節約術

【失敗から学ぶ】レンタカー選びで押さえておきたい、4つのポイントとは?

気づき
男性
男性
初めてレンタカーを借りようと思っているんだけど、どんなことに注意すればいいの?

そんな疑問にお答えします。

当記事を読めば、レンタカー選びで押さえておきたいポイントが分かります。

トラジロー
トラジロー
こんにちは、トラジローです。

大勢で旅行したり、出張先での移動手段として、レンタカーを借りる機会があると思います。

普段レンタカーを利用しない人にとって、

  • どうやってレンタカー会社を選べばいいのかわからない
  • 安さだけで選んでしまうと、古いクルマやタバコ臭いクルマが用意されちゃうの?
  • もしも事故に遭ったりぶつけたりしたら、どうすればいいの?

なんて不安や疑問はたくさんあるはず。

今回は、よくある失敗事例をもとに、レンタカー選びのポイントについて詳しく解説します。

 

よくあるレンタカー選びの失敗談

クルマ スマホ

初めてのレンタカー選びでよくある失敗談が、「予想していたサイズと違った」ということです。

大人5人で旅行に行く予定なので、ミニバンを予約したつもりがコンパクトミニバンだった

なんていうのはよくある失敗談。

ほかにも、

  • 予約が混んでいて、希望のクルマを予約できなかった
  • 思ったより料金が高かった
  • 返却時間に間に合わなかった

といった失敗談もありがちです。

それぞれ、どうすれば良いのでしょうか?

 

\期間限定キャンペーン開催中/
全国のレンタカー最安値比較なら「レンナビ」

 

思っていたサイズと違った

レンタカーは、軽自動車からマイクロバスまでさまざまなサイズが用意されています。

サイズ選びのポイントは、数人で利用する場合は、1サイズ大きめの車種を選ぶということ。

特に旅行では、荷物やお土産などが増えがちなため、余裕を持ったサイズのクルマを選んでおくのがおすすめです。

 

旅行目的でレンタカーを選ぶ場合

旅行でレンタカーを予約する場合は、人数や荷物の量に合わせて車種を選ぶのがおすすめです。

2~3人で旅行する場合は、コンパクトカーやセダンタイプで十分でしょう。

ハスラー引用:スズキ

大人4人で旅行する場合は、ミドルサイズ以上がおすすめ。

rocky引用:DAIHATSU

それ以上の人数で移動する予定であれば、ミニバンやワゴンタイプを選ぶ必要があります。

ホワイトパール引用:TOYOTA

特に長距離を走る予定であれば、車内空間が広い車種を選んだ方が快適です。

 

荷物の運搬目的でレンタカーを選ぶ場合

一人暮らしの荷物を運ぶ程度であれば、引っ越し業者に頼まなくても、軽トラックや2トン車で済むかもしれません。

レンタカー会社によっては、トラックシートを貸してくれたり、幌付きのトラックが用意できる場合があります。

ほかにも、ビジネス目的であれば荷室の広いステーションワゴンも便利です。

注意したいのは、汚れやキズ。

あまりにもひどい汚れが付いた場合は、NOC(休業休車保障)で数万円請求されてしまうこともあります。

 

買い物や送迎目的でレンタカーを選ぶ場合

買い物や送迎など、普段使いでレンタカーを選ぶ場合は、軽自動車やコンパクトカーで十分かもしれません。

ワゴンR引用:スズキ

特に買い物の場合、入り口近くに軽自動車専用駐車スペースが設けられていることがあります。

スムーズに駐車できる上、取り回しがしやすく便利かもしれません。

大きな家具などを購入する場合は、荷室の広いステーションワゴンやミニバンもおすすめ。

グランエース引用:TOYOTA

レンタカー会社によっては、10分単位で借りられる短時間プランが用意されている場合があるので、使いたい時間だけ経済的にレンタカーを利用することができます。

 

予約が混んでいて、希望のクルマを予約できなかった

正月・ゴールデンウィーク・お盆など、連休期間中はレンタカーの予約が非常に込み合います。

特に人気の観光地周辺では、ミニバンやコンパクトカーの予約が何か月も前から埋まってしまうこともよくあります。

そのため、旅行プランを立てたら、早めにレンタカーを予約するのがおすすめです。

もしも予約できなかったとしても、あきらめるのは早いかもしれません。

直前にキャンセルが出て予約できる可能性もあります。

 

\期間限定キャンペーン開催中/
全国のレンタカー最安値比較なら「レンナビ」

 

思ったより料金が高かった

  • 同じエリア
  • 同じクラスの車種

を借りようとしても、レンタカー会社によって金額にかなりの差があります。

レンタカー会社には、大きく分けて大手レンタカー会社と格安レンタカー会社の2種類があります。

  • ニッポンレンタカー
  • トヨタレンタカー
  • タイムズレンタカー

などの大手レンタカー会社は、全国に多くの店舗があり、補償やサポートが充実しているのが特徴です。

一方、格安レンタカー会社の魅力は、なによりレンタル費用を安く抑えられるということ。

料金が安い分、補償やサポートは別料金となっている会社も多いようです。

 

返却時間に間に合わなかった

レンタカーのトラブルでありがちなのが、予定の返却時間までに返却できないということ。

少し遅れたくらいであれば多めに見てくれるレンタカー会社もありますが、営業時間を大幅に過ぎたタイミングで返却しようとしても受け付けてくれない場合があります。

旅行の場合は、観光予定ルートを事前にチェックした上で、時間までに返却できるような予定を組むのがおすすめです。

大手のレンタカー会社では、24時間営業の店舗も増えてきました。

早朝や深夜に出発・返却したい場合は、24時間営業店舗を選んだ方が便利です。

 

さいごに

  • せっかくの旅行だったのに、レンタカーが予約できずタクシーで移動する羽目になった
  • 引っ越しのためにトラックを借りたのに、荷物が入らなかった
  • 大人4人で乗るには狭すぎて、移動中雰囲気が悪くなった

なんてトラブルは避けたいもの。

レンタカー選びで失敗しないためには、

  • サイズ
  • 予約タイミング
  • 返却までのスケジュール

をしっかり確認しておくことです。

レンタカーは、一般的にコンパクトなサイズの車種になればなるほど料金が安くなります。

そのため、料金だけに目を奪われてしまうと、

  • 狭い
  • 荷物が載せられない
  • 補償やサポートが別料金になっていた

などのトラブルが起きる可能性があります。

同じエリア・同じクラスのレンタカーを借りようとしても、料金はレンタカー会社によって異なります。

できるだけ予算をかけず、快適に利用できるレンタカーを借りたいと思ったら、レンタカー比較サイトのレンナビを利用するのがおすすめ。

100社以上のレンタカー会社から、最安値を簡単に比較することができます。

 

\期間限定キャンペーン開催中/
全国のレンタカー最安値比較なら「レンナビ」

 

 

RELATED POST