得する車の買い方

【最大航続距離は約400km】電動化したコンパクトラグジュアリーSUV「DS3クロスバック E-テンス」の特徴を徹底解説

Eテンス
男性
男性
DSオートモビルスから、DS3クロスバック E-テンスが発売されたね。

どんなクルマなの?

そんな疑問にお答えします。

当記事を読めば、DS3クロスバック E-テンスの特徴と魅力が分かります。

トラジロー
トラジロー
こんにちは、トラジローです。

2020年7月29日に発売された、DS3クロスバック E-テンス。

フランスらしいエレガントなデザインが魅力的なSUV「DS3クロスバック」のEVモデルです。

ミドルクラスSUVのフルEV車は、メルセデス・ベンツのEQCや

eqc引用:メルセデス・ベンツ

日産のアリア

aria引用:日産

などがこれまでに発売されていますが、コンパクトSUVのフルEVは初。

今回は、DS3クロスバック E-テンスの特徴について詳しく解説します。

 

DS3クロスバック E-テンスとは

Eテンス引用:DS Automobiles

DS3クロスバック E-テンスは、グループPSAの高級車ブランド「DSオートモビルズ」から2020年7月29日に発売されたクルマです。

ガソリン仕様のDS3クロスバックは、フランス本国では2018年に発表され、日本では2019年に発売されています。

そのDS3クロスバックのEVモデルである「E-テンス」は、2019年10月にワールドプレミアされました。

一度の充電での航続距離は、JC08モードで398km。

居住空間や荷室スペースも充実している、実用性とエレガントさを兼ね備えた電気自動車です。

 

主要諸元

車両サイズ 全長4120×全幅1790×全高1550㎜
ホイールベース 2560㎜
車両重量 1580㎏
パワーユニット 交流周期電動機 横置きFF
バッテリー容量 50kWh
最高出力 136ps/26.5kgm
最大トルク 260Nm(28.5kgm)/300-3674rpm
充電時間 急速充電器使用時は80%まで50分

 

DS3クロスバック E-テンスの特徴

1回の充電で約400kmの航続が可能

Eテンス引用:DS Automobiles

DS3クロスバック E-テンスには、最大出力136ps、最大トルク26.5kgmを発生するモーターが搭載されています。

バッテリーは、蓄電容量50kWhのリチウムイオン。

Eテンス引用:DS Automobiles

1回の充電での航続は、JC08モードで398kmを実現しています。

ヨーロッパでは、コンパクトセグメントの1日の走行平均距離は40kmとなっています。

計算上、週に1回の充電で済むことになります。

充電に必要な時間は、コンセント型普通充電(200V/3kW/15A)であれば約18時間で満充電に、約4時間弱で50kmの走行が可能になります。

ウォールボックス型普通充電(200V/6kW)なら9時間で満充電、約2時間弱で50kmの走行が可能。

急速充電はCHAdeMO規格に対応しているため、50kWなら約50分で80%の充電ができます。

 

広い居住空間を確保できるプラットフォーム

Eテンス引用:DS Automobiles

DS3クロスバック E-テンスには、電動パワートレインの搭載に合わせて設計されたプラットフォーム「eCMP」が採用されています。

容量50kWhのリチウムイオン電池は、車体中央付近のフロント下に搭載。

Eテンス引用:DS Automobiles

電動モーターはフロントに配置し、高性能ヒートポンプも標準で組み込まれています。

バランスの取れたプラットフォームで、スムーズな加速、重厚感のある乗り心地を楽しめるだけでなく、驚くほどの静寂性のある走りを実現してくれます。

居住空間や荷室スペースは、基本的にICE版と同じ。

フル5シーターのキャビンと約350リットルのラゲッジルームという、広い室内空間を確保しています。

 

3つのドライブモードが選べる

Eテンス引用:DS Automobiles

走行モードは3種類。

「NORMAL」のほか、

「ECO」 航続距離を最大化
「SPORT」 パワーとトルクを最大化

の3種類が選べます。

さらにこれらのモードとは別に、フォーミュラEのノウハウを応用した2種類のエネルギー改正システムも搭載しています。

Dモード 内燃機関のエンジンブレーキの挙動をシミュレーションし、自然な減速感を実現
Bモード 回生ブレーキが強めに作動する、ワンペダルドライブに近い運転を実現

好みに応じて、シフトレバーで選択できます。

 

まるで彫刻のようなデザイン

Eテンス引用:DS Automobiles

エクステリアは、DS3クロスバックならではの彫刻的なデザインをそのまま継承。

前走車や対向車の動きを解析し、自動調光を行うDSマトリクスLEDビジョンヘッドライト

Eテンス引用:DS Automobiles

クルマがロックされているときはドア面とフラットになるドアハンドルは、ロックが解除されたとき自動的に展開されます。

Eテンス引用:DS Automobiles

エグゾーストパイプのないリアビューは、シンプルで彫刻的な美しさにあふれています。

Eテンス引用:DS Automobiles

足元には、18インチのKYOTOアルミホイールを装着。

Eテンス引用:DS Automobiles

E-テンスの「E」をロゴアレンジした専用エンブレムも印象的です。

Eテンス引用:DS Automobiles

 

全8色のボディカラー

DS3クロスバック E-テンスのボディカラーは、全部で8色。

クリスタルパール

Eテンス引用:DS Automobiles

ブランバンキーズ

Eテンス引用:DS Automobiles

ノアールペルラネラ

Eテンス引用:DS Automobiles

ブルーミレニアム

Eテンス引用:DS Automobiles

オルアンペリアル

Eテンス引用:DS Automobiles

ルージュルビ

Eテンス引用:DS Automobiles

ウィスパー

Eテンス引用:DS Automobiles

ブランパールナクレ

Eテンス引用:DS Automobiles

となっています。

 

エレガントな伝統模様「クル・ド・パリ」が印象的なインテリア

Eテンス引用:DS Automobiles

インテリアで印象的なのが、センターコンソールに採用されているデザイン「クル・ド・パリ」。

多数のピラミッドが連なっているように刻まれた文様で、パリの伝統模様として有名です。

ほかにも、ダイヤモンド型にレイアウトしたスイッチやエアコン吹き出し口、7インチのタッチスクリーン、ヘッドアップディスプレイ、DS独自構造のレザーシートなど、造形や素材のクオリティは流石です。

 

レベル2相当の先進運転支援システム搭載

DS3クロスバック E-テンスには、最新の先進運転支援システム(ADAS)が搭載されています。

前走車や対向車の位置・距離を解析し、自動調光をしてくれる「DSマトリクスLEDビジョン」や、

Eテンス引用:DS Automobiles

任意のレーン位置をキープし、アクティブクルーズコントロールと統合制御する、レベル2相当の「DSドライブアシスト」、

視線を移動させることなく情報を読み取れる「ヘッドアップディスプレイ」

Eテンス引用:DS Automobiles

など、さまざまな先進運転支援システムが搭載されています。

 

グレードと価格

DS3クロスバック E-テンスのグレードは2種類。

ソーシック(So Chic) 499万円
グランシック(Grand Chic) 534万円

となっています。

ただし、ソーシックは受注生産。

グレードの違いは装備の差で、ソーシックは内装がファブリック、グランシックはナッパレザー&ファブリックとなっています。

 

さいごに

2020年7月29日に発売された、DS3クロスバック E-テンス。

フランスらしいエレガントなデザインが魅力的なSUV「DS3クロスバック」のEVモデルです。

ミドルクラスSUVのフルEV車は、メルセデス・ベンツのEQCや

eqc引用:メルセデス・ベンツ

日産のアリア

aria引用:日産

などがこれまでに発売されていますが、コンパクトSUVのフルEVは初。

居住空間や荷室スペースも充実している、実用性とエレガントさを兼ね備えた電気自動車に仕上がっています。

 

 

\新車売れ筋ランキング/
新車の無料見積ならMOTA!

今もっとも人気のモデルは?

 

 

ティーロック
フォルクスワーゲン「T-Roc(ティーロック)」の特徴を徹底解説|ちょうどいいサイズが魅力の、新型コンパクトクロスオーバーSUV そんな疑問にお答えします。 当記事を読めば、フォルクスワーゲンの新型コンパクトクロスオーバーSUV「T-Roc...
208
プジョー「新型208」「e-208」の特徴と魅力を徹底解説|ガソリンタイプとEVタイプのどちらを選ぶべきか? そんな疑問にお答えします。 当記事を読めば、プジョー新型208とe-208の特徴が分かります。 ...
1600
レトロなデザインを現代風にアレンジ!ケータハム スーパーセブン1600の魅力を徹底解説 そんな疑問にお答えします。 当記事を読めば、ケータハム スーパーセブン1600の特徴と魅力が分かります。 ...
plus four
【クラシックなのに新しい】モーガンの新型モデル「Plus Four(プラスフォー)」の魅力を徹底解説 そんな疑問にお答えします。 当記事を読めば、モーガンのPlus Four(プラスフォー)の特徴が分かります。 ...
RELATED POST