得する車の売り方

中古車購入する場合の予算の決め方

バランス
男性
男性
中古車を買おうと思っているんだけど、どのくらいの予算を考えておけばいいの?

そんな疑問にお答えします。

当記事を読めば、中古車を購入する場合の予算の決め方が分かります。

トラジロー
トラジロー
こんにちは、トラジローです。

中古車を購入しようと思ったら、まずは欲しい車種や用途に合った車種を選ぶことから始めることになります。

ある程度買いたい車種が絞れてきたら、次は予算について考えなければいけません。

欲しいクルマを買うために、どのくらいの予算を用意すればいいのかイメージするのは、慣れない人にとってはなかなか難しいもの。

安く買えるのに越したことはありませんが、あまりに安すぎる中古車を購入してしまうと、後々後悔することにもなりかねません。

そこで今回は、中古車の購入予算の決め方についてご紹介します。

 

中古車の購入予算を決める際、押さえておきたいポイント

現金一括払いで購入するか、ローンを利用して購入するか

中古車の購入に使える貯金が100万円あったとすれば、現金一括払いで購入する場合、諸費用込みで総額100万円までの中古車を購入することができます。

でも、ローンを組んで購入しようと思ったら、100万円を頭金として支払い、残額を毎月分割で支払うように設定し、より高いクルマを購入することも可能になります。

注意したいのは、ローンを利用する場合、金利が追加されるので支払総額は一括払いよりも増えてしまうということです。

無理な支払プランに設定してしまうと、ローンの支払いが滞ってしまい、せっかく買ったクルマを手放すことになってしまうかもしれません。

現金一括払いと分割払いのどちらを選ぶにしても、日々の生活費をしっかり把握したうえで、無理のない購入予算を設定する必要があります。

また、クルマは購入代金以外にも、月々のガソリン代や駐車場代、保険代など、さまざまな維持費が必要になってきます。

ローンを利用する場合は、月々の維持費との総額を考えたうえで設定しましょう。

現金一括で中古車を購入する場合も、購入予算の全額を使ってしまうのはおすすめしません。

仮に100万円の購入予算がある場合は、総額で70~80万円程度の中古車を選ぶのがおすすめです。

購入後、万が一トラブルが発生する可能性も考えたうえで、余裕を残しておきたいものです。

 

ローンを利用する場合は、月にいくら支払えるかを試算する

ローンを利用する場合は、月々の支払金額をの概算を知っておくことが大切です。

ローンは支払回数を選ぶことができるので、まずは支払い回数を決めます。

一般的には3年から5年のローンを組むケースが多いようです。

支払回数は、3年の場合は36回、5年の場合は60回払いとなります。

中古車販売店によっては7年(84回払い)のローンが組めるケースもあります。

注意したいのは、支払い回数が多くなればなるほど、金利が高くなり支払総額が高額になってしまうこと。

できれば支払回数は少なく設定するのがおすすめです。

月々の支払金額の目安としては、支払総額120万円の場合、5年ローンで月に約2万円、3年ローンの場合は月に約3万円となります。

月々の支払金額をイメージした上で、維持費との総額を考えておく必要があります。

 

支払い総額を確認する

中古車を購入する場合、車両本体価格以外にさまざまな諸費用がかかってきます。

大抵、中古車のプライスボードやチラシに掲載されている金額は、車両本体価格になっています。

100万円と書かれた中古車を買いたいと思っても、実際に必要となる金額は120万円程度になる場合がほとんどです。

諸費用の総額は、どんなクルマを買うかによって違ってきますが、だいたい10万円から30万円程度と考えておくのがいいでしょう。

一般的に、諸費用は「法定費用」と「代行費用」の2種類があります。

法定費用

自動車税

自動車重量税

自動車取得税

リサイクル料金

消費税

代行費用

車両登録代行費

車庫証明代行費

納車費用

クリーニング費

支払総額を確認するためには、買いたいクルマが絞れた時点で、販売店に見積を依頼してみるのがおすすめです。



車検の有無を確認しておく

中古車として販売されているクルマには

  • 車検整備付き
  • 車検整備別
  • 車検整備なし

の3種類があります。

車検整備付き

車検にかかる整備費用が、車両本体価格に含まれている。

ただし、代行手数料や税金は別途必要。

車検整備別

車検整備は行ってくれるが、車検に必要な車検整備費用は含まれていない。

車検整備無し

車検整備が行われていないクルマ。

別途申込が必要となる。。

車種によっては、高額な車検整備費用がかかる場合があります。

中古車を選ぶ際は、必ず車検の有無を確認しておくことが大切です。

 

中古車が安く買える時期を選ぶ

中古車は、時期によって価格が変わります。

中古車相場は市場のニーズによって変化しますが、一般的に5月~6月頃に安くなる傾向があります。

その理由は、春先はクルマを欲しがる人が少なくなるためです。

一般的に、2月~3月は新車が一番売れる時期になります。

多くの自動車メーカーの決算が3月になっているため、新車ディーラーは決算までに1台でも多く新車を売ろうとします。

ほかにも、新社会人など新しく車が必要になる人達の需要も増えるので、2~3月が一番新車が売れる傾向にあります。

新車が売れる時期には、乗り換えのため手放された中古車が市場に多く出回ります。

そのため、春先は中古車の数が多いけれど、クルマを欲しがる人は少ない時期となります。

状態の良い中古車を安く買いたいと思ったら、こうした安く買える時期を選ぶのもいいかもしれません。



下取り車がかるかどうか

今乗っているクルマから新しいクルマに買い替える場合は、下取りや売却に出して次のクルマの購入費用に充てることができます。

少しでも高く買い取ってもらえる買取店に売却できれば、それだけ次のクルマの購入費用に余裕が生まれます。

新しいクルマを購入する予定のお店で下取りしてもらうのもいいのですが、できれば数社に買取査定してもらうことをおすすめします。

1社だけに査定してもらっても、愛車の本当の価値は分かりません。

複数の買い取り業者に査定してもらえば、一番高く買い取ってくれるお店に売却することができます。

何社にも足を運ぶのが面倒であれば、ネットの一括見積サービスを使うのが便利です。

無料で出張査定に来てもらえる会社もありますので、時間をかけずに数社から見積を取ることができます。



さいごに

中古車は、新車に比べて安く購入できるのが魅力です。

そんな中古車購入のための予算を決めるのに大切なのが、どのような支払方法を選択するかということ。

現金一括購入する場合も、ローンを組んで分割払いする場合も、余裕を持った計画を立てることが必要になります。

中古車は、購入代金以外にも月々のガソリン代や駐車場代、保険代など、さまざまな維持費が必要になります。

購入後、万が一トラブルが発生する可能性も考えたうえで、余裕を持った購入予算を設定しておくのがおすすめです。

 

自分にピッタリ合う中古車の探し方とは そんな疑問にお答えします。 当記事を読めば,自分にピッタリ合う中古車の探し方が分かります。 中古車を闇雲に探...
ディーラー
高品質な中古車を買いたければ、ディーラー系中古車販売店に行くのがおすすめ そんな疑問にお答えします。 当記事を読めば、ディーラー系中古車販売店と一般中古車販売店の違いが分かります。 ...
中古車選びを失敗しないために、必ず押さえておきたい6つのポイント そんな疑問にお答えします。 当記事を読めば、中古車選びで失敗しないために、必ず押さえておきたいポイントが分かります。 ...
ディーラー
中古車の購入は、しっかりした保証が付いているかどうか確認しておこう|安心できる保証期間と保障内容は? そんな疑問にお答えします。 当記事を読めば、安心して中古車を購入するために必要な保障内容が分かります。 新車...
RELATED POST