得する車の売り方

中古車の買取査定で、高額査定を引き出すための6つの交渉ポイント

車 握手
男性
男性
買取査定で、高額査定を引き出すための交渉方法が知りたい。

そんな疑問にお答えします。

当記事を読めば、中古車の買取査定で高額査定を引き出すための交渉ポイントが分かります。

トラジロー
トラジロー
こんにちは、トラジローです。

愛車を売る際は、できるだけ高く買い取ってもらいたいもの。

でも、数ある業者の中から愛車を一番高く買い取ってくれる1社を見つけようと思っても、なかなか難しいものです。

だからと言って何も調べずにクルマを売却してしまうと、数十万円損してしまうことだってあります。

愛車を高く買い取ってもらうには、一体どうすれば良いのでしょうか?

高額査定を引き出す方法は、実はとてもシンプルなんです。

その方法とは

  • 高く売るためのコツを押さえて、買取査定の事前準備をする
  • 高額査定を引き出すための交渉ポイントを押さえて、実際に店舗で売却交渉をする

の2点です。

今回は、高額査定を引き出すための交渉ポイントと、売却交渉方法について詳しく解説します。

 

高額査定を引き出すための6つの交渉ポイント

愛車を高く売ろうと思ったら、買取業者と交渉する際に押さえておきたい交渉ポイントがあります。

  1. 営業マンが観察しているものは何なのか知る
  2. 売却したい時期やその理由を伝える
  3. 買取希望額は言わない
  4. 大切に乗ってきたことをアピールする
  5. 営業マンとのコミュニケーションを大切に
  6. 売却を即決しない

それぞれ詳しく解説します。

 

営業マンが観察しているものは何なのか知る

売却したいクルマを中古車買取業者に持っていくと、査定士がクルマを査定してくれます。

クルマのキズやヘコミ、車内のニオイや汚れ、エンジンや足回りの状態など、さまざまな個所をチェックしてくれますが、店舗スタッフがそれ以上に注意深く観察しているものがあります。

それは、あなた自身のことです。

そもそもクルマの買取金額は、

  • 車種
  • 年式
  • 走行距離
  • クルマの状態

などが分かれば、ある程度の目安となる金額はすぐに分かります。

現在の中古車オークション相場や、過去の買取実績データを照らし合わせることで、買取金額の目安は算出できるようになっています。

ではなぜ、買取業者はあなた自身のことを注意深く観察するのでしょうか?

その理由は、

「あなたにどの程度の金額を提示すれば、クルマを売ってくれるのか」

を見極めようとしているからです。

つまり、中古車買取業者はクルマを査定するのと同時に、あなたのことも査定していると考えておいて良いでしょう。

 

営業マンはあなたのどこを観察するのか

来店のきっかけ

あなたがその中古車買取業者を選んだきっかけは、業者側としてはとても重要なポイントです、

  • インターネットで知った
  • TVCMや雑誌広告で知った
  • 知人・友人の紹介で知った

など、さまざまなきっかけが考えられます。

インターネットの一括査定サイト経由で来店した場合は、他の買取業者にも査定見積を依頼している可能性が高いと判断されます。

そのため、買取業者がそのクルマを買い取りたいと思った場合は、他社よりも高い金額を提示する必要があります。

反対に、知人・友人の紹介で来店したという場合は、中古車買取の仕組みや買取業者のことを詳しく調べていないという人も多いため、スムーズに買取手続きが進む可能性が高いと言えます。

当然、中古車買取業者側からすれば、安い金額で手間をかけずに買い取れる方がいいに決まっています。

中古車買取業者の営業マンは、あなたの来店のきっかけを知ることで、その後の交渉を有利に進められるかどうか判断していると思っていいでしょう。

 

電話の問い合わせ内容

中古車買取業者に、いきなりクルマを持ち込む人は少ないと思います。

いきなり持ち込んでも、すぐに査定してもらえるとは限りません。

また、たとえ査定してもらえたとしても

「この人は買取査定や相場について、あまり知らないのかもしれない」

と判断され、安い査定金額しか出してもらえない可能性があります。

そのため、事前に電話やメールなどで問い合わせするのがおすすめです。

買取業者は、この問い合わせを受けた時点から

「この人はどんなお客さんなんだろうか」

と、観察して見極めようとします。

電話では

  • 売りたいクルマの車種・年式・走行距離などの基本情報
  • 売却したい理由
  • どの程度の金額で売却したいのか
  • いつ頃までに売却したいのか

といったことを聞かれるかもしれません。

あまり細かくこちらの要望を電話で伝えてしまうと、その後の交渉が不利になってしまいます。

電話で伝えるのはクルマの基本情報程度にして、あとは実際に店舗に出向いて査定してもらいながら交渉を進めるのをおすすめします。

 

売却したい時期やその理由を伝える

いざ買取査定を依頼したとしても、まだクルマを手放す気持ちが固まっていないという人も多いのではないでしょうか。

そんな場合もちゃんと見積は出してもらえますが、査定士としては

「このクルマを売却したい」

と決めて査定に来てもらえる人の方が嬉しいに決まっています。

クルマを売却するかどうか分からない人に、頑張って高額査定を出しても無駄に終わってしまう可能性があるからです。

そのため、買取業者に

「この人はクルマを売却する気があるな」

と思ってもらうのが、高額査定を引き出すための重要なポイントです。

売却したいという意思を伝えるのに有効なのが、売却したい時期やその理由を伝えることです。

売却したい時期が分かれば、査定士はその時期の相場を予測して買い取ることができるため、高値を出してもらいやすくなります。

いつ売却するか分からないとなると、買い取ったクルマが長期在庫になってしまうことも考慮しなければならないため、低めの買取価格しか出してもらえない場合があります。

また、買取査定で提示された査定見積は、いつまでも有効というわけではありません。

大抵は、見積有効期限として2週間から1か月といった期限が定められています。

中古車市場は日によって相場が変化しているため、クルマの買取価格も相場の変動に大きく左右されるからです。

愛車を少しでも高く売りたいと思ったら、まずは売却したい時期を決めておく必要があります。

 

買取希望額は言わない

査定では、大抵「希望の金額はいくらですか?」といったことを聞かれます。

もしも

「これくらいの金額で買い取ってもらえたらいいな」

という金額をイメージしていたとしても、簡単に伝えてはいけません。

あまりに高すぎる金額を伝えてしまうと、

「この人は本当は売る気が無いんじゃないか」

と思われてしまうかもしれません。

反対に、もしも相場よりも安い金額を伝えてしまうと、買取業者は喜んでその希望額で買い取るでしょう。

そのため、「希望の金額はいくらですか?」などと聞かれても、

「相場が分からないので、一番高く買い取ってもらえるところに売る」

と濁しておくのが無難です。

「買取のプロ」である買取業者は、簡単に最高値(限界価格)を出してはくれません。

大抵は、最初に相場よりも安い金額を提示し、こちらの反応を伺おうとします。

事前に買取相場を調べておくことができれば、買取業者が出した見積金額を鵜呑みにせず、価格交渉を進めることができます。

 

大切に乗ってきたことをアピールする

中古車買取査定は、車検や法定点検のようにクルマの隅々まで細かくチェックするわけではありません。

そのため、本来はプラス査定になるような箇所も、見逃されて買取金額に反映されない場合があります。

  • オイル交換の頻度
  • 洗車やワックスがけの頻度
  • エアコンフィルターの交換
  • 社外品パーツや純正パーツの状態

などは、クルマを見ただけでは分かりにくいものです。

こうしたポイントは、どれだけ査定額に影響を与えるかはケースバイケースですが、少なくともマイナスにはなりません。

クルマの良い点をアピールしておけば、大切に乗られてきたクルマだと判断され、査定額がアップする可能性があります。

 

営業マンとのコミュニケーションを大切に

買取業者の営業マンも人間です。

極論を言えば、中古車の買取査定とは人と人との交渉事なんです。

だから高飛車な態度で高額査定を要求したり、他社の見積を引き合いに出して価格を比較し続けるだけでは、最高値(限界価格)は出してもらえないと考えておいた方が良いでしょう。

あなたが

「気持ちよく取引できる業者に売却したい」

と考えているのと同じく、買取業者の営業マンも

「スムーズに取引ができる人からクルマを買いたい」

と思っているはずです。

愛車を高く売却しようと思ったら、

「買取業者から1円でも高い見積を取ってやる」

という態度ではなく、

「少しでも高くクルマを買い取ってもらうにはどうすれば良いか」

という、「クルマを売り込む」という営業的な態度が必要になります。

相手より優位な立場に立ちたいという態度よりも、相手との信頼関係を築くというコミュニケーション重視の交渉であれば、トラブルが少なくスムーズに交渉が進みやすくなります。

 

売却を即決しない

クルマの査定が終わり、金額交渉も大詰めになってくると、買取業者は売却を迫ってくる場合があります。

「もしも今売却を決めてくれたら、あと数万円上乗せしますよ」

なんて言われたら、心が揺らいでしまうかもしれません。

でも、あなたはその場で売却を決めなければならない理由は無いはずです。

一旦店を出て、自宅でゆっくり売却するかどうかを考えてもいいんです。

たった数日間で、大幅に買取金額が下がるなんてことはまずありません。

また、1社だけでなく複数の買取業者に査定してもらうのがおすすめです。

買取業者によって、それぞれ得意とする車種が異なるため、業者が違うだけで10万円以上査定額が違ってくることもあります。

焦らず余裕を持って、高額査定してくれる業者を探す方が得します。

 

効率的に複数の業者から見積を取れる「一括査定」




複数の買取業者に査定を依頼しようと思ったら、連絡先を調べて電話をかけ、その都度クルマの情報を伝えたり、店舗へクルマを持ち込む必要があります。

でも、インターネットの「一括査定サイト」を利用すれば、一度の申し込みで複数の買取業者から概算見積を取ることができます。

車種や年式、走行距離などの必要事項を入力するだけで、複数の中古車買取業者から見積を取ることができるので、効率的に高額買取してくれる業者を探すことができます。

 

おすすめの車一括査定サイト

Ullo




60社以上の買取業者が、クルマを一斉に査定。

翌日の18時には、最大10社の査定額が一斉に開示されます。

査定額は、ネット上にずらりと一斉表示されるので、わずらわしい電話は一切ありません。

高額査定してくれた買取業者を厳選して、売却交渉することができます。

中古車一括買取査定【”いつのまにか査定”のUllo(ウーロ)】

ユーカーパック




最大5000社の価格を比較できるユーカーパック。

営業電話がかかってくることは無く、査定は提携ガソリンスタンドか自宅で1回のみ。

連絡も査定も、ユーカーパックから1回のみなので、わずらわしい電話や手続きが一切必要ないのが魅力です。

かんたん、安心、高く売れる!車が高く売りたいならユーカーパックにお任せ!

ガリバー




全国にある約550店舗を中心とした、約18000のネットワークを活用した車買取査定サイト。

買い取られたクルマは、全国のガリバーやオークション、海外店舗で販売されます。

年間取引台数は28万台と、中古車の買い取り台数はNo.1。

豊富な実績をもとに、適正な査定金額を提示してくれます。

あなたの愛車は今いくら?ガリバーの【無料査定はこちら】

一括査定.com



社団法人 日本自動車流通研究所(JADRI)の公式サイト。

査定してくれるのは、JADRIの厳しい審査と入会ハードルをクリアした優良買取業者のみ。

最大10社の見積を比較して、一番高く買い取ってくれる業者と交渉することができます。

万が一、査定時や買取時にトラブルが発生しても、連携先の一般社団法人 日本自動車購入協会(JPUC)の相談室が相談を受け付けてくれます。

【JADRI公式】一括査定.com

さいごに

買取業者は、中古車買取のプロです。

当然、高飛車な態度で高額査定を要求したり、他社の見積を引き合いに出して価格交渉されるのには慣れっこです。

そんな交渉のプロから高額査定を引き出すには、「愛車の良さを売り込む」という営業的な態度が必要になります。

相手より優位に立とうとせず、相手と信頼関係を築こうとするコミュニケーション重視の態度で臨めば、スムーズに交渉が進みやすくなります。

 

車 コイン
愛車を高く売るために、押さえておきたい7つのコツ そんな疑問にお答えします。 当記事を読めば、愛車を高く売るためのコツが分かります。 愛車を売る際...
信頼できる中古車買取業者
愛車の買い取り相場を調べるおすすめの方法|一括査定のメリット・デメリット そんな疑問にお答えします。 当記事を読めば、愛車の買取相場を調べるおすすめの方法が分かります。 ...
愛車を高く売るのに最適な時期とは?|クルマを高く売るための8つのコツを徹底解説 そんな疑問にお答えします。 当記事を読めば、愛車を高く売るのに最適な時期が分かります。 愛車を売...
中古車買取査定で、査定士はどこを重点的にチェックしているのか? そんな疑問にお答えします。 当記事を読めば、中古車買取査定で、査定士が重点的にチェックするポイントが分かります...