メンテナンス

社外パーツを取り付けているクルマは、買取査定でどう評価されるのか?

展示車
男性
男性
何十万円もかけてカスタマイズしたクルマに乗っているんだけど、当然高く買い取ってもらえるよね?

そんな疑問にお答えします。

当記事を読めば、社外パーツを取り付けているクルマが、買取査定でどう評価されるかが分かります。

トラジロー
トラジロー
こんにちは、トラジローです。

車好きな人は、オプションパーツや社外パーツを組み合わせて、自分好みのクルマにカスタマイズする人も多いと思います。

私も、以前乗っていたスカイラインR32に、社外エアロパーツを取り付けたり、マフラーやホイールを交換して乗っていました。

気が付けば、車両本体価格と変わらないくらいの金額を使って、クルマをカスタマイズしていたんです。

それだけお金をかけたクルマだから、売却するときはさぞ高額で買取してもらえるだろうと思ったのですが、買取業者から提示された買取金額は、予想をはるかに下回るものでした。

多くの買取業者は、社外パーツについては純正パーツほど高く評価してくれないことが多くあります。

高いお金を使ってカスタマイズしてきたクルマだからこそ、高く評価されて当然だと思いがちですが、現実は上手くいかないこともあります。

そこで今回は、カスタマイズしたクルマの上手な売却方法について、詳しく解説します。

 

社外パーツと純正パーツ

社外パーツとは、自動車メーカーやディーラー以外の業者が製造したパーツのことです。

純正パーツは、新車購入の際に取り付けられるパーツのことで、自動車メーカーやディーラーが製造しているパーツのことになります。

社外パーツの場合、エアロやマフラーなど、パーツごとに人気のメーカーがあります。

人気のエアロパーツメーカー
  • アドミレイション
  • エイムゲイン
  • ケンスタイル
  • 無限
  • ファブレス
  • C-WEST

など

人気のマフラーメーカー
  • 柿本レーシング
  • ギャルソン
  • トラスト
  • ギャルソン
  • アペックス
  • ブリッツ

など

社外パーツの魅力は、純正パーツにはないデザインや機能性を持っていることです。

種類が豊富でカスタマイズしやすいので、愛車を自分好みのスタイルに仕上げたい人にピッタリです。

でも、クルマの買取査定においては、社外パーツは評価されにくく、純正パーツの方が高く買い取られる傾向にあります。

その理由は、社外パーツが取り付けられたクルマよりも、純正パーツが取り付けられているクルマの方が売れやすいから。

当たり前ですが、買取業者はクルマを買い取った後、中古車として販売します。

売れにくい社外パーツが付いているクルマよりも、売れやすい純正パーツが付いているクルマの方が高く評価されるのは、当然かもしれません。

 

社外パーツが取り付けられていても、高く買い取ってもらう方法

社外パーツが取り付けられているクルマでも、ちゃんとパーツの価値を評価して高く買い取ってもらえる場合があります。

その条件とは

  • 人気のパーツ、質の良いパーツを取り付けている
  • しっかりとメンテナンスされている
  • 売却時期を見極める
  • パーツの価値が分かる買取業者に査定してもらう

の4点です。

この条件を押さえているクルマであれば、社外パーツが取り付けられていても高値で買い取ってもらえる可能性が高くなります。

 

【高額買取の条件】人気のパーツ、質の良いパーツを取り付けている

車の買取査定では、社外パーツを付けているよりも純正パーツを取り付けている方が高額査定になると言われています。

その理由は、社外エアロや社外マフラーなどが取り付けられたクルマは、買う人が限られてしまうからです。

でも最近では、人気の社外パーツが取り付けられているクルマであれば、高額査定してもらえる買取業者も増えてきています。

査定額がアップしやすい社外パーツは

  • 人気のブランドか
  • 取付や動作に不具合は無いか
  • 比較的新しいパーツか

といった内容がチェックされます。

 

カーナビやオーディオ

カーナビやオーディオは、純正品ではなく社外品を取り付けているという人は多くいます。

特にカーナビは、最新のものはインターネットに接続できたり、Bluetooth接続でスマホの音楽を自動再生してくれるものも増えています。

  • イクリプス
  • パナソニック
  • パイオニア
  • カロッツェリア

といったブランドであれば、人気機種が揃っています。

純正品よりも高性能なカーナビやオーディオが取り付けられていれば、プラス査定となる可能性は高いでしょう。

ただし、最近のカーナビは価格が安いので、査定額の大幅なアップは期待できないかもしれません。

 

エアロパーツ

社外エアロパーツで高額査定を引き出せる可能性があるのは、センスの良いデザインで全体を統一したフルエアロに限ります。

エアロパーツが取り付けられたクルマに関しては、日本自動車査定協会が査定基準を公開しています。

多くの中古車買取業者は、この日本自動車査定協会の査定基準を参考に、独自の買取基準を設定しています。

日本自動車査定協会が作成した「中古自動車査定基準及び細則」の中では、フルスポイラーの評価について明記されています。

フルスポイラーの評価

オプションでフロントスポイラー、両サイドスポイラー、リヤスポイラーがセットで取り付けられているものは加点することができる。

引用:中古自動車査定基準及び細則

この中で、車種別・年式別に加点される点数が決められており、乗用車の場合は最大7万円のプラス査定になることが書かれています。

注意したいのは、ここでの評価は純正のフルエアロを取り付けた場合の査定基準だということです。

標準装備でフルエアロが付いている場合は、プラス査定の対象になりません。

また、社外エアロパーツについてもプラス査定の対象とはなっていないのです。

社外エアロパーツは、同じ車種でも個体差によって取り付け後に隙間ができてしまう場合があります。

また、エアロパーツのデザインによっては、クルマ本来のデザインとは全く違った見た目に仕上がってしまう場合がります。

客観的に見て「カッコいい」状態に仕上がっていなければ、プラス査定にはなりにくいでしょう。

 

ホイール

軽量タイプのホイールや、高性能ホイールが取り付けられている場合、査定額がプラスになる可能性があります。

有名ブランドの高性能ホイールであれば、アルミやマグネシウム素材が使われているものがたくさんあります。

こうしたホイールは耐久性に優れているので、少しくらい古くても高く評価してもらえる場合があります。

ただし、プラス査定になるのはキズや汚れが少ないホイールです。

たとえ高性能ホイールだったとしても、キズだらけの場合はかえってマイナス評価となる場合があるので、注意が必要です。

人気のホイールの場合は、取り外して専門店に売った方が高く買い取ってもらえるケースもあります。

 

マフラー

社外マフラーを搭載していると、プラス査定になりにくいのが実情です。

クルマのマフラーとは、正確には消音器の部分のみを指します。

排気ガスを排出するために、シリンダーから消音器までのパイプ部分は、エキゾーストパイプと呼ばれています。

エキゾーストパイプだけだと、音が非常にうるさいため、マフラーを取り付けて排気音を小さくしているのです。

社外マフラーを取り付けると、音が大きくなったり見た目が目立つようになります。

こうした「いかにも改造車」といった見た目や音を嫌がる人も多いため、社外マフラーを取り付けたクルマは買取査定で嫌がられる傾向があります。

もしも社外マフラーを取り付けている場合は、純正マフラーに交換しておくのがおすすめです。

 

【高額買取の条件】しっかりとメンテナンスされている

社外パーツでカスタマイズされているクルマは、コンディションが悪いものも多くあります。

走り屋系のパーツでカスタマイズされているクルマは、乱暴な走りをする機会が多いかもしれません。

また、VIP系のパーツでカスタマイズされている場合は、改造にお金をかけてあまりメンテナンスがされていないというクルマもあります。

毎日たくさんのクルマを査定している査定士が見れば、どのように乗られてきたクルマかすぐに分かります。

メンテナンスがしっかり施されていなかった場合は、中古車として販売された後すぐにトラブルが起きる可能性があります。

そのため、クルマのコンディションが悪いと判断されると、高く買い取ってもらえません。

純正パーツが取り付けられているクルマと同じく、エンジンの状態や車内の清掃状態、消耗品の劣化具合など、査定では細かくチェックされるので、日々のメンテナンスは重要です。

せめて、買取査定前にはキレイに洗車して、車内のゴミや不要な荷物を片付けておくのがおすすめです。

 

【高額買取の条件】売却時期を見極める

社外パーツの中には、時期によっては高額で買い取ってもらえる場合があります。

時期によって買取価格が違ってくるのは、スタッドレスタイヤ。

スタッドレスタイヤは、冬になると需要が高まります。

そのため、10月頃にスタッドレスタイヤを装備したクルマを売却すれば、査定額がアップする可能性があります。

もしもスタッドレスタイヤとノーマルタイヤを持っていて、ノーマルタイヤを装備している場合は、タイヤ買取専門店にスタッドレスタイヤを持ち込んでみるのもいいかもしれません。

 

【高額買取の条件】パーツの価値が分かる買取業者に査定してもらう

社外パーツを取り付けたクルマは、どこに売却するかで金額が大きく違ってきます。

一番安い金額になりがちなのが、ディーラーに下取りしてもらう方法です。

基本的に、ディーラーの下取りでは、社外パーツの価値は評価されません。

どうしてもディーラーに下取りしてもらいたい場合は、純正パーツに付け替えておくのがおすすめです。

でも、パーツの付け替えは面倒ですし、業者に依頼する場合は費用がかかってしまいます。

社外パーツを取り付けた状態でクルマを売却しようと思ったら、高く評価してもらえそうな買取業者を選ぶ必要があります。

買取業者は、業者ごとに独自の販売ルートを持っています。

そのため、業者ごとに買い取りたいクルマが違っており、その業者が普段扱っているジャンルの車種であれば、高額で買い取ってもらえる可能性が高くなります。

社外パーツを取り付けたクルマを欲しがる業者には、パーツの価値が分かる査定士が必ずいます。

そんなカスタムカーの買取を得意とする業者を探して、価値の分かる査定士に査定してもらうのがおすすめです。

カスタムカーを高く買い取ってもらえそうな業者を、1件ずつ訪ねて見積を取っていくのもいいのですが、ネットの一括査定サイトを利用すれば、数分で複数の業者から概算見積を取ることができます。

複数の業者から見積を取れば、高く買い取ってもらえそうな業者とのみ交渉を進めることができます。

 

おすすめの車一括査定サイト

Ullo




60社以上の買取業者が、クルマを一斉に査定。

翌日の18時には、最大10社の査定額が一斉に開示されます。

査定額は、ネット上にずらりと一斉表示されるので、わずらわしい電話は一切ありません。

高額査定してくれた買取業者を厳選して、売却交渉することができます。

中古車一括買取査定【”いつのまにか査定”のUllo(ウーロ)】

ユーカーパック




最大5000社の価格を比較できるユーカーパック。

営業電話がかかってくることは無く、査定は提携ガソリンスタンドか自宅で1回のみ。

連絡も査定も、ユーカーパックから1回のみなので、わずらわしい電話や手続きが一切必要ないのが魅力です。

かんたん、安心、高く売れる!車が高く売りたいならユーカーパックにお任せ!

ガリバー




全国にある約550店舗を中心とした、約18000のネットワークを活用した車買取査定サイト。

買い取られたクルマは、全国のガリバーやオークション、海外店舗で販売されます。

年間取引台数は28万台と、中古車の買い取り台数はNo.1。

豊富な実績をもとに、適正な査定金額を提示してくれます。

あなたの愛車は今いくら?ガリバーの【無料査定はこちら】

さいごに

カーナビやオーディオ、ホイールといった社外パーツは、人気のブランドのものが取り付けられていれば査定額がアップする可能性があります。

また、純正パーツが残っていれば、一緒に査定してもらうことで査定額がアップすることもあります。

査定前に純正パーツに付け替えようとしても、手間やお金がかかってしまいます。

また、パーツによっては上手く取り外せず、キズが付いたり跡が残ってしまうかもしれません。

さまざまな買取業者に査定してもらった上で、一番高く買い取ってくれる業者にそのままの状態で売却するのがおすすめです。

 

ボディカラー
どんな色のクルマが高く売れるのか?|人気色を選ぶだけでは、査定額がアップするとは限らない理由 そんな疑問にお答えします。 当記事を読めば、どんな色のクルマが高く売れるのかが分かります。 あな...
愛車を高く売るのに最適な時期とは?|クルマを高く売るための8つのコツを徹底解説 そんな疑問にお答えします。 当記事を読めば、愛車を高く売るのに最適な時期が分かります。 愛車を売...
車とお金
高く売れるクルマとは、一体どんなクルマなのか? そんな疑問にお答えします。 当記事を読めば、高く売れるクルマの特徴が分かります。 新しくクルマを購入する際に...
信頼できる中古車買取業者
愛車の買い取り相場を調べるおすすめの方法|一括査定のメリット・デメリット そんな疑問にお答えします。 当記事を読めば、愛車の買取相場を調べるおすすめの方法が分かります。 ...