得する車の買い方

新車契約に必要な書類とは|普通車と軽自動車で異なる必要書類

書類を眺める男性
男性
男性
新車の購入手続きでは、どんな書類を用意する必要があるの?

そんな疑問にお答えします。

当記事を読めば、新車契約に必要なすべての書類が分かります。

トラジロー
トラジロー
こんにちは、トラジローです。

欲しいクルマが決まって、見積書の内容に納得できたら、いよいよ契約書にサインすることになります。

初めて新車を購入する人は、さまざまな書類を用意しなければならないことに驚くかもしれません。

クルマを購入するためには、いくつもの書類が必要です。

書類には、サインや捺印が必要な個所がいくつかあります。

また、自分で記入するだけでなく、関係する人が記入しなければならない場合もあります。

新車購入の際、どんな書類が必要になるか、事前に把握しておけばスムーズに手続きが進みます。

今回は、新車を購入する際に必要な書類についてご説明します。

 

普通車と軽自動車で異なる必要書類

新車契約の際に必要となる書類は、普通車と軽自動車で違ってきます。

また、一括で購入するかローンで購入するかでも、必要書類が違ってきます。

それぞれのケースで必要となる書類をチェックしてみましょう。

 

普通車を購入する場合の必要書類

実印


実印とは、住民登録をしている市区町村の役所や役場に、自分の姓名を彫刻したハンコを登録申請し、受理された印鑑のことです。

登録申請するハンコは、立派なハンコでなくても構いません。

場合によっては、100円ショップで購入したものでも、登録が受理されれた実印として使えます。

普通車を購入する場合は、国交省への登録する必要があり、その際実印が必要となります。

実印登録がまだの場合は、あらかじめ役所へ行って登録しておきましょう。

 

実印が必要ない場合もある


普通車を購入する場合、実印が必要ないケースもあります。

国交省に新車を登録する際、登録用紙にクルマの所有者と使用者を記入する欄があるのですが、ローンを組んで車を購入する場合は、所有者がディーラーやローン会社になる場合があります。

万が一ローンの支払いが滞ったときの担保として、ローンが支払い終わるまではクルマの正式な所有者になれないのです。

ローンで購入する際は、新車契約時に実印は必要なく、代わりに住民票を求められる場合があります。

実印が必要となるのは、ローンの支払いを終えて、所有者を自分名義に変更する際になります。

 

印鑑登録証明書

印鑑登録証明書とは、市区町村に登録されている実印を証明するための書類です。

実印を登録した役所や役場で発行してもらうことができます。

ローンで購入する場合だと、クルマの所有者がディーラーやローン会社になる場合は、印鑑登録証明書は必要ありません。

その場合、認印と住民票が必要となります。

 

委任状

委任状は、ディーラーに新車の登録手続きや車庫証明の取得の代行を依頼する場合に必要となる書類です。

各ディーラーが用意する書類なので、店ごとに書式は異なります。

通常、新車の登録手続きはディーラーがしますが、自分ですることも可能です。

その場合は、委任状は必要なくなります。

 

保管場所証明申請書(車庫証明申請書)

クルマを所有するには、そのクルマを保管しておく場所を証明する必要があります。

保管場所証明申請書は、車庫証明書を発行してもらうための書類です。

警察で申請し、車庫証明書を取得します。

自宅の敷地内にクルマを保管せず、月極駐車場などを借りる場合は、その管理人や管理会社の承諾を得ておく必要があります。

その際は、駐車場の管理者に「自動車保管場所使用承諾証明書」へ署名・捺印してもらわなければいけません。

その後「保管場所の所在地・配置図」に、自宅駐車場の地図と、駐車場内のどの位置に駐車するのかを記載しておきます。

 

軽自動車を購入する場合の必要書類

軽自動車を購入する場合は、実印や印鑑登録証明書が必要ありません。

代わりに、認印と住民票が必要となります。

 

住民票

市区町村の役所や役場で発行できる、現住所を証明する書類です。

発行後3か月以内のものを提出します

 

認印


軽自動車の購入の際は、実印が必要ありません。

シャチハタ以外のハンコを用意しておけば大丈夫です。

 

委任状

普通車と同じく、ディーラーに新車の登録手続きや車庫証明の取得の代行を依頼する場合に必要となる書類です。

各ディーラーが用意する書類なので、店ごとに書式は異なります。

通常、新車の登録手続きはディーラーがしますが、自分ですることも可能です。

その場合は、委任状は必要なくなります。

 

軽自動車の場合、保管場所証明申請は必要ない

軽自動車の場合、地域によって車庫証明の手続きが必要な地域とそうでない地域があります。

そのため、軽自動車を新車で購入する際は、ディーラーに車庫証明が必要かどうかを必ず確認しておいた方が良いでしょう。

なお、普通車の場合は「保管場所証明申請」の手続きが必要ですが、軽自動車の場合は「保管場所届出」という手続きになります。

普通車だと、保管場所を証明する書類などが必要となりますが、軽自動車の場合は届け出をするだけで済みます。

 

さいごに

普通車を購入する場合と軽自動車を購入する場合とで、必要な書類は違ってきます。

普通車を購入する際に必要なもの
  • 実印
  • 印鑑登録証明書
  • 委任状
  • 保管場所証明申請書(車庫証明申請書)
  • 保管場所使用承諾証明書
  • 保管場所の所在地・配置図
軽自動車を購入する際に必要なもの
  • 住民票
  • 認印
  • 委任状

自動車の登録手続きや車庫証明の取得は、敢えてディーラーにお願いせず、自分ですることも可能な手続きです。

事前に準備すべき書類を把握しておけば、契約から納車までの手続きがスムーズになりますよ。

車庫証明書を自分で取得する方法 そんな疑問にお答えします。 当記事を読めば、車庫証明書の取り方が分かります。 新車の購入...
新車購入の際、契約書にサインする前に必ず確認しておきたい4つのポイント そんな疑問にお答えします。 当記事を読めば、新車購入の際、契約書にサインする前に必ず確認しておきたいポイン...
新車見積書の取り方と、損しないための見積項目のチェックポイント そんな疑問にお答えします。 当記事を読めば、新車の見積書の取り方と、損しないためにチェックしておきたい見積...
書類を眺める男性
中古車の購入に必要な書類とは|普通車と軽自動車で異なる必要書類 そんな疑問にお答えします。 当記事を読めば、中古車購入時に必要な書類が分かります。 欲しい中古車が決まって、...
RELATED POST