メンテナンス

クルマの寿命を延ばすために、心がけておきたい6つのポイント

男性
男性
クルマを長持ちさせるためには、どうすればいいの?

そんな疑問にお答えします。

当記事を読めば、クルマの寿命を延ばすためのポイントが分かります。

トラジロー
トラジロー
こんにちは、トラジローです。
  • 「普段愛車のメンテナンスなんてしないけれど、調子がいいから問題ない」
  • 「最近のクルマは頑丈につくられているから、少々乱暴に扱っても壊れたりしない」

なんて思っていませんか?

クルマは何万点もの部品が集まってできている機械です。

少しくらい荒っぽい運転をした程度では壊れないようにつくられていますが、変な方向に力を入れ続けるなど、部品に想定外の負荷がかかるような運転を続けていると、寿命が縮んでしまうことがあります。

もしかすると、普段の何気ないメンテナンス方法や運転動作が、愛車の寿命を縮める原因になっているかもしれません。

そこで今回は、クルマの寿命を延ばすために押さえておきたい、6つのポイントを解説します。

 

定期的なメンテナンスを怠っていないか

クルマに長く乗りたいと思ったら、定期的なメンテナンスを心がけておくのが大切です。

洗車はもちろんのこと、タイヤの空気圧や溝の深さも定期的にチェックしておく必要があります。

また、忘れてはならないのがエンジンオイルの交換です。

走行距離が短いとしても、エンジンオイルは時間とともに必ず劣化してしまいます。

できれば3000kmから5000㎞程度を目安に交換するのが良いとされていましたが、最近のエンジンオイルは性能が良いものも増えてきています。

自動車メーカーが交換を推奨する距離や、エンジンオイルの種類に合わせて定期的に交換するのがおすすめです。

 

クルマを長期間放置していないか

「忙しくてクルマに乗る機会が少ない」

といった日が続くと、エンジンやバッテリーにとってはあまり良くありません。

特にバッテリーは、基本的に常に放電しているものです。

そのため、エンジンをかけてクルマを動かさないと、バッテリーは充電されません。

気温や電気系統の使用量などにもよりますが、半年以上エンジンを動かさなかった車の場合、高確率でバッテリーが上がってしまうことがあります。

また、長期間クルマを動かさないのは、エンジンにとっても好ましくない状態となります。

エンジンをを動かす際は、さまざまな部品を滑らかに動かすためにオイルやグリースが潤滑します。

クルマを動かさないと、エンジンオイルやグリースが潤滑しません。

そのため、始動時に部品が傷ついてしまったり、エンジンがうまく回転しないことも考えられます。

クルマは長期間放置せず、定期的に動かしておくのがおすすめです。

もしも長期間クルマに乗らないことが分かっている場合は、バッテリーを取り外しておきましょう。

 

まめに洗車やワックスして、美しい塗装をキープしているか

時間がなかったり面倒くさかったりすると、なかなか洗車する機会が無いかもしれません。

また、洗車は頻繁にするけれど、ワックスやコーティングはやったことがないという人もいるかもしれません。

以前に比べると塗装の技術は上がってきたので、洗車やワックスをしなくてもある程度のボディの輝きは保てます。

でも、まめに洗車やワックスをしているクルマと比べると、美しさは格段に劣ります。

特にワックスやコーティングには、ボディに艶を与えると同時に塗装を守るという役割があります。

そのため、洗車やワックスをまめにしてきたクルマは、そうでないクルマに比べて塗装の劣化が少なくなっています。

 

「急」の付く操作をしていないか

急発進すると、エンジンや駆動系に大きな負担がかかります。

また、急ブレーキはタイヤやブレーキに大きな負担がかかる動作です。

こうした「急」の付く操作を繰り返していると、車両全体に大きな負荷がかかり続け、故障の原因となってしまいます。

緊急時以外は、「急」の付く操作をしないよう心掛けるだけで、クルマの寿命を延ばすことができます。

また、「急」の付く操作は燃費が悪くなる原因でもあります。

月々のガソリン代を節約するという意味でも、「急」の付く操作は控えるようにすべきです。

 

ハンドルを据え切りしていないか

ハンドルの据え切りとは、停車した状態でハンドルを回すことです。

停車状態でハンドルを動かすと、ステアリング機構に大きな負担がかかってしまいます。

基本的に、パワーステアリング搭載車の場合、据え切しても問題ないように設計されていますが、それでもステアリングやタイヤなどに大きな負担がかかるのは間違いありません。

停車時は、ハンドルを据え切りしないよう注意ておきましょう。

 

ギアを「P」レンジに入れるのは、サイドブレーキを引く前か後か

オートマ車の場合、停車する際はギアを「P」レンジに入れることになります。

「P」レンジに入れると、金属の爪でギアがロックされます。

そのため、坂道などでサイドブレーキを使わず、「P」レンジだけで停車してしまうと、金属の爪部分に大きな負担がかかってしまいます。

最近のクルマは、コンパクトカーでも1トン以上するものがほとんどです。

そんな重い車体を、金属の爪とギアだけで支え続けようとすると、場合によっては爪が折れてしまうかもしれません。

もしくは、爪がギアに噛みこんでしまい、外れなくなる危険性もあります。

オートマ車を停車させる際は

  1. ブレーキペダルを踏む
  2. サイドブレーキを引く
  3. ギアを「D」レンジから「P」レンジに入れる

という手順が、正しい操作方法になります。

反対に、オートマ車を動かす際は

  1. ブレーキペダルを踏む
  2. ギアを「P」レンジから「D」レンジに入れる
  3. サイドブレーキを解除する

という手順が正しい操作方法です。

 

さいごに

1台のクルマには、小さなネジなども含めると3万点以上の部品が使われています。

少しくらい荒っぽい運転をした程度では壊れないように設計されていますが、変な方向に力を入れ続けるなど、部品に想定外の負荷がかかるような運転を続けていると、寿命が縮んでしまうことがあります。

正しいメンテナンス方法や運転方法を知って実践すれば、愛車の寿命を延ばすことができます。

普段あまり気にすることがないポイントかもしれませんが、日々実践し続けているクルマとそうでない車では、数年後の状態に大きな差が出てきます。

車の車検・点検、オイル交換、修理・板金・塗装、パーツの持込み取付などができる【グーピット】

 

ハイブリッド車とガソリン車はどちらがお得なのか|メリットとデメリットを比較 そんな疑問にお答えします。 当記事を読めば、クルマの使い方によって、ハイブリッド車とガソリン車のどちらを選んだ...
クルマの寿命・耐用年数について|寿命かな?と思ったらチェックしておきたい3つのポイント そんな疑問にお答えします。 当記事を読めば、クルマの寿命や耐用年数が分かります。 長く同じ車を所有していると...
ワンオーナーの中古車を選ぶメリットは本当にあるのか そんな疑問にお答えします。 当記事を読めば、ワンオーナーの中古車を選ぶメリットとデメリットが分かります。 ...
中古車を買うメリットとデメリットを比較してみた そんな疑問にお答えします。 当記事を読めば、中古車を買うメリットとデメリットが分かります。 車を...