得する車の買い方

未使用車・新古車・登録済未使用車の違いとは|登録済未使用車を購入するメリット・デメリット

車 コイン
男性
男性
新古車って本当にお買い得なの?

そんな疑問にお答えします。

当記事を読めば、未使用車・新古車・登録済未使用車の違いや、未使用車を購入するメリットとデメリットが分かります。

トラジロー
トラジロー
こんにちは、トラジローです。

新車や中古車を探していると、「未使用車」や「新古車」「登録済未使用車」というフレーズを目にすることがあると思います。

この「未使用車」「新古車」「登録済未使用車」とは、どのような車なのでしょうか。

「未使用車」「新古車」「登録済未使用車」を買うのは、本当にお得なんでしょうか。

今回は、そんな未使用車・新古車・登録済未使用車について解説します。

 

未使用車・新古車とは

数年前まで、カーディーラーによって、ナンバー登録のみがされた車のことを、「未使用車」「新古車」と呼んでいました。

でも、最近は「新古車」という言葉が使われることはほとんどありません。

その理由は、

中古車であるにも関わらず、新車であるような印象を与えるため、消費者の誤解を招きかねない

からです。

そのため、自動車公正取引委員会によって、「新古車」という言葉の使用が禁止されてからは「未使用車」という表現が使われるようになりました。

未使用車は、実際に日常生活で使用されていたわけではありません。

でも、ナンバーが登録された以上、法律上は中古車に分類されてしまいます。

一旦ナンバー登録されてしまうと、新車としてディーラーで販売することはできません。

そのため、中古車販売店が仕入れて、新車よりも値引きされて販売していることが多くあります。

★見積はオンラインで★欲しいクルマの新車価格が分かる

 

実は「未使用車」も間違い?

ナンバー登録のみがされた車を、「未使用車」と呼ぶことが多いのですが、最近はこの名前も使われることが少なくなってきています。

「新古車」「未使用車」という表現に対して、新車と誤認される恐れがあるとして、公正取引委員会が「不当景品類及び不当表示防止法(景品表示法)」の第12条に基づいて指摘したこともありました。

そのため、誰もが安心して車を購入できるよう、自動車公正取引協議会が「新古車」「未使用車」ではなく、「登録(届出)済未使用車」と表現するようにと定めました。

そのため現在は、「登録済未使用車」と表現されるようになっています。

 

なぜ、登録済未使用車ができるのか

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ナンバー登録のみがされた車が、なぜ中古車店などで販売されているのでしょうか。

さまざまな理由がありますが、最も多い理由は、新車ディーラーに課せられてたノルマを達成するためです。

メーカーとディーラーとの間では、毎月の販売目標台数が決められています。

この目標はかなり厳しく、目標を達成できるか否かで、ディーラーのインセンティブが変わってきます。

目標に達しないことが多くなると、他のエリアのディーラーに販売権を奪われてしまうこともあります。

そのため、目標台数に達していない新車ディーラーは、四半期ごとに不足している販売ノルマを満たすため、自社でナンバー登録のみ行うことがあります。

こうした車は、法律上は中古車扱いになります。

そのため、新車ディーラーで販売するわけにはいかず、オークションへ出して中古車として販売されることになります。

これが、登録済未使用車として販売されている車です。

最近では、こうしたノルマ達成のためだけに登録済未使用車を増やすことは禁止されるようになってきました。

それもそのはず、登録済未使用車を増やせば増やすほど、新車が売れにくくなるわけですから。

なので現在は、中古車市場に大量の未使用車が出回ることは少なくなりました。

こうした「ノルマ達成のため」の理由以外にも、「購入がキャンセルになった車を処分するため」といった理由で、登録済未使用車ができる場合などがあります。

全国の新車ディーラーからオンラインで見積りが取れる。もちろん無料!

 

登録済未使用車として購入できるのは、どんな車?

登録済未使用車の多くは、軽自動車です。

その理由は、普通車に比べて登録手続きが簡単だから。

軽自動車の場合は、各都道府県の軽自動車協会で登録が行われます。

また、普通車に比べて、登録に必要な税金や保管費用を安く抑えることができます。

そのため、軽自動車の登録済未使用車が市場に多く出回りがちです。

こうした現状から、普通車の登録済未使用車を探すのは非常に難しくなります。

わずかですが、フルモデルチェンジやマイナーチェンジの時期に、普通車の登録済未使用車が出回ることがあります。

また、決算期となる3月も、登録済未使用車が出る可能性が高くなる時期です。

普通車の登録済未使用車を狙う場合は、こうした時期に集中して情報収集するのがいいと思います。

★見積はオンラインで★欲しいクルマの新車価格が分かる

 

登録済未使用車は、新車と比べて本当にお得なのか

登録済未使用車の一番の魅力は、新車よりも安く買える場合が多いということ。

でも、本当に新車と比べてお得なんでしょうか。

希望に合った車種・色・オプションの登録済未使用車を見つけることができれば、お得に購入できる場合があります。

欲しい車種でもないのに、安いからと言って購入しても、お得感や満足感は得られにくいと思います。

欲しい車種の登録済未使用車を、タイミングよく見つけられれば、お得に購入できる可能性は高くなります。

全国の新車ディーラーからオンラインで見積りが取れる。もちろん無料!

 

登録済未使用車を選ぶメリット

新車よりも安い場合がある

登録済未使用車の一番魅力は、新車よりも安く買える場合があることです。

あくまでも、「安く買える場合がある」というのがポイントです。

登録済未使用車の車両本体価格は、基本的に掲示されている価格からの値引きはありません。

新車で購入する場合は、購入時期や交渉次第で値引き額が大きくなる場合があります。

希望車種の登録済未使用車を見つけた場合は、新車で購入する場合の見積と比較した上で購入するのがおすすめです。

 

納車が早い

登録済未使用車は、新車と比べて納車までの期間が短いのも魅力です。

新車で購入する場合、契約してから製造がはじまります。

でも、登録済未使用車の場合は、既にその場に車が用意されているわけです。

手続きや整備さえ完了すれば、すぐに乗れるのが登録済未使用車の魅力です。

 

税金が少なく済む

新車を購入する際は、自賠責保険や自動車税、自動車重量税と言った税金を支払う必要があります。

でも、登録済未使用車の場合は、こうした税金をディーラーがすでに支払っていることになります。

登録済未使用車を購入する際に支払うのは、自動車取得税のみという場合がほとんどです。

購入時の税金を少なくできるのは、登録済未使用車を購入するメリットと言えるでしょう。

 

中古車に比べ、車検が長い

中古車を購入した場合、車検の残り期間はどんなに長くても2年程度になるはずです。

車によっては、車検が付いていない場合もあります。

でも、登録済未使用車の場合は、3年近い車検が付いている場合がほとんど。

たっぷり車検期間がある車を購入できるのは、登録済未使用車を選ぶメリットになります。

 

登録済未使用車を選ぶデメリット

メーカーオプションを追加できない

登録済未使用車を選ぶ際、一番のデメリットとなりがちなのが、グレードや色、メーカーオプションなどを選ぶことができないという点です。

特に新車購入時に選ぶことができる「純正オプション」には、工場出荷時に取り付けられるメーカーオプションと、ディーラーで取り付けるディーラーオプションの2種類があります。

メーカーオプションは、基本的に工場出荷後に取り付けることはできません。

欲しい車種の登録済未使用車を見つけられたとしても、欲しいメーカーオプションが装備されていない場合も考えられます。

自分が望む条件をすべて満たした登録済未使用車は、なかなか無いのが現状だと思います。

 

傷や汚れがある場合もある

登録済未使用車の中には、展示車や試乗車として使われていた車もあります。

そのため、シートやフロアマットが汚れていたり、ボディにに傷が付いていたりする場合もあります。

新車との価格差を考えた上で、傷や汚れがあってもお得と判断できれば、登録済未使用車を選ぶ価値はあると思います。

 

希望車種に出会えるとは限らない

登録済未使用車として販売されているのは、ほとんどが軽自動車です。

人気車種になると、すぐに売れてしまうのが現状です。

また、普通車の登録済未使用車もあるにはあるのですが、数が少なくすぐに売れてしまう場合がほとんどです。

欲しい車種やグレードが決まっているのであれば、登録済未使用車情報をインターネットなどでマメにチェックしておく必要があるでしょう。

 

どうすれば登録済未使用車を購入できるのか

中古車販売店で情報収集

中古車販売店や一部のディーラーなどでは、店頭で登録済未使用車を販売しているところがあります。

近隣エリアで登録済未使用車を販売している店がないか、探してみるのが一番いいでしょう。

実際に車を見て、担当者と話ができた方が、安心して購入することができます。

 

中古車情報サイトで探す

どうしても登録済未使用車が欲しい場合は、中古車情報サイトで探すのがおすすめです。

できれば、実際に車を見に行ける距離の販売店に絞って検索するのがいいと思います。

希望条件を入力すれば、登録済未使用車を簡単に見つけることができます。

欲しい車が見つかったら、できるだけ早くメールや電話で問い合わせしておけば安心でしょう。

自宅から遠方の販売店だったとしても、通常の中古車と違って、新車に近い登録済未使用車であれば、品質面ではさほど心配する必要はないかもしれません。

こまめにチェックしながら、希望条件に合った登録済未使用車をさがすのであれば、中古車情報サイトを利用するのが効率的です。

 

全国の新車ディーラーからオンラインで見積りが取れる。もちろん無料!

目的・用途別で考える、失敗しない車選びのポイント そんな疑問にお答えします。 当記事を読めば、今のあなたにピッタリのクルマ選びのポイントが簡単に理解できます。 ...
車 営業マン
新車を試乗する際、必ず押さえておきたい7つのポイント そんな疑問にお答えします。 当記事を読めば、新車を試乗する際、必ずチェックしておきたいポイントが分かり...
モデルチェンジ前は、旧型モデルを安く買える可能性あり!|モデルチェンジ前に新車を買うメリット・デメリット そんな疑問にお答えします。 当記事を読めば、モデルチェンジ前に新車を買うメリットとデメリットが分かります。 ...
モデルチェンジ前は、旧型モデルを安く買える可能性あり!|モデルチェンジ前に新車を買うメリット・デメリット そんな疑問にお答えします。 当記事を読めば、モデルチェンジ前に新車を買うメリットとデメリットが分かります。 ...
RELATED POST