得する車の売り方

新車を購入したいと思ったら、ディーラーに行く前に準備しておきたい5つのポイント

男性
男性
新車が欲しいけど、何から準備を始めればいいのか分からない

そんな疑問にお答えします。

当記事を読めば、スムーズに新車を購入するための準備の進め方が分かります。

トラジロー
トラジロー
こんにちは、トラジローです。

「そろそろ新しい車に買い替えたい」

と思ったら、最初に悩むのは新車にするか中古車にするかということではないでしょうか。

中古車の方が初期費用が安く済みますが、メンテナンス費用などを考えると、新車を選んだほうがお得な場合もあります。

新車は中古車に比べて本体価格が高くなりますが、人気車種を選んだり、定期的なメンテナンスを怠らないなどの心がけで、高く下取りしてもらえる可能性が高くなります。

私は今までに8台の車を購入してきましたが、そのうち5台は新車で購入しました。

車の買い替えは、次はどんな車に乗ろうかと考えているときが一番楽しいもの。

思い立ったらすぐにディーラーに行って、いろんな車に試乗してみるのもいいですが、事前準備をしておけば、理想の車をお得に購入できる可能性が高くなります。

今回は、新車を購入したいと思った際、ディーラーに行く前に準備しておきたいポイントを紹介します。

 

まずは買いたい車のイメージを固める

車を購入しようと決めたら、まずはどんな車に乗りたいかを考える必要があります。

欲しい車種が具体的に決まっているのであれば良いですが、そうでない場合は、まずはどんなタイプの車に乗りたいかを決めるのがいいでしょう。

用途や目的に応じて車のタイプを選ぶのもいいでしょうし、

ライフスタイルや家族構成を考えて、購入する車のタイプを選ぶのもいいでしょう。

いきなり車種を決めてしまうよりも、欲しい車のタイプを決めてから、各メーカーの車種を比較することをおすすめします。

実際にディーラーを訪問する際、メーカー毎に欲しいタイプの車種の見積もりを取ることができれば、価格交渉する際にも役立ちます。

新車を購入する場合、最初から車種を絞ってしまうよりも、大まかにどんなタイプの車に乗りたいかを決めておくのがおすすめです。

 

購入予算を決める

欲しい車のタイプが決まったら、次は購入予算について考えましょう。

同じ車種でも、グレードが高くなれば価格は高くなります。

せっかく新車を買うのであれば、誰だってできるだけいい車が欲しいもの。

でも、車を所有すると、毎月ガソリン代や駐車場代・保険代といった維持費も必要になってきます。

こうした維持費もかかることを前提に、無理のない購入予算を考える必要があります。

また、新車を一括で購入するか、ローンを組んで分割で支払っていくかは、貯蓄額や毎月の収入額に応じて選ぶ必要があるでしょう。

家賃や教育費・通信費など、車の維持費以外にも毎月決まった支出があるはずです。

家計を圧迫しすぎることのないよう、無理のない購入予算がいくらなのか、ちゃんと考えておく必要があります。

 

口コミやレビューは、参考程度にチェック

インターネットや雑誌に掲載されている、試乗レビューや実際に購入した人の口コミは、参考になるものがたくさんあります。

なかには辛口な批評もありますが、そうした批評も1つの意見として捉えておくのがいいかもしれません。

注意したいのは、あまりにも口コミやレビューをチェックするのに熱中してしまうと、他人の意見に流されてしまう可能性があります。

実際に新車を購入するのは、あなたなんです。

口コミやレビューを書き残している人とは、ライフスタイルや使用用途が全く同じなわけがありません。

あくまでも、参考程度にチェックしておくのがおすすめです。

 

買い替えを予定しているのであれば、今の車を査定しておく

新車に買い替えるのであれば、今所有している車をディーラーへ下取りに出すか、中古車買い取り店へ売却する必要があります。

ディーラーへ訪問する前に、あらかじめ買取店の査定を受けておけば、ディーラーから提示される下取り価格が高いのか安いのかを、その場で判断できます。

年式の古い車や、走行距離の多い車は下取り金額がつかない場合もあります。

その場合は、買取店に買い取ってもらう方がお得です。

ディーラー訪問前に、無料の一括査定サービスを利用して愛車の査定をしてくのをおすすめします。

高額の車査定会社を見つけるなら、一括査定.com

 

訪問するディーラーを探す

ディーラーとは、車を販売している販売店のことです。

各自動車メーカーが運営しているのが「正規ディーラー」。

中古車の買取や販売・整備工場などは「サブディーラー」となります。

新車を購入する場合は、基本的に正規ディーラーを訪問することになります。

ディーラーは、店ごとに販売価格やオプションなどが異なる場合があるので、目当ての車が決まったら、何店舗か訪問するのがおすすめです。

訪問したいディーラーの住所や営業日を調べたら、そこに目当ての車の試乗車があるかどうか、問い合わせしておきましょう。

アポ無しで訪問してもいいのですが、目当ての車の試乗車が出払っている場合や、用意されていないという場合もあります。

訪問前に、試乗予約をしておくと確実です。

★見積はオンラインで★欲しいクルマの新車価格が分かる

 

さいごに

新車を購入したいと思ったら、実際にディーラーを訪問する前に、様々な準備をしておくのがおすすめです。

買いたい車種が決まっているのであれば、すぐにディーラーに行って試乗してみるのもいいかもしれません。

でも、まずは欲しいタイプを絞ってから、各メーカーから発売されている車種を比較しておけば、思いもよらなかった魅力的な機能が搭載されている車種に出会えるかもしれません。

理想の1台に出会うために、ディーラー訪問前にちょっとした準備をしておくことをおすすめします。

 

新車の試乗をする前に、カタログを使ってチェックしておきたい7つのポイント そんな疑問にお答えします。 当記事を読めば、新車を試乗する前に、カタログを使ってチェックしておきたいポイントが...
車 コイン
新車購入の商談を成功させるために、覚えておきたい11のポイント そんな疑問にお答えします。 当記事を読めば、新車購入の商談をスムーズに進めるためのコツが分かります。 ...
新車見積書の取り方と、損しないための見積項目のチェックポイント そんな疑問にお答えします。 当記事を読めば、新車の見積書の取り方と、損しないためにチェックしておきたい見積...
ディーラー
高品質な中古車を買いたければ、ディーラー系中古車販売店に行くのがおすすめ そんな疑問にお答えします。 当記事を読めば、ディーラー系中古車販売店と一般中古車販売店の違いが分かります。 ...
RELATED POST