得する車の買い方

自動車ローンの種類と特徴を徹底解説

ローン
男性
男性
クルマを買うのに、自動車ローンを利用しようと思っているけれど、自動車ローンは種類が多すぎてよく分からない。

そんな疑問にお答えします。

当記事を読めば、自動車ローンの種類と特徴が分かります。

トラジロー
トラジロー
こんにちは、トラジローです。

クルマを購入するのに、多くの人が利用するのが自動車ローンです。

自動車ローンとは、ディーラーや金融機関のローン制度を利用して、車両価格を分割で支払う方法のことです。

自動車ローンにはさまざまな種類がありますが、どれを選ぶのがお得なのでしょうか?

また、自動車ローンには審査があるため、誰でも簡単に利用できるというわけではありません。

今回は、自動車ローンの種類と特徴ついて詳しく解説します。

 

自動車ローンのしくみ

ローン

ローンとは、「貸し付け」を意味する英語です。

自動車ローンとは、ディーラーや金融機関にクルマの購入代金を貸し付けてもらう制度

高額な車両代金を支払うことが難しい場合、自動車ローンを利用することで、お金を借りてクルマを購入することができます。

借りたお金は、毎月分割で返済していくことになります。

お金を借りる際は、当然利息が発生するため、金額が多かったり借りている期間が長くなればなるほど、利息の割合も増えていきます。

利息は年利数%ではありますが、クルマは高額な買い物です。

支払う利息も高額になりがちなので、自動車ローンを組む際は支払総額をしっかり確認しておく必要があります。

月2万で新車ヴェルファイアなど高級ミニバンに乗れる! リースナブル

自動車ローンの対象となる費用は?

車と財布

自動車ローンは、車両本体の購入費用だけでなく、さまざまな用途に利用できるようになっています。

  1. クルマの購入時、カーナビやETC車載費など、オプション品の購入費用
  2. 中古車の購入費用
  3. 車検費用
  4. 修理費用
  5. 運転免許の所得

など、クルマに関するさまざまな用途に使えます。

こうした費用を自動車ローンに組み込むためには、

  • 同じ販売店で購入する
  • 注文書や契約書に記載しておく

などの条件が必要となる場合がほとんどです。

自動車ローンをさまざまな費用で利用したい場合は、事前に条件を確認しておく必要があります。

はたらくクルマの自動車保険

 

自動車ローンの種類は主に3つ それぞれのメリット・デメリット

自動車ローンは、大きく分けて

  1. ディーラーローン
  2. 銀行ローン
  3. 自社ローン

の3種類があります。

それぞれにメリット・デメリットがあるので、特徴を理解した上で自分に合った支払い形態を選ぶのがおすすめです。

 

ディーラーローン

ディーラー

ディーラーローンとは、主に新車の販売店が取り扱っているローンです。

カーディーラーと取引のあるカードローン会社に支払うため、「ディーラーローン」という名前がついています。

大手メーカーのディーラーになると、系列会社のローンが用意されている場合があります。

たとえばトヨタなら「トヨタファイナンス」、ホンダなら「ホンダファイナンス」という会社のローンが用意されています。

ディーラーローンを利用する最大のメリットは、審査の手軽さ。

ディーラーでクルマを購入する際にローン契約を依頼できるため、別な金融機関などに出向いて手続きを行う必要がありません。

また、ローンの審査も1時間程度で済んでしまうため、条件をクリアしていれば簡単にローンが組めます。

 

ディーラーローンのメリット
  1. クルマの購入時にローン契約できるため、別に手続きをする必要が無い。
  2. 審査時間が早い。
  3. ローンの返済が済むまで、クルマの所有権はディーラーにある。そのため比較的審査に通りやすい。

 

反対に、ディーラーローンを利用する最大のデメリットは、金利が高いということです。

金利が8%程度に設定されているところもあります。

銀行の自動車ローンであれば、金利は4%程度のところも多いため、どこを利用するかで返済金額が大きく違ってきます。

 

ディーラーローンのデメリット
  1. 金利が高い
  2. 多くは車両本体金額のみしかローンの対象にならない
  3. 最大返済期間が、銀行ローンに比べて短め
  4. 返済途中で事故を起こした場合、ローン残額を一括返済しなければならないケースもある
  5. ローン返済中は、勝手に売却や譲渡ができない

 

銀行ローン

車 コイン

銀行ローンとは、銀行などの金融機関が取り扱っているローンのことです。

銀行だけでなく、信用金庫やJAバンクなども取り扱っています。

その多くは「マイカーローン」という商品名で販売されており、クルマの購入費用や車検費用、修理費用などに使うことができます。

銀行ローンを利用してクルマを購入する場合は、まずは金融機関でローンに申し込んで融資をうけ、そのお金を一括で支払って購入することになります。

銀行ローンを利用する最大のメリットは、金利が低いということ。

ディーラーローンに比べて金利が低く設定されているため、支払総額を安く抑えることができます。

 

銀行ローンのメリット
  1. 金利が低い
  2. クルマの所有権は購入者のものになる
  3. ローンの返済途中でも、クルマの改造や売却・譲渡がしやすい
  4. 給与振込口座や公共料金引落し口座の設定がある場合や、住宅ローンを借りている場合などは、金利優遇措置を受けられる場合がある

 

反対に、銀行ローンを利用する最大のデメリットは、審査の厳しさがあります。

一般的には「安定継続した収入のある人」しか利用することができず、勤続年数などもチェックされる場合があります。

 

銀行ローンのデメリット
  1. 審査が厳しい
  2. 審査に時間がかかる
  3. 基本的に、金融機関の支店に出向いて申し込む必要がある

 

自社ローン

ミニ

自社ローンとは、クルマの販売店が独自に提供しているローンサービスのことです。

信販会社を通すことなく、販売店が独自に分割払いを受け付けるかどうかを判断します。

自社ローンの審査基準は、販売店ごとに決められていますが、一般的に通常の自動車ローンよりも審査が通りやすいのが特徴です。

自社ローンを利用する最大のメリットは、ディーラーローンや銀行ローンよりも審査基準が緩いということ。

アルバイトやパート、年金受給者など、安定した収入が無い場合ローン審査が通りにくくなりますが、自社ローンであれば利用できる可能性が高くなります。

 

自社ローンのメリット
  1. 審査基準が緩い
  2. 安定した収入の無い人や、携帯料金の滞納、自己破産の履歴がある人なども利用できる可能性がある
  3. 自動車販売店は貸金業者ではないため、金利は取れない。そのため、金利は0%。

 

反対に、自社ローンを利用する最大のデメリットは、支払総額が高くなるということです。

自動車販売店は貸金業者ではないため、金利を取ることは法律で許されていません。

そのため、自社ローンを利用しても金利は0%。

でも、それでは自動車販売店に何のメリットもありません。

自社ローンを展開する自動車販売店は、金利を取らない代わりに車両本体価格を上乗せしている場合がほとんどです。

上乗せされる金額としては、車両価格の10~20%程度となるのが一般的。

車種によっては、ディーラーローンを利用した方が総支払金額が安くなる場合が多くあります。

 

自社ローンのデメリット
  1. 支払総額が高くなる
  2. 保証金や保証人が必要になる
  3. 借入可能額は低く設定されている
  4. 短期間のローンしか組めない
  5. 自社ローンを取り扱っている販売店は少ない
  6. 返済が滞るとクルマを引き上げられてしまう

中古車は、「検索」⇒「捜索」してみましょう

【番外編】残価クレジットローン

車とお金

最近耳にすることが多いのが、残価クレジットローン(残クレ)です。

残価クレジットローンは、ディーラーローンの一種ですが、条件が特殊なので一般的なディーラーローンとは別と考えておいてよいでしょう。

ディーラーローンとの大きな違いは、クルマを購入する際、一定期間後に買い取ってもらうことを条件に含んでいるということです。

もしも5年後にクルマを買い取ってもらうことにすれば、その際の買取金額をあらかじめ購入金額から引いて、ローンの支払いを行うことになります。

残価クレジットローンを利用する一番のメリットは、通常のディーラーローンよりも支払う金額が少なくなるということ。

最初に差し引かれる買取金額は、新車価格の3割から4割程度に設定されることが多いので、その分毎月のローン支払い金額が安くなります。

 

残価クレジットローンのメリット
  1. 通常のディーラーローンよりも支払金額が少なくなる
  2. 通常のディーラーローンよりも金利が安くなる
  3. 買取価格が保証されている
  4. 頭金0でも新車に乗れる

 

反対に、残価クレジットローンの最大のデメリットは、クルマの利用にさまざまな制限がかかるということです。

将来の買取金額を保証するために、走行距離や汚れ、キズなどに制限がかかります。

また、どんなにクルマを気に入っていたとしても、契約期間を過ぎて乗り続けることはできません。

自分好みにクルマを改造しようとしても、大幅なカスタマイズはできない決まりになっています。

 

残価クレジットローンのデメリット
  1. クルマの利用に制限がかかる
  2. 所有権はディーラーにある
  3. 金利が割高
  4. 事故を起こした場合は追加料金が発生する可能性がある

 

さいごに

自動車ローンにはさまざまな種類があります。

一括で車両代金を支払うことが難しい場合、お金を借りてクルマを購入できるのが自動車ローンの魅力。

お金を借りると当然利息が発生するため、金額が多かったり借りている期間が長くなればなるほど、利息の割合も増えていきます。

支払う利息も高額になりがちなので、自動車ローンを組む際は支払総額をしっかり確認しておく必要があります。

【中古車毎日入荷中!】ガリバー中古車ご提案サービス

 

 

クルマ
中古車販売店を選ぶ際、気を付けておきたい7つのポイント そんな疑問にお答えします。 当記事を読めば、中古車販売店を選ぶ際に気を付けておきたいポイントが分かります。 ...
直線
競合させれば、新車が安く買える|新車の値引き交渉を成功させるために、知っておきたい3つの競合パターン そんな疑問にお答えします。 当記事を読めば、新車の値引き交渉で使える「競合」の方法が分かります。 ...
車と財布
新車の購入予算をしっかり設定できれば、欲しいクルマが無理なく購入できる そんな疑問にお答えします。 当記事を読めば、欲しい新車を無理なく購入するための、予算の設定方法が分かります。 ...
新車購入の際、契約書にサインする前に必ず確認しておきたい4つのポイント そんな疑問にお答えします。 当記事を読めば、新車購入の際、契約書にサインする前に必ず確認しておきたいポイン...