メンテナンス

シートベルトストッパーのおすすめ4選|固定方法別 使いやすい商品の選び方

男性
男性
妻が妊娠中だから、助手席にシートベルトストッパーをつけようと思っているんだ。

どんな商品を選べばいいかな?

そんな疑問にお答えします。

当記事を読めば、シートベルトストッパーの選び方とおすすめ商品が分かります。

トラジロー
トラジロー
こんにちは、トラジローです。

万が一交通事故に遭遇した際、危険から身を守ってくれるシートベルト。

でも、ベルトの圧迫感が苦手な人や妊婦にとっては、締め付けや擦れが気になってドライブを楽しめないことも案外多いものです。

そんなときに便利なのが、取り付けるだけでシートベルトの圧迫感を和らげてくれるシートベルトストッパー。

ベルト余りや擦れを防ぐ効果もあるアイテムです。

今回は、シートベルトストッパーの選び方とおすすめ商品について詳しく解説します。

 

シートベルトストッパーを取り付けるメリット

シートベルト

シートベルトストッパーを取り付ければ、シートベルトの過剰な巻き上げを止めることができます。

体調が悪いときや妊婦など、お腹を締め付けたくないという人が使えば、シートベルトによる圧迫感を抑えることができ、快適なドライブを楽しめるようになります。

また、大人と比べて体の小さな子供は、シートベルトの圧迫感が不快で車酔いする場合もあります。

安全性が心配されがちですが、正しく取り付ければシートベルト本来の安全機能を損なうことはありません。

 

シートベルトストッパーの選び方

「クリップ式」「マグネット式」の2種類から選ぶ

シートベルトストッパーには、クリップ式とマグネット式の2種類があります。

 

しっかり固定できる「クリップ式」

whrwhr引用:Amazon.co.jp

運転中の振動や衝撃でもはずれにくいのが、クリップ式のシートベルトホルダーです。

表面と裏面の2枚のパーツを開いてベルトを挟み込み、ガッチリと固定してくれます。

一度取り付ければ簡単にはずれたりしないので、いつも同じ座席に座る人が決まっている場合におすすめです。

 

調整しやすい「マグネット式」

dad引用:Amazon.co.jp

装着や調整しやすいのが、マグネット式のシートベルトです。

ストッパーに内蔵された協力マグネットの磁力で、簡単にベルトを固定できます。

簡単に装着できる分、シートベルトが巻き戻るときの衝撃や服とすれることで位置がずれやすいので、こまめにストッパーの固定状況を確認しながら使う必要があります。

 

対応ベルト幅を確認する

シートベルト

シートベルトの幅は、日本工業規格によって「46㎜以上」と決められています。

国産車の場合、一般的に52~53㎜が標準サイズとなっています。

市販されているシートベルトストッパーは、50㎜以上の幅に対応しているものがほとんど。

あらかじめ購入する前に、愛車のシートベルト幅を測っておくのがおすすめです。

 

目的に合わせた形状・デザインを選ぶ

シートベルトストッパー引用:Amazon.co.jp

さまざまな形状のシートベルトストッパーがありますが、目的に合わせて選ぶのがおすすめ。

車内のインテリアに合わせようと思ったら、内装色と同じカラーのストッパーを選べば、目立たず自然に使うことができます。

妊娠中に使うのであれば、できるだけ締め付けや擦れで体にストレスをかけないよう、薄くてコンパクトな形状のシートベルトストッパーを選ぶのがベスト。

サイズだけでなく、柔らかい素材でできたものを選べば、より負担が少なくなります。

 

おすすめのシートベルトストッパー

槌屋ヤック PF-351 ベルトクリップ

pf351引用:Amazon.co.jp

クリップ式のシートベルトストッパー。

ワンアクションでロックと解除ができるボタンが付いているので、調整が簡単です。

カーボン調のデザインなので、車内のインテリアをスポーティにまとめたい人におすすめ。

緊急時にはシートベルト本来の機能が作動するよう作られています。

タイプ クリップ式
対応ベルト幅 最大53㎜
槌屋ヤック PF-351 ベルトクリップ カーボン ブラック
槌屋ヤック(Tsuchiya Yac)

 

ギャルソン DAD シートベルトクリップ タイプ モノグラムレザーブラック HA542-01 D.A.D

dad引用:Amazon.co.jp

マグネット式のシートベルトストッパー。

純正シートベルトに挟むだけで簡単に取り付けることができます。

強力マグネットが内蔵されているため、好みの場所へ簡単に移動させることが可能。

内側の生地には、摩擦に強い本豚革をしようしているので、長期間使い続けることができます。

タイプ マグネット式
対応ベルト幅 最大53㎜
ギャルソン DAD シートベルトクリップ タイプ モノグラムレザーブラック HA542-01 D.A.D
ディー.エー.ディー(D.A.D)

 

WHRWHR 2 シートベルトストッパー

whrwhr引用:Amazon.co.jp

クリップ式のシートベルトストッパー。

耐久性のあるプラスチック素材でつくられているので、長期間使用できます。

シートベルト部品の一部であるかのような、シンプルなデザインが魅力です。

タイプ クリップ式
対応ベルト幅 最大53㎜
Doyeemei 調整可能なロックバックル運転または乗馬 テンション調整安全なカーシートベルトクリップストラップ カーシートベルトアジャスター 2個 Sliver
Doyeemei

 

Wittyware カーシートベルトアジャスター2個

シートベルトストッパー引用:Amazon.co.jp

クリップ式のシートベルトストッパー。

ABS樹脂が使用されているので、丈夫で長持ちします。

2個セットなので、運転席と助手席など、普段乗車する機会が多い個所に取り付けられるのが魅力です。

タイプ クリップ式
対応ベルト幅 最大53㎜
カーシートベルトアジャスター2個、シートベルトクリップ、テンションセーフシートベルトクリップ、ストラップストッパーバックルブラックシートベルトエクステンダーで肩と首をリラックス。
Wittyware

 

さいごに

シートベルトストッパーはとても便利なアイテムですが、正しく使わないと万が一の事故の際ケガしてしまう可能性があります。

保険適用がされないだけでなく、道路交通法違反に問われるリスクもあるので、

  • 緩めすぎはNG。ベルトを緩めるのは3㎝以下にする。
  • 妊娠中や体調が悪い時など、必要な時だけ使用する。

といった使い方がおすすめです。

 

 

シートカバー
車用シートカバーのおすすめ6選|「ドレスアップ」や「汚れ対策」など、目的に合わせた商品の選び方 そんな疑問にお答えします。 当記事を読めば、車用シートカバーの選び方とおすすめ商品が分かります。 ...
バケットシート
バケットシートのおすすめ6選|ドライビング目的に合った商品の選び方 そんな疑問にお答えします。 当記事を読めば、バケットシートの選び方とおすすめ商品が分かります。 ...
ハンドルスピンナー
ハンドルスピンナーのおすすめ6選|安全に装着するためのポイントは? そんな疑問にお答えします。 当記事を読めば、ハンドルスピンナーの選び方とおすすめ商品が分かります。 ...
ドリンクホルダー
車用ドリンクホルダーのおすすめ6選|スマホや電子タバコも収納できる便利なアイテム そんな疑問にお答えします。 当記事を読めば、車用ドリンクホルダーの選び方とおすすめ商品が分かります。 ...
RELATED POST