得する車の売り方

事故車は「修理」と「売却」、どちらがお得なのか?|判断基準を分かりやすく解説

事故
男性
男性
事故で壊れてしまったクルマを、修理するか売却するか迷っているんだ。

何を基準に判断すればいいの?

そんな疑問にお答えします。

当記事を読めば、事故車を「修理」した方がいいか「売却」した方がいいかという判断基準が分かります。

トラジロー
トラジロー
こんにちは、トラジローです。

事故で壊れてしまったクルマは、

  1. 修理して乗り続ける
  2. 買取業者に売却する
  3. 思い切って廃車にしてしまう

という3つの方法が考えられます。

でも、どの方法が一番いいのか分からないという人も多いのではないでしょうか?

今回は、事故車を「修理」するのか「売却」するのか、判断基準について詳しく解説します。

 

事故車を修理した方がいい場合

愛着があれば修理する

修理
  • どうしてもこのクルマでないと嫌だ
  • 大切に乗ってきたクルマだから、費用がかかっても元通りにしたい

と考えるのであれば、修理して乗り続けるべきです。

ただし、修理するとなると、状態によってはそれなりの費用がかかることが予想できます。

  • 大切な思い出が詰まっているクルマ
  • 希少価値の高いクルマ

であれば、売却せずに修理するのもいいかもしれません。

 

直る見込みがあれば修理する

修理工場

軽度な損傷で、直る見込みがあれば修理に出すのもいいでしょう。

車体の一部のみが損傷している場合や、損傷した箇所が小さい場合は、修理できる可能性が高くなります。

たとえばボディやバンパー部分が多少凹んでいるだけのものや、窓ガラスが割れた程度の故障であれば、バンパーやガラスを交換するだけで直すことができます。

ただし、故障内容によっては修理に出しても完全に直らない可能性もあります。

たとえばフレームが歪んでいる場合、、キレイに直せないとまっすぐ走行できないといった不具合が起こります。

特に、経年劣化の激しいクルマや走行距離の多いクルマの場合、修理しても完全に直せないことも多いので、

あと何年乗り続けたいか

を考えた上で修理するのがおすすめです。

 

修理費用が負担にならなければ修理する

コスト

エンジンが損傷するような大きな事故の場合、修理代金が100万円を超えてしまうことも珍しくありません。

事故車の修理費用の目安は

エンジンの修理 50万円~100万円
ドアの修理 3万円~15万円
バンパーの修理 1万円~20万円
フレームの修理 15万円~100万円以上

となっています。

もちろん、車種によっては更に高額になることは十分考えられます。

  • 車両保険が適用されるか
  • 修理代金を用意できるか

は、修理して乗り続けるうえで重要なポイントです。

 

事故車を売却した方がいい場合

大きなダメージを受けている場合

フレーム

基本骨格(フレーム)まで大きなダメージを受けている場合は、売却するのがおすすめです。

フレームまでダメージを受けた車両は、元の状態には戻せません。

後々不具合が発生する可能性が高くなってしまうんです。

いくら愛着があっても、大ダメージを受けたクルマに乗り続けるのは、安全面で不安が残ります。

また、修理しようと思っても費用が高くなってしまいます。

売却して新しいクルマを探す方が無難かもしれません。

 

売却する場合は、専門の買取業者に査定してもらう

事故車を売却しようと思ったら、

  • 一般の中古車買取業者に売却する
  • 新車ディーラーに引き取ってもらう
  • 事故車専門の買取業者に売却する
  • 個人へ売却する

といったいくつかの方法が考えられます。

おすすめは、事故車を扱う専門の買取業者へ売却する方法です。

事故車専門の買取業者は、海外への販売ネットワークを持っており、高品質な日本車を海外に高く販売できるところがあります。

こうした専門業者を上手に選べば、事故車であっても高く買い取ってもらえる可能性が高くなります。

 

おすすめの事故車専門買取業者

廃車ラボ

廃車ラボは、古い車や放置車、不動車、事故車など、不要になったクルマの廃車代行や買取を行ってくれる会社です。

もちろん普通に動くクルマも買取してもらえるのですが、いわゆる「ワケあり車」を専門に買取しているのが特徴。

廃車ラボに依頼すれば、不要になったクルマを完全無料で引き取ってもらえます。

また、廃車ラボで廃車手続きすれば、自動車税の還付手続きも無料で代行してくれます。

廃車ラボに依頼すれば、査定額の内訳をしっかり明記してくれるので、還付金をうっかり取りこぼす心配はありません。

 

\廃車完全無料/
【廃車ラボ】

 

さいごに

事故で壊れてしまったクルマは、

  • 修理して乗り続ける
  • 買取業者に売却する
  • 思い切って廃車にしてしまう

という3つの方法が考えられます。

愛着があり、費用を準備できるのであれば修理して乗り続けるのもいいかもしれません。

でも、大きなダメージを受けたクルマは、安全面で不安が残ります。

修理しようと思っても、費用が高くなってしまうため、売却して新しいクルマを探す方が無難かもしれません。

 

 

https://carup.life/taureview

smile
中古車の買取査定で、マイナス評価されてしまうポイントとは? そんな疑問にお答えします。 当記事を読めば、中古車の買取査定でマイナス評価されるポイントが分かります。 ...
事故車
水没車を「修理」するのか「手放す」のか、その判断基準とは? そんな疑問にお答えします。 当記事を読めば、水没車を修理するか、手放すか、その判断基準が分かります。 ゲリラ...
事故
中古車の「修復歴」「事故歴」「修理歴」とは、一体何が違うのか? そんな疑問にお答えします。 当記事を読めば、「修復歴」「事故歴」「修理歴」の違いが分かります。 中古車情報検...
RELATED POST