得する車の売り方

愛車を高く売るために、押さえておきたい7つのコツ

車 コイン
男性
男性
できるだけ高く愛車を買い取ってもらおうと思ったら、どんなことに気を付けておけばいいの?

そんな疑問にお答えします。

当記事を読めば、愛車を高く売るためのコツが分かります。

トラジロー
トラジロー
こんにちは、トラジローです。

愛車を売る際は、できるだけ高く買い取ってもらいたいもの。

でも、数ある業者の中から愛車を一番高く買い取ってくれる1社を見つけようと思っても、なかなか難しいものです。

だからと言って何も調べずにクルマを売却してしまうと、数十万円損してしまうことだってあります。

愛車を高く買い取ってもらうには、一体どうすれば良いのでしょうか?

高額査定を引き出す方法は、実はとてもシンプルなんです。

その方法とは

  • 高く売るためのコツを押さえて、買取査定の事前準備をする
  • 高額査定を引き出すための交渉ポイントを押さえて、実際に店舗で売却交渉をする

の2点です。

今回は、愛車を高く売るためのコツについて詳しく解説します。

 

愛車を高く売るための7つのコツ

愛車を高く売ろうと思ったら、買取業者で査定してもらう前に準備しておくべきことがあります。

  1. クルマの状態を把握しておく
  2. 下取りと買取の違いを理解する
  3. 買取相場を調べる
  4. 高く売れるタイミングに合わせる
  5. 付属品や必要書類を揃えておく
  6. 洗車する
  7. 複数の業者に査定を依頼する

それぞれ詳しく解説します。

 

クルマの状態を把握しておく

買取査定では、必ずクルマの状態をチェックされます。

具体的に、どこをチェックされるのでしょうか。

買取業者の査定士が中古車をチェックする際、重点的にチェックするポイントは主に5つの項目です。

  1. クルマの基本情報
  2. 外装状態
  3. 内装状態
  4. 修復歴
  5. エンジンや足回り

 

クルマの基本情報

クルマの基本情報とは、車種・年式・走行距離・グレードといった情報のことです。

こうした情報は、実際にクルマを査定してもらう前の問い合わせ段階で、買取業者に伝えておくのが一般的です。

 

外装状態

クルマに乗り続けていると、自然とあちこちにキズが付いてくるものです。

走行中に飛び石が当たったり、ドアノブ部分に細かなキズが付いてきます。

クルマは屋外を走行するものなので、日常的な運転で着いたと思われるキズやヘコミは、査定にほとんど影響しないと考えておいて大丈夫です。

ただし、1センチ以上のキズやヘコミのあるクルマは、買取査定でマイナス評価を受けてしまいます。

注意したいのは、マイナス評価されたくないからと言って、査定直前に車体のキズやヘコミを修理しても、かえって修理代の方が高くついてしまうことがあるということです。

キズやヘコミがあっても、そのままの状態で査定に出すのがおすすめです。

 

内装状態

内装でチェックされるポイントは、汚れとニオイです。

シートやフロアマットの汚れは、必ずチェックされます。

また、タバコやペットのニオイもチェックされます。

ニオイの染みついたクルマは、クリーニングしても完全に取り去ることが難しいため、査定額に影響が出てしまいます。

買取査定に出す1か月ほど前から、車内で喫煙を控えたり、車内をキレイに掃除しておけば、マイナス評価を避けられる可能性があります。

 

修復歴

修復歴車とは、事故や災害などの理由で、クルマの骨格(フレーム)を修復または交換したクルマのことです。

フレームを修復したり交換したクルマは、まっすぐ走る機能や安全性能に何らかの影響が出てくる可能性があるため、買取価格が大幅にマイナスされてしまいます。

修復歴が無ければ問題ありませんが、過去にフレームの修復歴がある場合は、どういった修復や交換がされたか、確認しておくのがおすすめです。

 

エンジンや足回り

エンジンをかけた際に異音がしないか、オイルやバッテリーの状態は正常かといった点を確認しておきます。

特に、エンジンルーム内にオイル漏れがあると、査定額がマイナスされてしまう可能性が高くなります。

査定前にボンネットを開けて、エンジンルームの状態を確認しておくのがおすすめです。

 

下取りと買取の違いを理解する

「下取り」とは、ディーラーなどで新しくクルマを購入する際、それまで乗っていたクルマを引き取ってもらうことです。

下取りしてくれるのは、新しいクルマを購入する店です。

クルマの購入と下取りは、セットになっているのです。

下取りは、あくまでも販売サービスの一環として提供されているものなので、「買取」と比べると査定額は低くなるのが一般的です。

これに対し「買取」は、中古車買取業者にクルマを売却することです。

新しいクルマに乗り換えるときだけでなく、必要なくなったクルマを手放すときにも利用できます。

買取の場合、人気車種や走行距離の少ないクルマは、査定額をアップしてもらえる可能性があります。

全国にある中古車買取業者の中から、好きな店を自由に選ぶことができるので、いくつかの買取業者を比較した上で、一番高く買い取ってもらえる買取業者に売約することができます。

 

買取相場を調べる

愛車を高く売ろうと思っても、売却しようとしているクルマの価値が分からなければ、買取業者から出された査定額が高いのか安いのか判断できません。

事前に買取相場を調べておくことで、安く買いたたかれることを防ぐことができます。

買取相場を調べる方法は、主に2つの方法があります。

 

中古車の販売価格から予想する

中古車買取業者が買い取ったクルマは、オークションに出品され、中古車販売業者が落札した後に販売されるというのが一般的です。

たとえば、100万円で販売されている中古車があるとすると、その金額には

  1. 中古車販売業者の利益
  2. 中古車販売業者がクルマを整備・保管しておくための費用
  3. 中古車買取業者の利益
  4. 中古車買取業者がオークションに出品するための手数料

などが、車両本体価格に上乗せされていることが考えられます。

それぞれの手数料や利益率は業者によって異なりますが、一般的に中古車買取業者がクルマを買い取る際の金額と比べて、3割から4割ほど上乗せされた金額が、そのクルマの再販価格に設定されている場合がほとんどです。

もちろん、人気車や希少車の場合は、更に利益率が上乗せされている場合もありますし、不人気車の場合は利益率が少ない場合もあります。

売却しようとしている車と同じような条件の中古車があれば、そのクルマの車両本体価格から3割~4割安い金額が、買取金額の目安と考えておいて良いかもしれません。

 

メーカーの下取り参考価格サイトを利用する

トヨタ自動車の公式サイトには、下取り参考価格を調べることができるページが用意されています。

個人情報を入力する必要は一切なく、無料で利用することができます。

全国のトヨタ正規ディーラーの下取りデータを基にした、下取り参考価格が表示されます。

トヨタの車種だけでなく、全車種・全メーカーのクルマの下取り相場が調べられるサイトです。

また、日産自動車の公式サイトにも、下取り参考価格をシミュレーションできるページが用意されています。

こちらも個人情報を一切入力する必要なく、下取り参考価格を調べることができます。

 

高く売れるタイミングに合わせる

クルマの買取価格が高くなる時期は、毎年決まっています。

  • 1月~2月
  • 7月~8月

の時期は、高く買い取ってもらえる可能性が高くなります。

その理由は、3月と9月が新車や中古車が最も売れる時期だからです。

特に3月は、就職などの新生活のスタートに向けて、新しくクルマを購入する人が増える時期です。

また、多くの自動車メーカーや新車ディーラーは、3月が決算月となっているため、1台でも多くクルマを売ろうと、販売強化に乗り出す業者が増える時期になっています。

9月は半期決算のタイミングなので、3月ほどではありませんが販売競争が激しくなる時期です。

こうしたクルマが売れる時期に合わせて、中古車販売店は事前に在庫を確保しておく必要があります。

中古車買取業者が中古車を買い取っても、整備や点検をする時間が必要になるため、店頭に並ぶまでには1か月ほどかかってしまうことがあります。

そのため、3月と9月に売るためのクルマの在庫を確保するため、

  • 1月~2月
  • 7月~8月

の時期は、少々高い金額でもクルマを買い取ってくれる業者が増えるのです。

 

付属品や必要書類を揃えておく

新車購入時に搭載されていた付属品は、買取査定でチェックされる重要なポイントです。

特に

  • 取扱説明書
  • 保証書(整備手帳)

などは、紛失した場合はマイナス査定されてしまいます。

  • 自動車検査証(車検証)
  • 自賠責保険証明書
  • 自動車税納税証明書
  • リサイクル券

など、売却時に必要な書類が揃っているか、査定前にチェックしておくのがおすすめです。

ほかにも、社外オーディオやカーナビ、マフラー、ホイール、エアロパーツなど、カスタムしたパーツがある場合は、純正品を用意しておいた方が高く売却できます。

純正パーツに戻しても良いのですが、戻す際に破損したりキズが付いてしまう恐れがあるので、純正パーツは用意するだけにし、カスタマイズされた状態で査定に出すのがおすすめです。

 

洗車する

あまりにもクルマが汚い場合、査定士から

  • 普段全くメンテナンスされてこなかったクルマかもしれない
  • 大切に乗られてきたクルマではないのかもしれない

と判断され、査定額が低くなってしまう可能性があります。

反対に、キレイなクルマであれば査定士の印象も良くなるので、汚れやニオイを理由に減額されることは無いでしょう。

高く買い取ってもらおうと思ったら、査定前に洗車や車内清掃をしておいて損はありません。

 

複数の業者に査定を依頼する

愛車の状態を把握し、買取査定に出す準備ができたら、いよいよ買取業者に査定を依頼します。

買取査定してもらう場合、1社だけにお願いするのは避けた方がよいでしょう。

複数の業者に査定を依頼し、それぞれ競合させて価格交渉することで、高い買取額を引き出すことができます。

複数の業者に査定を依頼するのは、面倒で難しいことのように思うかもしれません。

でも、あなたがやることは

  • 複数の買取業者に査定を依頼する
  • その中で最も高かった買取額を基準に、他店と交渉する

この2つだけなんです。

たったこれだけで、数万円から数十万円の差が出ることがあります。

 

効率的に複数の業者から見積を取れる「一括査定」




複数の買取業者に査定を依頼しようと思ったら、連絡先を調べて電話をかけ、その都度クルマの情報を伝えたり、店舗へクルマを持ち込む必要があります。

でも、インターネットの「一括査定サイト」を利用すれば、一度の申し込みで複数の買取業者から見積を取ることができます。

一括査定サイトでは、車種や年式、走行距離などの必要事項を入力するだけで、複数の中古車買取業者に一括で査定を依頼できるサービスのことです。

複数の買取業者へクルマを持ち込んで査定してもらうよりも、効率的に高額買取してくれる業者を探すことができます。

 

おすすめの車一括査定サイト

Ullo




60社以上の買取業者が、クルマを一斉に査定。

翌日の18時には、最大10社の査定額が一斉に開示されます。

査定額は、ネット上にずらりと一斉表示されるので、わずらわしい電話は一切ありません。

高額査定してくれた買取業者を厳選して、売却交渉することができます。

中古車一括買取査定【”いつのまにか査定”のUllo(ウーロ)】

ユーカーパック




最大5000社の価格を比較できるユーカーパック。

営業電話がかかってくることは無く、査定は提携ガソリンスタンドか自宅で1回のみ。

連絡も査定も、ユーカーパックから1回のみなので、わずらわしい電話や手続きが一切必要ないのが魅力です。

かんたん、安心、高く売れる!車が高く売りたいならユーカーパックにお任せ!

ガリバー




全国にある約550店舗を中心とした、約18000のネットワークを活用した車買取査定サイト。

買い取られたクルマは、全国のガリバーやオークション、海外店舗で販売されます。

2004年1月〜2017年10月での累計販売台数は60万台以上。

豊富な実績をもとに、適正な査定金額を提示してくれます。

あなたの愛車は今いくら?ガリバーの【無料査定はこちら】

一括査定.com



社団法人 日本自動車流通研究所(JADRI)の公式サイト。

査定してくれるのは、JADRIの厳しい審査と入会ハードルをクリアした優良買取業者のみ。

最大10社の見積を比較して、一番高く買い取ってくれる業者と交渉することができます。

万が一、査定時や買取時にトラブルが発生しても、連携先の一般社団法人 日本自動車購入協会(JPUC)の相談室が相談を受け付けてくれます。

【JADRI公式】一括査定.com

さいごに

車を高く売るために必要なコツとは、

  1. まずは愛車の価値を把握し
  2. 高く売れる状態にした上で
  3. タイミングを見ながら条件の良い見積を引き出す

ことです。

手間はかかりますが、コツを押さえておくだけで買取額に10万円以上差が出る場合もあります。

一括査定サイトなどをうまく利用すれば、効率的にクルマを高く売るための準備を進めることができます。

 

計算機
中古車の買取査定で、プラス評価されるポイントとは? そんな疑問にお答えします。 当記事を読めば、中古車の買取査定でプラス評価されるポイントが分かります。 ...
smile
中古車の買取査定で、マイナス評価されてしまうポイントとは? そんな疑問にお答えします。 当記事を読めば、中古車の買取査定でマイナス評価されるポイントが分かります。 ...
計算機
中古車買取査定で、査定士はどこを重点的にチェックしているのか? そんな疑問にお答えします。 当記事を読めば、中古車買取査定で、査定士が重点的にチェックするポイントが分かります...
車とお金
高く売れるクルマとは、一体どんなクルマなのか? そんな疑問にお答えします。 当記事を読めば、高く売れるクルマの特徴が分かります。 新しくクルマを購入する際に...