を一滴も含んでいない、純油性のタイヤワックス。

タイヤにしっかり密着するので、持続性や耐久性に優れています。

ワックスの伸びが良く、液だれしにくいのが特徴。

プロ並みの最上級タイヤワックスを施工したい人におすすめです。

タイプ 油性
形状 液状

 

さいごに

タイヤワックスは、タイヤを長持ちさせるのに便利なアイテムです。

定期的にタイヤワックスを使うことで、タイヤにツヤが戻ってくる上、汚れがつきにくくなります。

また、見た目だけでなく、ひび割れなどの劣化を防いでくれる効果も期待できます。

タイヤに美しいツヤが出ていれば、クルマ全体が引き締まって上品な雰囲気を演出することができるようになります。

 

 

タイヤ止め
タイヤ止めのおすすめ6選|用途に合わせたタイヤストッパーの選び方とは? そんな疑問にお答えします。 当記事を読めば、タイヤ止めの選び方とおすすめ商品が分かります。 タイ...
タイヤレバー
車用タイヤレバーのおすすめ6選|初心者でも使いやすい商品の選び方とは? そんな疑問にお答えします。 当記事を読めば、車用タイヤレバーの選び方とおすすめ商品が分かります。 ...
ヘッドライト
スポーツタイヤのおすすめ6選|種類と性能で選ぶ、目的に合ったタイヤの選び方 そんな疑問にお答えします。 当記事を読めば、スポーツタイヤの選び方とおすすめ商品が分かります。 ...
ギガクリスタル
ギガクリスタル MK-10Hの魅力を徹底解説|ワックスのようなヌルテカなツヤと、カッチリした輝きが魅力のガラスコーティング剤 そんな疑問にお答えします。 当記事を読めば、ギガクリスタルの魅力と施工時の注意点が分かります。 ...
RELATED POST