得する車の売り方

新車を安く購入できる時期とは?|値引き交渉が苦手な人でも、大きな値引きを引き出すための購入スケジュール

カレンダー
男性
男性
えっ、時期によって新車の値段って違うの?

そんな疑問にお答えします。

当記事を読めば、新車を安く購入できる時期が分かります。

トラジロー
トラジロー
こんにちは、トラジローです。

新車を購入するのであれば、少しでも安く買いたいもの。

新車は、時期やタイミングによって安く買える場合があります。

特に3月は、決算時期ということもあり、普段よりも大きな値引きが期待できます。

今回は、1年間を通して安く新車を購入できる時期と、大きな値引きを引き出すための購入スケジュールについて解説します。

 

3月は新車を安く購入できる可能性大

毎年3月は、自動車メーカーやディーラーの多くが決算期ということもあり、新車が安く購入できる可能性が高くなります。

決算期に新車が安くなるのは、メーカーからディーラーに対してノルマ達成の奨励金が出るからです。

メーカーとしては、少しでも年間業績を良くしたいもの。

販売台数を何とかして増やそうと、ノルマ達成の際はディーラーに販売奨励金を出すことになります。

ディーラーとしては、奨励金を貰うために、値引き額を大きくしても販売台数を増やそうとします。

これが、3月の決算期に新車が安く買える可能性が高くなる理由です。

注意したいのは、新車の登録日。

3月に販売した台数は、3月に登録された新車のみカウントされます。

3月に入ってから新車選びをしていたのでは、納車は4月以降になってしまう可能性が高くなります。

3月に新車登録をするためには、1月~2月頃から新車選びや交渉を始めておく必要があります。

★見積はオンラインで★欲しいクルマの新車価格が分かる

 

3月に新車を購入する場合のスケジュール

3月に安く新車を購入しようと思ったら、1月頃から欲しい車種を選び始めるのがおすすめです。

気になった車種があれば、試乗したり見積を取っておきましょう。

ライバルメーカーの車種の見積も取っておけば、比較しながら交渉を進めることもできます。

選んだ新車の購入契約書を交わすのは、遅くとも3月20日頃までがいいでしょう。

新車を登録する際に必要な、車庫証明書を取得するのにはだいだい1週間程度かかります。

必要書類が月末までに揃わないと、3月中に登録できないので、大幅な値引きは期待できなくなります。

ディーラー営業マンとの交渉をギリギリまで引き延ばすことで、更なる値引きが可能となる場合があります。

【新車売れ筋ランキング】今もっとも人気のモデルは?

現在乗っているクルマを手放す時期

新車を購入するにあたって、現在乗っているクルマを売却する場合も多いと思います。

愛車を高く売りたければ、1月~2月頃に売却するのがおすすめです。

中古車の販売台数が増えるのは、3月。

新生活に備えて、中古車を購入しようとする人たちが増える時期になります。

新車が納車されると同時に愛車を手放したい場合は、売却時期が4月以降になる可能性が高いので、高値で売却できる可能性が少なくなってしまいます。

クルマが無いと生活に支障をきたすようであれば、無理して1月~2月に売却する必要はありませんが、少しでも高く売りたければ、年明けに査定だけでも済ませておくのがおすすめです。

高額の車査定会社を見つけるなら、一括査定.com

中間決算の9月も安く購入できる可能性あり

3月が本決算の場合、中間決算は9月となります。

3月の決算期ほどではありませんが、ディーラーは9月の中間決算時期にも普段より値引きに応じてくれる可能性が高くなります。

 

9月に新車を購入する場合のスケジュール

9月に新車を購入しようと思ったら、7月頃から欲しい車種を選び始める必要があります。

7月・8月は夏休み時期ということもあり、ゆっくり時間をかけてクルマを選んだり、ディーラーを訪問する機会をつくりやすくなります。

営業マンと交渉する機会が取りやすければ、納得のいく価格まで値引きしてもらえる可能性が高くなります。

 

夏・冬のボーナス商戦を狙う

6月~7月は、夏のボーナス時期です。

この時期も、新車の登録台数が増える時期です。

  • ボーナスを頭金にして新車を購入したい
  • 夏のレジャー用に新車を購入したい

などの理由で購入する人たちが増える傾向にあります。

また、11月~12月は、冬のボーナスが支給される時期になります。

ディーラーによっては、1月から12月までの販売目標が設定されている場合もあるので、12月中の新車登録を条件に、値引きを引き出せる可能性があります。

夏・冬のボーナス時期には、ディーラーが毎年イベントやフェアを開催しています。

特に土日は来場者で賑わっている店舗も多く、ディーラー営業マンは1台でも多く新車を販売しようと気合が入ります。

こうしたイベントやフェアでは、目玉となる特価車が用意されることがよくあります。

マイナーチェンジ前のクルマや在庫車に、カーナビやETCなどのオプションを搭載した、フェア期間中だけ販売される限定車です。

ディーラーとしては、フェアが終了するまでにどうしても売りたいクルマです。

大幅な値引きを引き出せる可能性があるので、希望に合う車種であれば交渉する価値は大いにあります。

 

さいごに

新車は高価な商品なので、少しでも安く買いたいもの。

「値引き交渉なんて苦手」

という人でも、時期を選んで交渉すれば案外簡単に値引きに応じてもらえる場合があります。

新車の購入は

  • 欲しい車種選び
  • 見積
  • 価格交渉
  • 納車時期

などを計画的に進めることで、お得に購入できる可能性が高くなります。

全国の新車ディーラーからオンラインで見積りが取れる。もちろん無料!

買うなら新車?それとも中古車?|それぞれのメリット・デメリットを徹底比較 そんな疑問にお答えします。 当記事を読めば、新車と中古車それぞれのメリット・デメリットが分かります。 ...
特別仕様車は本当にお買い得なのか|メリットとデメリットを徹底比較 そんな疑問にお答えします。 当記事を読めば、特別仕様車を買うのが本当にお得なのかどうかが分かります。 夏や冬...
車と財布
新車の購入予算をしっかり設定できれば、欲しいクルマが無理なく購入できる そんな疑問にお答えします。 当記事を読めば、欲しい新車を無理なく購入するための、予算の設定方法が分かります。 ...
直線
競合させれば、新車が安く買える|新車の値引き交渉を成功させるために、知っておきたい3つの競合パターン そんな疑問にお答えします。 当記事を読めば、新車の値引き交渉で使える「競合」の方法が分かります。 ...
RELATED POST