メンテナンス

洗車ブラシのおすすめ6選|ボディやホイールを傷つけにくいブラシ素材の選び方

洗車ブラシ
男性
男性
自宅で洗車する機会が多いから、洗車ブラシを買おうと思っているんだ。

どんな洗車ブラシを選べばいいのかな?

そんな疑問にお答えします。

当記事を読めば、洗車ブラシの選び方とおすすめ商品が分かります。

トラジロー
トラジロー
こんにちは、トラジローです。

洗車の際、あると便利なのが洗車ブラシ。

クルマのボディやホイールの汚れをキレイに落としてくれます。

でも、用途に合わない洗車ブラシを使ってしまうと、大切な愛車のボディやホイールにキズがついてしまうことも。

洗車ブラシは、クルマの汚れ具合や洗う場所によって最適な商品が違ってきます。

今回は、洗車ブラシの選び方とおすすめ商品について詳しく解説します。

 

洗車ブラシの選び方

洗車したい場所に合わせて素材を選ぶ

洗車ブラシの素材は、硬いものから柔らかいものまでさまざま。

素材を確認しておかないと、大切な愛車をキズつけてしまう可能性があります。

 

ボディにはキズが付かないよう、柔らかい「化学繊維」「動物繊維」がおすすめ

ボディ部分はキズが付きやすいので、柔らかめのブラシを使うのがおすすめです。

洗車ブラシでもっとも一般的なのが、化学繊維を使用したもの。

ポリエチレン(PE)やポリエチレンテレフタラート(PET)を使用し、内部を中空化したり毛先を柔らかくすることで、ボディを傷つけにくくつくられています。

ほかにも、馬毛や羊毛などの動物繊維の洗車ブラシを選べば、コシが柔らかいためボディにキズがつきにくくなります。

注意したいのは、どんなに柔らかい素材の洗車ブラシを選んでも、ゴシゴシこすってしまうとキズが付く可能性があるということ。

カーシャンプーをしっかり泡立てて汚れを浮かせ、やさしく洗い流していくのがおすすめです。

 

タイヤやホイールは、硬めの「植物繊維」「化学繊維」がおすすめ

汚れが落ちにくいタイヤやホイールは、ヤシや麻などの植物繊維やポリプロピレン(PP)などの硬い素材が使われているブラシを選ぶのがおすすめです。

コシが強く毛先までしっかりしたものが多いので、頑固な泥汚れや油汚れを落としやすいのが特徴。

ただし、ホイールがアルミ製の場合はキズが付きやすいため、柔らかめのブラシを使うのがおすすめです。

 

細かいパーツを丁寧に洗いたければ、部分洗い専用ブラシがおすすめ

フロントグリルやエンブレムなど、装飾効果が高くてキズを付けたくない場所を洗うには、部分洗い専用ブラシを使うのがおすすめです。

ブラシ部分が筆のように小さく、持ちやすい形状になっているので、細かい部分の掃除をしやすいのが特徴。

エンジンルームなど、手が届きにくい場所の掃除にも使えます。

 

ブラシの長さで選ぶ

ミニバンやSUVのように、車高が高いクルマを洗車する場合は、柄の長いブラシを使うと楽に洗うことができます。

届きにくいフロントガラスやルーフ部分にも簡単にブラシが届きます。

スポンジと併用する機会が多い人は、柄を伸縮できるタイプを選んでおけば1本でルーフからボディまで洗車できて便利です。

 

ホース取り付けや電動タイプを選ぶ

洗車ブラシには、ホースを取り付けられる通水タイプがあります。

ブラシから水が出るためホースを持つ必要がなく、片手で洗車することが可能。

ほかにも、電動タイプの洗車ブラシは丸形のブラシが高速回転して汚れを落とすため、高い洗浄効果が期待できます。

ホースや電源に接続して使える洗車ブラシを選べば、短い時間で効率的に洗車できるようになります。

 

おすすめの洗車ブラシ

YATSUYA PPカーウォッシュ 445520

ポリプロピレン(PP)素材でできた洗車ブラシ。

柔らかく加工されていますが、ボディを強くこすってしまうとキズが付きやすいので注意が必要です。

ホースを取り付けて使用することも可能。

洗車だけでなく、浴槽や網戸の掃除にも使える万能洗車ブラシです。

サイズ 全長380㎜
ブラシ素材 ポリプロピレン

 

マルテー東北石橋 洗車ブラシ(馬毛) ボディ用

馬毛100%の洗車ブラシ。

ホースを接続して水を出すことができるため、片手で簡単に洗車することができます。

カーシャンプーの泡立ちが良く、ボディを傷つけにくいのが魅力。

使用後は、しっかりと自然乾燥させて毛先が曲がらないよう保管する必要があります。

サイズ 全長430㎜
ブラシ素材 馬毛

 

Takagi 伸縮型パチット洗車ブラシ G271

78cm~124㎝に伸縮可能なロングブラシ。

ミニバンやSUVなど、車高の高いクルマのルーフ洗浄に便利です。

ブラシの材質は、ポリエチレンとPET樹脂。

泡立ちが良いので、ボディをキズ付けにくいのが魅力です。

ホースを接続して水を流すことができるので、クルマはもちろん家の外壁をキレイにしたいときも使えます。

サイズ W200mm×D105mm×H970mm
ブラシ素材 ポリエチレン、PET樹脂

 

TARO WORKS ホイール リム 洗車ブラシ ムートンファイバー

ホイールとリム専用の洗車ブラシ。

保水力に優れたムートンファイバーを使用しているため、ホイールをキズ付けることなく汚れをしっかり洗い落としてくれます。

耐久性にも優れているため、繰り返し利用できるのも魅力。

取っ手が持ちやすい形状のため、感覚が伝わりやすく疲れにくくなっています。

サイズ 24.4×8×5.8㎝
ブラシ素材 ムートン

 

AutoGo 洗車ブラシ 筆 ディテールブラシ 5本セット

クロス・スポンジ・洗車ブラシなどで掃除がしにくい、エンブレムの隙間などを掃除するのにピッタリな部分洗い専用ブラシ。

ブラシ部分が小さく持ちやすい筆タイプの形状になっているので、細かい部分を掃除しやすいのが特徴です。

柔らかい豚毛を使用したブラシなので、ボディを傷つけることなく安心して使えます。

ハンドルの先端に穴があるので、ストラップを付ければ掛けて干すこともできます。

サイズ 全長×直径約20.5×2cm、22×2.4㎝、22.5×2.7㎝、22.8×3㎝、23×3.3㎝
ブラシ素材 天然豚毛

 

プロスタッフ 洗車用品 魁 磨き塾 くるくる磨き丸 P-79

電池をセットするだけで使える、電動ハンディポリッシャー。

ブラシはキズが付きにくい先割れ加工が施されています。

さらに、パッドとマイクロファイバーパフを組み合わせることで、ボディの水アカ落としやキズ消し、ツヤ出しにも使えます。

電動タイプの洗車ブラシとしてだけでなく、ハンディタイプのポリッシャーとしても使える便利な商品です。

サイズ 225×176×82㎜
ブラシ素材 ポリ塩化ビニール(PVC)、マイクロファイバー

 

さいごに

洗車の際、あると便利なのが洗車ブラシ。

クルマのボディやホイールの汚れをキレイに落としてくれます。

でも、用途に合わない洗車ブラシを使ってしまうと、大切な愛車のボディやホイールにキズがついてしまうことも。

洗車ブラシは、クルマの汚れ具合や洗う場所によって最適な商品が違ってきます。

用途に合った商品を選べば、洗車が今よりもっと楽になります。

 

 

洗車
手洗い洗車と洗車機 それぞれのメリットとデメリットを比較してみた そんな疑問にお答えします。 当記事を読めば、手洗い洗車と洗車機のメリット・デメリットが分かります。 ...
setokaya
洗車用水切りワイパーのおすすめ4選|コスパに優れたシリコンワイパーの選び方 そんな疑問にお答えします。 当記事を読めば、洗車用水切りワイパーの魅力と、おすすめの水切りワイパーが分かります...
がんばりバケツ
洗車バケツのおすすめ6選|コスパに優れたバケツの選び方 そんな疑問にお答えします。 当記事を読めば、洗車用バケツの魅力とおすすめのバケツが分かります。 ...
chouchou
洗車フォームガンのおすすめ7選|コスパに優れたフォームガンの選び方 そんな疑問にお答えします。 当記事を読めば、洗車フォームガンの使い方と選び方が分かります。 洗車...