得する車の売り方

車買取で二重契約してしまったらどうすればいいのか?|キャンセルできるタイミングとおすすめの対処方法

契約
男性
男性
少しでも高くクルマを買い取ってもらおうと、いろんな業者とやり取りしていたら、うっかり2社と売却契約を結んでしまって。

これってマズいよね?

そんな疑問にお答えします。

当記事を読めば、車買取で二重契約してしまった場合の解決方法が分かります。

トラジロー
トラジロー
こんにちは、トラジローです。

愛車を売却しようと思ったら、できるだけ高く売りたいと思う人がほとんどではないでしょうか?

車一括査定サイトなどを利用して、複数の業者に査定を依頼する際に、うっかり二重契約してしまうことがあります。

二重契約とは、2社以上の買取業者と愛車の売買契約を結んでしまうことです。

「そんなうっかりミス、自分は絶対に起こすわけがない」

なんて思っている人も、注意しておく必要があります。

あなたがあいまいな態度を取っていたり、売却をほのめかす言葉を伝えていた場合は、買取業者は

「クルマを売ってくれるつもりだな。あとは契約書を交わすだけだ。」

と勘違いしている可能性があります。

また、A社と売買契約を結んだ後で、B社から更に高い買取金額を提示されたら、その場でB社とも売買契約を結んでしまう人もいるかもしれません。

そんな二重契約を結んでしまうと、どんなトラブルが起きるのでしょうか?

また、一方の買取業者との売買契約をキャンセルするためには、どうすればいいのでしょうか?

今回は、車買取の二重契約トラブルと解決方法について詳しく解説します。

 

二重契約とは

鍵

車買取の二重契約とは、2社以上の買取業者とクルマの売買契約を結んでしまうことです。

愛車を売却しようと思ったら、車一括査定サイトなどを利用して複数の業者に査定を依頼する人が多いと思います。

複数の業者と売却交渉を続けていると、案外二重契約をしてしまうケースがあります。

 

よくある二重契約の事例

A社に査定してもらったところ、100万円の買取金額が提示された。

納得して売買契約を結んだが、その後に査定してもらったB社からは130万円の査定額が出た。

既にA社と売買契約を結んだ後だったが、簡単にキャンセルできるだろうと思い、B社とも売買契約を結んでしまった。

 

複数の買取業者に査定してもらった後、一番高い査定額を出してくれたC社と売買契約を結んだ。

その後D社からしつこく連絡があり、

「C社の査定額よりも高い金額で買い取るから、ぜひ売ってほしい」

と強引に契約を迫られ、ついD社とも売買契約を結んでしまった。

 

こうしたさまざまなケースが考えられますが、二重契約は大問題です。

もしも既に契約書を交わしてしまっている場合は、契約違反で損賠賠償を請求されても文句は言えません。

また、既にクルマの所有権が買取業者のものになっている場合は、他人のクルマを勝手に売買したことになり、横領罪に該当する可能性があります。

もしも二重契約してしまった場合、どうすれば良いのでしょうか。

 

二重契約してしまった場合の対処方法

キャンセルできるタイミングかどうかを確認する

カレンダー

買取業者に

「あなたの会社にクルマを売却したい」

と、口頭で意思表示している段階であれば、比較的スムーズにキャンセルすることができます。

また、たとえ契約書を交わしているとしても、必要書類が揃っていなかったりクルマの引き渡しがまだであれば、キャンセルできる可能性は非常に高いでしょう。

買取業者によっては、キャンセル料を請求される場合があるので注意が必要です。

 

必ず契約書を確認する

契約書

買取業者と売買契約書を交わした後の段階であれば、まずは契約書の内容を確認します。

契約書には、「キャンセル規定」について書かれた項目があるはずです。

業者によって異なりますが

  • 契約後にキャンセルすることができるのか
  • キャンセルできる場合は、どのタイミングからキャンセル料がかかるのか

など、さまざまなキャンセル規定が定められています。

契約書を交わしているということは、このキャンセル規定についても双方合意済みということになります。

二重契約してしまった場合は、契約書のキャンセル規定に則って手続きを進めることとなります。

 

「キャンセルできません!」と言われたらどうすれば良いのか

sorry

もしも契約書にキャンセル規定が書かれていなかったり、営業マンから

「キャンセルすることはできません!」

などと言われたら、どうすれば良いのでしょうか?

大手の中古車買取業者であれば、契約書にキャンセル規定が書かれていないということはまずありません。

もしも契約書にキャンセル規定が書かれていなかった場合でも、法律上はキャンセル可能です。

しかし、キャンセルする理由が二重契約となると、争った場合はあなたに落ち度があると判断され、キャンセル料を支払うことになると考えておいた方が良いでしょう。

 

高額なキャンセル料を請求されたら、どうすればいいのか

おカネバランス

タイミングによっては、

「既に売り先が決まっているため、相手に違約金を支払わなければならない。車の売却をキャンセルするのであれば、その違約金分も負担してもらう必要がある。」

といった理由で、高額なキャンセル料を支払わなければキャンセルできない場合も考えられます。

でも、こうしたタイミングを除き、オートオークションに出品する前段階だったり、新たな買い手が決まっていない段階では、買取業者が負担している費用は高くても数万円程度のはずです。

もしもキャンセル料が異常に高いと感じたら、実際にかかった経費の内訳と、合理的な根拠を教えてもらうのが一番です。

自分一人では解決できそうになければ、国民生活センターに相談するのもおすすめです。

国民生活センターとは、国が消費者のためにつくった消費トラブルの相談機関です。

相談員が、問題解決のためのアドバイスをしてくれます。

参考までに、消費者契約法では

第九条 次の各号に掲げる消費者契約の条項は、当該各号に定める部分について、無効とする。

一 当該消費者契約の解除に伴う損害賠償の額を予定し、又は違約金を定める条項であって、これらを合算した額が、当該条項において設定された解除の事由、時期等の区分に応じ、当該消費者契約と同種の消費者契約の解除に伴い当該事業者に生ずべき平均的な損害の額を超えるもの 当該超える部分

と定められています。

つまり、「当該事業者に生ずべき平均的な損害の額を超えるものは、無効とする」ということになっています。

愛車の売却をキャンセルしたとしても、高額なキャンセル料を支払う必要は無く、あくまでも「平均的な損害の額」をキャンセル料として支払うだけで済むとされているんです。

 

キャンセル料の相場とは?

バランス

消費者契約法では「平均的な損害の額」とありますが、クルマの買取契約をキャンセルする場合、具体的にどの程度の金額が買取業者側の「平均的な損害の額」なのでしょうか?

買取業者がクルマを買い取った後にかかる費用は、主に次の通りです。

  1. 出張査定にかかる人件費
  2. 引き取りにかかる人件費
  3. 陸送費
  4. 名義変更手数料や人件費
  5. 車内のクリーニング費用
  6. 車両の保管代
  7. オートオークション出品手数料

人件費については、具体的な金額を出すのは難しいでしょう。

ある程度の金額の目安が分かりやすいのは

陸送費 近郊エリアの場合は1万円から2万円程度
車内のクリーニング費用 5000円から1万5000円程度

などがあります。

キャンセルの意思を伝えるタイミングにもよりますが、無理なキャンセルをするとこうした費用が請求されると考えておいた方が良いでしょう。

 

二重契約トラブルを起こさないためのポイント

買取業者にあいまいな返事をしない

毅然とした態度で断る

複数の業者に愛車の買取査定をしてもらうと、それぞれの業者から売却してほしいと迫られることになります。

相手は買取のプロです。

何とかしてクルマを売ってもらおうと、あなたをその気にさせるためさまざまな条件を出してくるでしょう。

  • 「この金額で買い取れるのは、今日だけです」
  • 「ちょうどこの車種を欲しがっている人がいるので、今なら相場よりも高く買い取れますよ」

なんて営業トークで、売却を迫ってくるかもしれません。

営業マンに乗せられて、気が付けば即決する気はないのに契約書を交わしていた、なんてことになったら、二重契約トラブルを招くことにもなりかねません。

また、査定の際にあいまいな返事をしてしまうのも、トラブルの元です。

複数の業者に査定してもらう段階では、査定見積が出揃った後で売却先を決めたいということを、はっきりと伝えておく必要があります。

 

キャンセル規定をしっかりと明記している買取業者に売却する

書類を眺める男性

クルマの売買契約を交わした後に、買取業者とトラブルが起きた際は、契約書の内容に沿って解決していくこととなります。

そのため、契約書内にキャンセル規定が定められていないような業者とは、売買契約を交わさないのがおすすめです。

「契約書には書いていなくても、ちゃんと口頭で説明しています」

なんて言われても、簡単に信用できません。

余計なトラブルを増やさないためにも、きちんとした契約書が用意され、しっかりと内容を説明してくれる買取業者を選ぶのが安心です。

 

信頼できる買取業者だけが登録している一括査定サイトを利用する

信頼できる中古車買取業者

多くの買取業者が登録している車一括査定サイトは、あなたのクルマを高く買い取ってくれる業者が見つかりやすいというメリットがあります。

でも、どんな買取業者から連絡がかかってくるか分からないというのは、大きな不安要素です。

たとえ高く買い取ってくれそうでも、しつこい営業電話をかけてきたり、説明があいまいだったりしたら、トラブルになりかねません。

せっかく売るのであれば、信頼できる買取業者に売りたいと考える人も多いのではないでしょうか。

車一括査定サイトの中には、信頼性の高い業者しか登録できないサイトがあります。

 

「一括査定.com」は、厳しい入会審査をクリアした業者のみが登録できる



社団法人 日本自動車流通研究所(JADRI)が運営する「一括査定.com」は、JADRIの厳しい審査と入会ハードルをクリアした優良買取業者のみが登録できる車一括査定サイトです。

JADRIに加盟するためには、

  1. 紹介による入会
  2. 設立5年以上の法人
  3. 原則展示場保有、展示場無い場合は協議事項
  4. 過去5年以内に、メーター戻し摘発や、各媒体の出稿停止されていない
  5. 店頭・雑誌・WEBで修復歴表示など、自公協の指示通りの表示を尊守している
  6. 開示を定められた開示項目について開示すること(売買契約書など)

といった条件をクリアする必要があります。

サイトで必要事項入力後は、複数の業者から電話がかかってきますが、いずれも厳しい入会審査をクリアした信頼のおける業者のみとなっています。

安心な車査定をするなら一括査定.com

さいごに

車買取で二重契約してしまったとしても、基本的にキャンセルすることは可能です。

ただし、二重契約をキャンセルする場合は、既に交わされた契約内容に基づいて手続きを進める必要があります。

場合によってはキャンセル料が必要になるため、キャンセルのタイミングや支払金額についてかかれている項目にしっかりと目を通しておかなければなりません。

余計なトラブルを増やさないためにも、信頼できる買取業者を選び、査定の際にはあいまいな返事をしないよう心掛けておくのがおすすめです。

 

おカネバランス
車買取査定の契約成立後、キャンセルしようとしたら高額なキャンセル料を請求されたらどうすればいいのか そんな疑問にお答えします。 当記事を読めば、車買取の契約成立後、キャンセルしなければならなくなった際の手続きの進め方が分か...
毅然とした態度で断る
車一括査定サイト経由で査定を依頼した際、しつこく売却を迫られたらどうすればいいのか?|おすすめの対処方法を紹介 そんな疑問にお答えします。 当記事を読めば、車一括査定サイト経由で査定を依頼した際、しつこく売却を迫られた際の対処方法が分...
気づき
車一括査定サイトのよくある勘違い|必要事項を入力するだけでは、愛車の査定額を知ることはできないって本当? そんな疑問にお答えします。 当記事を読めば、車一括査定サイトを利用する際のよくある勘違いが分かります。 ...
車一括査定サイトのおすすめはコレ!|サイトの特徴を知って、愛車を一番高く買い取ってくれる業者を見つける方法 そんな疑問にお答えします。 当記事を読めば、それぞれの車一括査定サイトの特徴が分かります。 愛車...