得する車の買い方

ミニバン購入前に、チェックしておきたい10のポイント

男性
男性
ミニバンが欲しいけど、どれを選べばいいのか分からない

そんな疑問にお答えします。

当記事を読めば、あなたに合ったミニバンの選び方が簡単に分かります。

トラジロー
トラジロー
こんにちは、トラジローです。

我が家では、娘が生まれたのをきっかけに、車をミニバンに買い替えました。

ミニバンは室内空間が広いので、2人の娘と一緒に家族4人で出かけるのにとっても便利です。

妻はあまり運転が得意な方ではないのですが、ミニバンは視界が広い上、アラウンドビューモニターが搭載されている車種もあるので、車庫入れもスムーズにできています。

娘が生まれて10年以上経ちますが、我が家ではこれまでに3台のミニバンを買い替えました。

今回は、子育てにも最適なミニバンの特徴と、私がミニバンを選ぶ際にチェックしているポイントについて書いてみます。

 

ミニバンとは


そもそもミニバンとは、明確な定義が存在しない言葉です。

でも一般的に、3列シートを備えた定員が7~8人乗りのワゴンタイプの車のことを「ミニバン」と呼んでいます。

室内は乗車スペースとトランクスペースがつながっていて、屋根が高く、室内が広々しています。

乗車スペースとトランクスペースがつながっている車種には、「ステーションワゴン」や「ワンボックス車」もありますが、ミニバンとは屋根の高さやボディの形が違います。

ステーションワゴンのボディは、ボンネットが長い「2ボックス」タイプで、屋根が低く設計されていることが一般的です。

ワンボックスのボディは、屋根が高くボンネットがない「ワンボックス」タイプになっています。

ミニバンの場合は、ボンネットのある2ボックスタイプと、ボンネットの短い1.5ボックスタイプの2種類があります。

 

ミニバン選びのポイント

サイズで選ぶ

ミニバンを購入する前に、用途や駐車スペースに合ったサイズ・クラスを選ぶのがおすすめです。

たとえば、近所の買い物や子供の送り迎えがメインの用途であれば、コンパクトタイプのミニバンで十分かもしれません。

週末に家族や友人と長距離ドライブを楽しみたいのであれば、室内空間が広くて荷物をたくさん積める、大型のミニバンがおすすめです。

また、屋根付きの駐車場に停めることが多い場合は、車高もチェックしておく必要があります。

ミニバンは、立体駐車場に入らない車種も多くあります。

普段駐車することの多い、マンションの駐車場やコインパーキングなどの、屋根の高さを事前に確認しておくのがいいでしょう。

カタログなどで、全長・全高・全幅を必ずチェックしておくことをおすすめします。

★見積はオンラインで★欲しいクルマの新車価格が分かる

 

クラス(種類)で選ぶ

ミニバンには

ハイルーフ系

ロールーフ系

スモール(コンパクト)系

の3種類があります。

 

ハイルーフ系


ハイルーフ系のミニバンは、全高が1700mm以上と背が高いのが特徴です。

室内が広く、スライドドアが搭載されているなど、快適な乗り降りやドライブができます。

乗車する人数に合わせて、シートを自由にアレンジできるのも魅力です。

トヨタ ヴェルファイア

トヨタ ボクシー

ホンダ ステップワゴン

日産 エルグランド

日産 セレナ

など、人気車種が多いタイプです。

 

ロールーフ系


ロールーフ系のミニバンは、全高が1700mm未満と、ハイルーフ系に比べて背が低いのが特徴です。

見た目はステーションワゴンに近く、目線の高さはセダンなどとほぼ同じ位置になります。

トヨタ プリウスα

マツダ プレマシー

など。

ハイルーフ系に比べ、スポーティなハンドリングを楽しめる車種が多いのが特徴です。

 

スモール(コンパクト系)


スモールタイプのミニバンは、ボディサイズがコンパクトカーとほぼ変わりません。

取り回ししやすいので、狭い道での運転もスムーズです。

注意したいのは、サイズが小さいので3列目のシートが窮屈になってしまうこと。

ホンダ フリード

トヨタ シエンタ

など、街乗りにぴったりのサイズのミニバンです。

全国の新車ディーラーからオンラインで見積りが取れる。もちろん無料!

車体の高さで選ぶ

ハイルーフ系のミニバンは、高さが1700mm以上あるため、横風などの影響を受けやすくなります。

どうしても重心が高くなりがちなので、運転するときは注意が必要です。

ロールーフ系のミニバンの方が低重心のため、軽快なハンドリングで曲がることができる車種もあります。

また、乗り降りのしやすさも、車体の高さによって違います。

高齢者や子どもの場合、車体の高い車よりも、低い車の方が乗り降りしやすいかもしれません。

乗り降りのしやすさについては、普段車を運転する人はなかなか気づかないものです。

可能な限り、家族全員で試乗してみるのがいいでしょう。

全国の新車ディーラーからオンラインで見積りが取れる。もちろん無料!

 

3列目には必ず座ってみる

ミニバンの魅力の1つは、3列シートが搭載されていて、たくさんの人が乗車できるところ。

普段は3列目を使わないつもりだったとしても、どんなタイミングで利用するか分かりません。

できれば一度試乗して、3列目の乗り心地を確認することをおすすめします。

シートの広さや高さなど、実際に座ってみないとわからないことがたくさんあります。

特に低床設計のミニバンなどは、車種によって居住性が大きく違ってきます。

3列目の居住性は、ミニバン選びで重要なポイントです。

【新車売れ筋ランキング】今もっとも人気のモデルは?

人気モデルから選ぶ


人気の高いミニバンには、売れている理由が何かしらあります。

運転しやすい車種だったり、室内空間が広かったりと、多くの人から選ばれる理由が必ずあります。

人気の高いモデルを選ぶということは、それだけハズレが少ないと言えます。

また、人気モデルは、売却時にもメリットがあります。

人気モデルは中古車市場で価値が下がりにくいため、状態次第では高額で売却することができます。

【新車売れ筋ランキング】今もっとも人気のモデルは?

予算で選ぶ

ミニバンを新車で購入しようとした場合、300万円以上かかる場合がほとんです。

中古車の場合でも、価格相場は100~300万円くらいと、高い水準にあります。

もちろん、年式が古かったり走行距離が長い車の場合は、100万円以下で購入できるものもあります。

また、不人気カラーや知名度の低い車種の場合は、状態の良い車が割安で購入できる場合もあります。

予算に合わせて、新車・中古車を選ぶのがいいでしょう。

【中古車毎日入荷中!】ガリバー中古車ご提案サービス

維持費で選ぶ

一般的に、ミニバンはボディサイズが大きめで、車重も重く設計されています。

そのため、セダンやコンパクトカーに比べると、燃費があまり良くありません。

基本的に、10~15L/kmの車種が多いようです。

最近は、ミニバンにもハイブリッドモデルが増えてきました。

ガソリンモデルと比べると、ハイブリッドモデルの方が毎月のガソリン代は安くつきます。

でも、トータルコストで考えると、一概にハイブリッドモデルの方が安いとは言えません。

ハイブリッドモデルは、ガソリンモデルよりも車両価格が高額です。

同じ車に何年乗り続けるか、月間どれだけの距離を走るかによって、ハイブリッドモデルとガソリンモデルのどちらがお得かは変わってきます。

【新車売れ筋ランキング】今もっとも人気のモデルは?

 

年式で選ぶ

ミニバンを新車で購入するよりも、中古車を選ぶ方が購入費用は安くなります。

中古車を探す場合、年式は重要なポイント。

年式は新しければ新しいほど、状態が良く充実した装備の車が多くなります。

ただ、年式で選ぶ際に重要なのは、年数ではなくモデルチェンジの時期です。

たとえば、「スライドドアが標準装備されたのが2005年以降のモデル」という車種があるとします。

中古車市場では、2005年モデルと2004年モデルでは、車両本体価格が大きく変わってきます。

単純に年数を比較するのではなく、モデルチェンジ時期を調べたうえで、希望車種を探すのがいいでしょう。

【中古車毎日入荷中!】ガリバー中古車ご提案サービス

走行距離で選ぶ

中古車の場合、一般的に走行距離は少なければ少ないほど良いとされています。

でも、車によっては、走行距離が少なくても放置されていた車もあります。

仮に走行距離が長くても、まめにメンテナンスがされていれば、車の状態は良いかもしれません。

定期的にメンテナンスされていたかどうかで、車の寿命は大きく変わってきます。

中古のミニバンを購入する際は、単純な走行距離の大小ではなく、メンテナンス頻度もチェックしておくのがおすすめです。

また、整備記録が残っていれば、メンテナンスの頻度が確認できます。

内外装の状態をチェックするだけでも、大切に乗られていた車かどうかを感じることができるはずです。

走行距離は1つの目安として、定期的なメンテナンスがされていたかどうかをチェックするのがいいでしょう。

【中古車毎日入荷中!】ガリバー中古車ご提案サービス

スライドドアの動きで選ぶ


ミニバンのモノコック構造は、ドアプレートの内側にあります。

このモノコック構造とは、車の骨組み部分のことで、壊れると修理することができません。

このモノコック構造が壊れたミニバンは、「修復歴車」として、中古車市場では低い価値しかつきません。

ドアプレートを修復した車は、スライドドアの開閉時に違和感を感じることがあります。

スライドドアを開閉する際、引っかかるような感覚があったら、修復歴のある車かもしれません。

修復歴の有無は、必ず確認しておく方がいいでしょう。

【便利!】欲しい車がきっと見つかる!ガリバー中古車ご提案サービス

さいごに

ミニバンは室内空間が広いので、大人数で移動する際や、たくさんの荷物を載せるのに便利な車です。

中古車市場でも高額で取引されることが多いので、人気車種を選んでおけば、高いリセールバリューも期待できます。

家族構成や使用用途に合わせて、最適なミニバンを選べば、快適なカーライフが実現できるでしょう。

 

クルマ 家族
ライフステージに合わせて、最適な車を選ぶためのポイント そんな疑問にお答えします。 当記事を読めば、ライフステージに合ったクルマの選び方が簡単に分かります。 ...
目的・用途別で考える、失敗しない車選びのポイント そんな疑問にお答えします。 当記事を読めば、今のあなたにピッタリのクルマ選びのポイントが簡単に理解できます。 ...
車と財布
新車の購入予算をしっかり設定できれば、欲しいクルマが無理なく購入できる そんな疑問にお答えします。 当記事を読めば、欲しい新車を無理なく購入するための、予算の設定方法が分かります。 ...
ハイブリッド車とガソリン車はどちらがお得なのか|メリットとデメリットを比較 そんな疑問にお答えします。 当記事を読めば、クルマの使い方によって、ハイブリッド車とガソリン車のどちらを選んだ...